出勤前のポカリスエットで熱中症を予防しよう

 熱中症が多いところで仕事をしている。大原則として睡眠はしっかり取ること。できれば朝食を取ること。

 朝食なんて贅沢な習慣と時間がないので、いろいろ調べて試してみた。

 寝る前にポカリスエット500mlを冷蔵庫で冷やしておいて、起床後に飲む。すると一日を通して調子がいいのだ。これには論理的な裏付けがあった。

 アイソトニック飲料のポカリスエットは、安静時に飲むよう設計されている。細胞に吸収されやすい塩分量、腸で吸収されやすい糖質のバランス。おなかの弱い私でも悪影響は出ていない。

 これが水だと、血中の水分が増えるだけなのでトイレで排泄しておしまい。ポカリスエットは細胞の水分補給をしてくれる。トイレに困りにくい。

 さて炎天下で仕事だ。

 こうなると体液の組成が変わる。端的に言って薄まるので、ここで冷えたポカリスエットを飲んでも胃がタポタポになる。腸からの吸収も悪い。

 じゃあ、ハイポトニック飲料を出しましょう。ポカリスエットは濃いので薄めです。どうでしょうね、ポカリスエットイオンウォーター。運動中はガチでおすすめできます。胃にたまらないのはホントいいですよ。

 要は使い分けだと。特に酒好きの人は起床後ポカリスエット。500ml×2でもいいくらい。体内の水分量を徹底キープ。

 この夏もご安全に!

アクセルとブレーキの踏み間違い? 1度だけやったことある

 まずは手順を説明しよう。

「Dレンジで走行」

「前方の信号が赤で、停止している車両があるのでアクセルを抜く」

「自動的に右足はブレーキの構えへ」

「ブレーキングのタイミングなのでペダルを踏む」

「加速する」

「おっとアクセルじゃない、間違えた」

「今度こそブレーキを踏む」

「普通に止まる」

 これだけなのだ。人間は勘違いをするので、「右足がブレーキの構えの位置にある」と思って踏んだらアクセルだった。加速したらおかしいからブレーキに踏み換える。今の車に乗って9年目になるが、こんなボケは過去にさかのぼってもしたことがない。とりわけ、MT車はアクセルを抜いたらエンジンブレーキが効くからエラーとして発生しにくいのではないか。間違えた私が言っても説得力がないのだが、MT車は確実に「運転しているモード」じゃないとダメなのだ。

 仕事柄、2トンや4トンのMT車を動かす機会があるが、始動はニュートラルにしてクラッチ切ってやるし、半クラッチの感覚はタコメーターを見ながら合わせる。ミートしたらアクセルコントロールでいけるし。このあたりは、MTターボ車でさんざん走り倒した、「4,000rpm以上を維持すればスロットル踏んだ瞬間にブーストがかかる」というノウハウを存分に……活用してないやごめんなさい。ディーゼルエンジンだから低回転からトルクがかかって面白いんだ。

 今回のヒヤリハット事例は貴重な経験をくれた。

 アクセルとブレーキの踏み間違いって、誰にでもありうるんだ。

 事故を起こしていたら重大インシデントにつながる流れ、ヒヤリハットは「こういう危ないことがあったからみんなで情報共有して気をつけよう」といったところだ。

 実は、AT車が普及し始めた頃にある自動車評論家が書いていた。私は免許を持っていなかったけど、好きで読んでたんだよね。
「(DレンジまたはRレンジに入れたら、)タイヤが1回転するまでクリープ現象だけで動け」
その通りだよ、徳大寺さん。

 こういう事例があるということ。みんなで気をつけよう。

俺物語!! 8巻 愛であふれるの巻

 俺物語!! 9巻発売おめでとうございます。一方Kindleではつい最近8巻が配信されてようやく読了したわけですが、9巻のKindle化はいつなのかと。「Kindle化リクエスト」を100回でも200回でもクリックしてみたい今日この頃であります。8巻がああいう終わり方をしただけにね。

 というわけで8巻読了。何がいいって姉さんこと砂川愛さん編じゃないか。これはアニメで見たい。井上喜久子の演技で聞きたい。不滅の続編を望む。姉さんと大和の会話とか潘めぐみまで出てくるじゃないか。

