文字コード

 EUC-JPとUTF-8であれやこれやと悩んでいます。
 とにかくぐぐってみるとこの画面がUTF-8だったりして、ううむ、奥が深い。わりと日付の古いページでも特に問題なく読めてしまうのはいいのか悪いのか。などと書いた後に挙げるのも悪いんですが、たまたまクリックしたら全体をざっと読みやすかったのが文字コードの話でした。
 日本語以外にも1バイトじゃない文字のことを視野に入れるとUTF-8が強いようです。ふと、NECの98が天下を取っていた頃、パソコン通信で機種依存文字を使ってはいけませんという話を思い出してみたり。ワープロで別の機種に文章を持っていこうとすると、メーカーの出してる文字コード変換ソフトを使ってtxtにした上でフロッピーを渡して、さらにtxtをその機種に合ったコードに戻す作業が必要でしたっけ。あの頃に比べればはるかに便利になっているとはいえ、Microsoftの何とか言う有名なソフトでも、ちょっと中国語の文字を使おうとするだけで手間がかかったりするらしいですね。
 どんどん脱線して、
VHSとベータ とか
○インチフロッピー とか
ZIPとかMOとか
CD-* とか
DVD-* とか
あれやこれや考え込んでしまったり。
 このあたりの規格を決めるには大人の事情とか資本主義がもにょもにょなどあって簡単にはいかないんでしょう。わかっていても、それぞれのいいところをうまく集めてユーザーにとって便利で高性能なところに決まってくれるとうれしいなあと思ったりするわけで。blog絡みで言えばRSSなんかもありましたっけ。
 せめて、ごにょごにょやもにょもにょのない領域では、それぞれに持ってる得意分野を持ち寄って利用者のメリット重視でうまく折り合いをつけられたらいいなあと思うんですが。無理なんでしょうか……。