コメントスパム門前払い

 妙にmt-comments.cgiへのアクセスが多かったようなので生ログをチェックしてみた。

service168-143-118-240.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:21:47 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=263 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:21:52 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=240 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-240.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:22:02 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=265 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-240.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:22:31 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=251 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-240.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:22:31 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=253 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-240.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:22:55 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=268 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:23:11 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=237 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:23:36 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=221 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:23:55 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=230 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:24:00 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=226 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:24:20 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=248 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:24:45 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=227 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:10 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=220 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:18 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=232 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:21 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=214 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:22 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=207 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:24 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=239 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:27 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=209 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:38 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=244 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:56 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=235 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:56 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=234 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:25:56 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=202 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:26:09 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=247 HTTP/1.1” 200 943 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:26:15 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=228 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:27:28 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=204 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:27:41 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=212 HTTP/1.1” 200 942 “http://あぼーん” “”
service168-143-118-14.splitinfinity.net – – [29/Nov/2004:02:27:59 +0900] “POST /(略)/mt-comments.cgi?entry_id=208 HTTP/1.1” 200 941 “http://あぼーん” “”

 やおら立ち上がって窓を開け
「ざまーーーーみろーーーーー」
と叫びたい。
 よくできたルリ。えらいよルリ。かわいいよルリ。
 一部抜き出しただけでもこの勢いだから困ったものだ。痛くもかゆくもないのが愉快だけど。referrer詐称は地味に鬱陶しい面もあるものの、うっかりクリックなんてしないし。
 間抜けなspamの文面をチェックする楽しみがなくなったのがほんのちょっとだけ残念。

Hey, man!

 はぁはぁでおなじみのAkkey者が「まん」の道を歩き出したそうです。
真・あぁドドメ色の珍生: 豚角煮まん@ミニストップ
まにすとマスターへの道」ということで、にくまにすとの呼称が採用されました。
 ミニストップはファーストフードメニューへの力の入れようでは他を圧倒していますから、145円の豚角煮まんを超えるのはいったい何になるのか注目です。セブンイレブンやローソンの200円クラスが一つの候補ですが、通常の倍の値段で万が一ハズレだとダメージも大きくなりそうな予感がします。
 しかし、まるっきりまとまってないフィーリングでつらつら書いただけのエントリにリンクされるとうれしいやら恥ずかしいやら。むしろだいぶ恥ずかしいんですが。……はっ、まさか、そういうプレイ!? いやん。
 スレどぞー。あまり情報が充実してないのが難点ですが。
【この時期限定】コンビニ中華まん@パン
中華まんスレ@コンビニ ようかんまんってそっちかよ
コンビニ中華まん対決!@食べ物
 さて、せっかくだからセブンイレブンのラザニアまんをリクエストしてこよう……。
 ところで拙者、にくまにすとでござるが、イチゴジャムとバニラアイスと牛丼とたいやきと肉まんでどれが一番好きかといわれると牛丼とバニラアイスの戦いになってしまうでござる。いやはやかたじけない。
 ところで。
神戸KANON
神戸までは行けません。
 そういえばその昔千葉にあったらしいカフェアルファの存在を知った時には茂原そごうはなくなってましたし。
「Cafe アルファ」は千葉に実在した!(ヨコ住の PLUS! アルファ)
 何やら脱線しつつ、片手でひょいっと撮れるコンパクトなデジカメが欲しい今日この頃でしたとさ。

クーポンメール

 イーバンクのメールマガジンで紹介されていたのでどんなものか見に行ってみた。
お買いものすれば、すぐキャッシュバック! クーポンメール
 評判はどんなものか検索してみたがヒットしない。仕方がないので会社概要やらチェック。どうやらクーポンメールは26日にオープンしたばかりの出来立てほやほやサービスらしい。

株式会社リアラス Realus INC.
クーポンメールは、割引クーポン付きショッピング・メールマガジンで、商品を購入すると、イーバンク銀行のメール送金サービス「メルマネ」により、クーポン分の現金が商品購入者に送金されるサービスです。
速やかで手軽なキャッシュバックというサービスで、ショッピングをサポートすることにより、通販事業者に対しeコマースの新規見込み客及び、リピータの獲得を支援いたします。

 ふむん。
 このタイプの何か買ったらキャッシュバックするというサービスは良いものから悪いものまで捨てるほど存在するのだが、たいていは支払い最低金額が設定されている。3000円だったり5000円だったり。実際やってみるとその金額に到達するまで何年かかるんだふぉーるぁぁぁぁーというパターンも少なくない。ヘタをするとポイントの有効期限が設定されていて、いいところでポイントが消滅しそうな匂いがプンプンしていることもある。
 その点メルマネでこまめにキャッシュバックしてくれるなら心配する必要もない。イーバンク銀行とキャッシュバックサイトの双方にメリットがあるwin-winな関係……なのかどうかは定かではないが、利用者側としては悪くない。
 とはいえクーポンメールが初めてというわけでもない。
キャッシュバックモール – 一人暮らしネット
なんてのもある。
 問題は、ざっと眺めてみても購入したり資料請求したりしようと思うものがほとんどないという点だ。クーポンメールがどんな魅力的なものを集めてくるか、期待の意味を込めつつ登録してみた。こういうの用のメルマネ登録済みメールアドレスは用意してあったりするのである。
 やずやの香酢とかファンケルのサプリメントみたいなのばっかりだったらメール捨てる。即座に捨てる。フィルタ設定してゴミ箱直行にして、たまにフタ開けてげーって顔しながら眺めてやる。
 そうそう、メルマネにもデメリットがないわけではなくて、登録してあるメールアドレスと口座名義のカタカナ氏名が必要になる。通常は本名だから、入力するのに抵抗がある人もいるかもしれない。
 さーて30日の創刊号配信が楽しみだ。