 姉さん編の区切りがついたと思ったら。今まで温めて温めて絶対見せなかった渾身のネタを投入。大和凛子に勘違い男が急接近ときたか。ははは。こやつめ。ははは。
「発砲の許可を!」
って無線を入れそうになるところで「つづく」となるのであった。

 大和が心配で仕方がないし、バイト先には猛男が突入できないし。そうそう、マッチョーズは相変わらず天職すぎてアレ。

 9巻のKindle化はしばらく先になるのかな。しびれを切らして書籍で買うと電子書籍が配信されるフラグだしなあ。

 とにかくのんびりと、手加減なしで待つことにする。

IP電話の不正使用による高額請求のニュースを見て、ひかり電話の海外向け発信を休止した

 ニュースはこちら。
国際電話の高額請求 IP電話乗っ取りか | NHK「かぶん」ブログ:NHK

「IP電話の思わぬ落とし穴か。250万円の請求とか空恐ろしいな。うちはひかり電話で050じゃなくて普通の市外局番からだから平気だけどー」
ところがどっこい、ひかり電話ってIP電話だった。そうだ、光回線を導入したときに加入電話、いわゆる家の電話のコストが下げられるからひかり電話に同番移行したんだった。全ての手続きは私がやったし、電話機の接続やら何やらも私がやった。そうだった。

第三者による不正な電話利用等の被害にご注意ください | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本

ひかり電話をご利用のお客様は、弊社にお申し出いただくことで海外向けへの発信を休止することが可能です。

 うむ、これだな。

 というわけで、ニュースを確認したその日はもう窓口が閉まっていたので、翌日電話した。携帯OKのフリーダイヤルとは太っ腹である。私は携帯の通話プランがいくら使っても定額なので、フリーダイヤル携帯不可であれば、普通の電話番号を併記してもらえればそれでよい。あるいは、国際電話の番号があれば、+81を取って0を付ければ普通の国内通話になる。

 最悪なのは0570のナビダイヤル表記のみの場合で、携帯電話もひかり電話も無料通話分を貫通して通話料が請求される。詳しくは以前書いたこちら。
0570-0* ナビダイヤルに気をつけろ!

 とにかく、NTT東日本の担当窓口は土日もOKだったので、電話することができた。
「ひかり電話を使ってまして、国際電話ができないように手続きをしたいんですが」
「ご利用いただきありがとうございます。ではご本人様確認のため~」
ということでいろいろ聞かれる。
「ただいまお電話をされている方のお名前を伺ってもよろしいでしょうか」
「本人デース」
加入電話は承継して私の名義になっているのだ。こういうときフットワークが軽くて助かる。本人でないと、続柄がどうの、本人の許可はどうの、とか始まって面倒でいけない。

 手続きは完了して、反映までは2-3日かかるとのことで話がついた。

 今回のIP電話不正使用問題、今に始まった話ではないらしい。
VoIPから国際電話を掛けることで金をかすめ取る攻撃手法 – モーグルとカバとパウダーの日記
こちらは2010年の記事だが、国際電話をかけさせた先の電話会社からバックマージンをもらうという手法はかなり前からあるようだ。確かに、ダイヤルアップ全盛の頃から存在していた手口ではある。世界中を探せば賄賂を取る警官は少なくない。悪徳電話会社はもっと簡単に見つかるだろう。

 今回発覚したのは主にセキュリティのゆるい法人がターゲットだった。じゃあ個人では平気なのかというと、正直これからぼんぼんカモにされる可能性がある。例えば、光ルーターにWi-Fiカードなんか挿してあって、パスワードが甘かったりしたら。WAN側からもLAN側からも狙い放題である。ひかり電話にはスマホ等を対象にした内線番号割り振り機能があるので、そこを狙われたら一発だ。特に集合住宅などではWi-Fiの電波が飛び交ってるわけだし。

 私は地方の辺境在住なので、今ここにある危機という印象は薄い。しかしながら、将来的には何があるかわからない。ということでひかり電話からの国際発信は止めた。国際電話がしたければ各自の携帯を使って自分で支払うがよい。ちなみに、我が家では国際電話を使うことがまずないので、先に止めてあとから説明しても大丈夫だったわけだが。

 万一、身に覚えのない高額請求が来たら、支払う前に不正使用だということを主張して交渉することが大切だとどっかの役所がいってた。もうそれしかないだろう。事前の備えが重要なのかもしれない。

ドコモとローソンの提携により、DCMX miniを使うメリットが出てきた

 私はiDを使い倒してみることにした。

 とりあえずはこれかな。
NTT docomo×LAWSON DCMX ドコモのクレジットサービスDCMX®なら、ローソンでのお買い物がいつでも3%OFF! | DCMX
タバコなどは対象外だそうで。

 私はローソン好きのコンビニ戦士。とはいえ、出先のどこにでもローソンがあるわけではないので、ファミリーマート、ミニストップ、そしてわりとどこにでもあるセブンイレブンなど、様々なコンビニエンスストアを利用する。そして支払いは電子マネー。朝の通勤時間帯と昼休みのコンビニは戦場なのだ。1分1秒でも早く、である。

 わりとどこでも使える電子マネーは、Edy、Suica等の交通系、そしてiD。iDはコンビニ以外にも提携先が多く、チャージが不要なので使い勝手はいいのだが、DCMX miniの場合にはポイントの還元率も高くなく、これまではあまり出番がなかった。

 ここでざっくり説明してみよう。

○DCMXとは
ドコモのクレジットカード。審査に通るとカードが発行される。ドコモユーザーがうまく使いこなせば悪くはないカードだろう。

○DCMX miniとは
クレジットではなく、初期の上限額が1万円。ドコモのケータイなら設定さえすればiDとしてすぐに利用可能。使っていると上限額3万円まで上がる場合がある。中学生からOKな点、上限額を千円単位で任意に変更できる点で、子供さんへのお小遣いとしての利用もできるだろう。

○iDとは
電子マネー。DCMXカードの中にはiD機能を搭載したものもあり、レジのリーダーにかざすだけで決済できる。おサイフケータイでも同様で、使った分だけ携帯の料金に合算されてあとで支払う形となる。

 さて、ドコモの狙いを推測すると。

 学生のうちにDCMX miniとiDの利便性を知ってもらい、いずれ18歳になったとき、あるいは就職したとき、クレジットカードとしてminiではないDCMXを選択してもらうこと。ちょっと気の長い話だが、高校生大学生ともなれば自分で携帯電話の料金を払う人も少なくないはず。DCMX miniでiDを使ってみようかという潜在的顧客の発掘もあろう。ローソンで買い物をすれば、Pontaポイントがつく上にあとで3%引きというのは魅力的だ。

 私としては、DCMX miniの上限額1万円という仕組みの学習効果を評価したい。
「あなたの信用に基づいて月1万円まで利用できます。ただし、指定された期日には必ず支払ってくださいね」
クレジット取引の基本中の基本である。限度額が1万円や3万円のクレジットカードはまずない。当たり前のことを当たり前に理解して実行できる大人になってほしい。

 ローソン側としては、iD決済ならスムーズだし違算も出ない。携帯ならモバイルPontaを入れておけば、ポイントの照会とiD決済がたちまち終わる。

 今のところは期限の定めがない今回のキャンペーン。ドコモとローソンが仲良くやってくれるといいんだけど。

WordPressと交戦中

 サーバーのMySQLのバージョンが上がって、旧バージョンからの移行にてんてこ舞い。古いバージョンのMySQLのダンプファイルを手動で直してなんとか復旧した。

 で、MovableTypeからエクスポートできるところまできた。実は数ヶ月の間、記事の投稿も編集もできない状況で、しかしながら忙しくてどうにもならなかったのだ。

 とにかくデータベースの復旧が強敵で。丸一日かかって、暗くなる前に辛うじて終わった。やはり「時間のあるときにやろう」というのが正解であった。

 そして、以前から気になっていたWordPressの導入をしてみた。試験的な導入のつもりだったけど、実にスムーズに進んで、インポートも終わってしまった。アップデートやら何やらは管理画面から簡単にできるし、簡単すぎる。一番最初の、データベースの準備と、FTPでファイルをアップロードする必要はあったけど、そんなの十年以上前からやってるようなもんだ。

 現状の悩みとしては、
・コメント欄が機能しない
・個別エントリのtitleが反映されない
といったところ。

 おいおい原因を追及……してるんだけどうまくいかないなあ。困った。

Xperia Z3 Compact における、サードパーティ製マグネットケーブルのメリットに関する考察

Xperiaシリーズには複数の充電方法がある。一つはUSBで、もう一つはマグネット端子を使用した充電だ。Z3 Compact付属のクレードルでもマグネット端子からの充電となっている。
では、マグネット端子で充電するメリットとは何か。
本体が防水状態のまま充電できる。
この一言に尽きないので補足したい。
Z3Cにおいては、USB端子とmicroSD挿入口が一つの蓋でカバーされている。この部分を開けてよく見るとわかるのだが、蓋の方をよくよく見るとパッキンがついているのである。USB側、SIM側、それぞれの蓋にパッキンがついており、ここを密閉することによって防水機能を維持できるというわけだ。
ところがこのパッキンが、きわめて細く、精密で、ほこりでも挟まろうものならそこから水が侵入しそうな頼りないものなのである。今回は確認のためもあって開閉したが、正直なところで言うと開けたくない。開閉する度にほこりが挟まるリスクはあるし、この二つのパッキンが正常に密閉してくれないと防水状態を維持できない。高い端末、しかも防水なのに水にやられて壊れるなんてリスクは極限まで低下させたいのである。
ゆえに私はサードパーティー製のマグネットケーブルを購入した。

SANWA SUPPLY Xperia用USB充電専用ケーブル 1m (USB-充電端子) ブラック KU-XPMG1
要は、USBから電源を取ってマグネット端子で充電できるという代物である。端子の逆差しはできないようになっているが、USB接続する前に端子の向きを確認することをお勧めする。
そしてこの商品、マグネットという性質上、どこか安定した場所に置いて充電するというのが前提となる。充電しながら操作できないことはないが、机の上など安定した場所に限られる。
もし、移動中にモバイルバッテリーなどで充電したいのならば、覚悟を決めてUSB端子を使うべきである。マグネット端子が弱いって、純正のクレードルが端末をしっかり挟んで重力まで利用してガッチリホールドしているくらいだ。マグネットごときが強力すぎたらカバンに入れたときにカードの磁気ストライプがぶっ飛ぶし、そもそもこの大きさでマグネットがべったり張り付いてはがれないなんてことがあるわけがない。
使い分けと覚悟の問題であろう。
以上を踏まえた上で、私のテストした環境。

AnkerのUSB変換器は既に使っていたので、ここから給電。充電時間に関しては純正品に劣ることはない感覚。充電中に操作したいときは、端末をなるべく動かさないようにすれば大丈夫。
なぜ充電が途切れることに神経質になるのかというと、Z3Cは内蔵バッテリーの交換がユーザーにはできないためで、無駄な充電回数によるバッテリーの劣化は避けたいのである。有償交換である上に代替機による不便な生活を強いられるのは確定しているのだから、なるべくそういった事態にはなりたくない。
今回に限らず、物はうまく使うに限ると思うのだ。

ヨコハマタイヤ ECOS がコストパフォーマンスで失格。POTENZA比とはいえ、私のチョイスじゃないからなおさら困る

ホンダのコンパクトカーに乗っている。タイヤは 185/55R15。車好きの方ならもうおわかりかと思うが、リアもディスクブレーキのスポーティーというかなんというか、そういうグレードである。で、足回りはモデューロにした。POTENZA REシリーズと合わせてコーナーの楽しいコンパクトカーの完成である。
本気モードで走ったとき、コーナーでブレーキを残し気味にするとリアがずるずるっと出そうになる感覚がわかる。初めてのホンダ車だけど、ホンダさんいい車作るじゃないかと感激した。
7年目の車検で問題が起きた。クイックで車検を通す関係で、ブリヂストンの取り寄せができなくてECOSになってしまったのだ。
ECOS、どんなものかなってヨコハマタイヤのラインナップで確認したら比較的安価なタイヤだというのはわかった。でも、タイヤのサイズの関係で高かったんだよ。
フロントがECOS、リアがPOTENZA。慣らしも十分に終わって、いざ高速コーナー。すっとアクセルを抜いて前加重にして、コーナーに入る。フロントが暴れて暴れて、タイヤ4本分はアウトに膨らむことになった。
なんだこれ。
走り慣れたワインディングなので、走り方を変える。スロットルオフで抜けられる程度のコーナーで、ブレーキをちょん。曲がる。曲がるけど、ドライでこの程度のグリップしか出ないのかよ。扁平率55でこの程度の性能しか出せないのかよいい加減にしろふざけるな。
ストレスはたまるわ、金はかかったわ、こんな怖いタイヤをリヤに回せないからローテーションできないわ。
困っちゃった。

最近、女子児童にびっくりさせられた2つのよいこと

「そのまままっすぐ育ちなさい。最高に素敵な女性になるぞ」
私の言葉だ。
 子供をどこの小学校に通わせるか、悩む親御さんは多いと思う。都市部なら選びようもあるのだろうけど、地方だとなかなか難しい。私の経験からいうと、「あいさつ重視」の教育をする小学校はポイントが高い。
 なぜって、
「おはようございます」
の挨拶って、社会に出たら基本中の基本だ。それを小学生のうちに叩き込まれて、知らない人にも挨拶ができるってなったら、これは大事なことだよ。
 では、女子小学生に驚かせられたことその1。
 私は車を運転していた。信号のない横断歩道で女子児童2名が渡れなくて困っていたため、対向車がないのを確認して停止。どうぞって合図をして、渡ってもらった。ドライバーとしてはこれ、当たり前のはずなんだけどね。などと考えながら、渡り終えたことを確認したときにびっくりした。
 彼女らは、渡り終えたあと、こちらに向かって会釈をしたのだ。
 えっ。
 ……えらい!
 時間が経ってしまってはいるが、学区を探り当ててお礼のメールでもせずにはいられないな。
 次、女子小学生に驚かせられたことその2。
 挨拶なので、必要上ト書きにする。
女子児童「こんにちは」
私「こんにちは」
女子児童「お疲れさまです」
 そうくるかよ! 絶句しちゃったよ恥ずかしい。
 ご両親の教育のたまものだね。小学生にご苦労様ですって言われても怒らないけど、そこで正しい日本語が出てくるのはすごい。あの子は、公立でそのまま行くとしたら中学、受験して学区トップの高校に入るよ。
 比較すると、男子児童はおしゃまさんなのよな。女子の勝ち。
 いずれパワーバランスが逆転するにしても、女子のパフォーマンスの高さを実感させられる出来事だった。
 これからの日本を頼むぜ、嬢ちゃんたち。

ドコモのフィーチャーフォンの充電ソケットの蓋が壊れた。ドコモショップに行ったら5分もかからずに交換してくれてびっくりした

 ドコモは、フィーチャーフォンをiモードケイタイと呼びたがってるようだが。
 携帯の充電端子のカバーを壊してしまった。枕元に置いて充電してるので、寝てる間にやったのだと思う。カバーが曲がってしまって、通常使用時にもしっかり閉まらない。勝手に開いてしまうのだ。
 とりあえずドコモインフォメーションセンターの故障担当に相談。代替機とか、トラブルの際の携帯を交換してくれるサービスとかも確認。で、ドコモショップで現物を見たいという結論だった。
 仕事帰りに行ってみたドコモショップ。おサイフケータイとか使ってるから代替機になるのは嫌だーと思ってたのだけど。
 受付で説明する。
「はい、部品があれば交換できますので確認いたします。少々お待ちいただけますか」
ふぁ?
 Xperia Z3 を眺めながら店員と雑談してたら呼ばれた。
「メビウス様ー」
はいはい。
「部品の方ありましたので、交換させていただきます」
ふぁっ?
「ぶちっ」
うわ、力で蓋を引っこ抜いちゃったよ! マジかよ!
「こちら、新しい部品になります」
ぷしって差し込んだら……はい、完了ですよ!
 直った。体感時間で5分かかってない。
 ……なるほど。ガラケーだとこのタイプの故障が結構あって、しかも汎用性が効くのか!
 ドコモとは通算すると20年くらいのつきあいになるけど、これは驚いたな。うまい設計してくれた人ありがとう。ドコモショップのお姉さんありがとう。
 私? パソコン得意だからガラケーでもいいもーん。でもいずれ、Z3狙うかもね。