ポインター号

 NHK「熱中時間 ~忙中“趣味”あり~」を見ていたら車特集らしく、クラシックカーやら消防車好きやら廃線になった路線バスを買い取って自家用車にしてる人やらの話だった。
 最後のコーナーのロケ地が海浜幕張周辺だったようなので何が出てくるか楽しみにしていたら、ポインター号が走っていた。クライスラー・インペリアルを本当に改造したらしい。しっかりウルトラ警備隊の制服だし。立派な行動派オタクの人である。
 ただ一点許せないのは、写真のみの登場だったがきれーな奥さんにコスプレさせてるところ。こいつはメチャ許せんよなぁー。地球防衛軍所属の人類の男の敵め。
・゚・(ノ∀`)・゚・。
 探してみたらサイトもあった。すごい。
特車班管理係
 本編のポインターは見た事がないのでとんでもない勘違いがあったらどうしようかと心配しつつ。

PGPとかGPGとか

 どうもうまくいかないなぁ。
1.WinPT 0.7.96rc1 + GPG 1.2.6でGenerateしたprivate keyをexport
2.PGP 6.5.8ckt-Jaにimport
3.パスフレーズを入力すると違うと叱られる
4.しょぼーん
 基本的にWinPT + Enigmail + ThunderbirdだからPGPが使えなくても困るわけではないのだが、やろうとしてできないとなるとどうしても引っかかる。
 ところでこの辺の領域って擬人化されてるのかな。という発想がダメか。

まるがりーた

 夏にPCの熱やらと戦っていると髪をばっさり切りたくなる。ところが今年は切ろうと思いつつずるずる過ぎてしまい、さて切るかと思うと巡回先の中の人に先を越されていたり、さらに少し時期をずらしたら弟の頭がさっぱりしていたりと先送りしまくり状態になってしまった。
 だからといってすぐ12月になろうというのに切ってしまって大丈夫かという不安はかなりあるのだが、逆にだいぶ長めになってから切ったので面白くもあった。まずは首筋の方からバリカンで刈っていくわけで、今まで髪の毛に保護されていた部分が表に出てくる。でもって、徐々に上の方まで刈っていくと、刈られた髪がさっきまで保護されていた皮膚にさわさわと触れながら落ちていってなんともくすぐったい。
 そんなこんなでさっぱり。
 話は変わって、ついでにホームセンターを回ってzippo lighter fluidを探してみたんだけど、355mlで627円てどういうことか。450円くらいや400円切ったという目撃情報もあったアル。せめて600円切ってほしアルね。
 別の店に行ってみたらホームセンターなのかスーパーなのかわからなくなっていた。Zippoオイル自体の扱いがなさげ。とほり。
 この二つの店は比較的小さな系統。そのうち郊外型の大型店も探してみよう。ジョイフル本田あたりならハクキンベンジンを置いてる可能性もありそうだし、いざとなればそっちを試してみてもいい鴨。
 いや別に頭が寒くなりそうだからハクキンカイロの燃料を確保しようというわけではなく。zippoハンディーウォーマーとセットになってた133ml缶がそろそろ空になりそうなんじゃよ。

20,000

ヽ( ・∀・)ノ
cocologの頃と違ってカウンターが付いてるのはトップページだけだから回るのはゆっくり目。まったりのんびり。
 そのうちやろうと思っていたファイルの整理とバックアップをしつつ、FTPでシンボリックリンクを削除しようとしたらそのままの勢いで実体まで消しにかかられて焦った。即座に止めつつ、一部をバックアップから書き戻し。危ない危ない。シンボリックリンクとして認識してなかったんじゃろか。
 結局sshからMySQLのバックアップを取るついでにrmで消した。最初からこうしておけばよかった。今はほっとしている。それにしてもバックアップ取っといてよかった。いつの間にやら100M近くになってちょくちょくダウンロードする気にはならないから危なかった。

ヨコハマ買い出し紀行 12

 発売時期が変化して何か起きるのかと少し心配しつつ、10周年ということに後から気付いた。もうそんなに経つのか。子供たちも成長するよなぁ……。
ヨコハマ買い出し紀行 12 (12) ヨコハマ買い出し紀行 1 (1)
第111話
 プラグ。オイル交換もしてるってことは4ストで、地域が限られるようだがガソリンのような物も手に入るらしい。バッテリーなんかも入手可能なんだろうか。プラグといえば刈払い機のプラグがかぶっちゃってエンジンがかからなくて参った事がある。スロットル全開にしてどりゃーっとスターターの紐を引っ張ってようやく始動したり。……おや、ホンダが4ストの刈払い機なんか作ってるのか。どんな感じなんだろう。
第112話
 ココネファンの皆さんおめでとう。辻の茶のにーさんおめでとう。泳げそうなススキの草原が凄い。途中で火気厳禁の看板があったりするけど、あの建物は元々なんだったんだろう。
第113話
 初瀬野家に来たばっかりのアルファさんがっ。M3と違って精神の方は子供のような状態でオーナーに預けられるわけで、オーナーの存在が人格形成に極度に影響を与えるのだろう。もう、初瀬野色の娘さんができあがるわけですよ。初瀬野オーナーが憎いっ。……でも、面白い娘さんに育ててくれてありがとうという面も確実にあるわけで。そういうわけなんでそろそろお嬢さんを僕にください。
 風見魚は当事から既にあって、店が壊れてからも先にこれだけでも立てたのは、ないと落ち着かない原風景のようなものになっていたのだろう。それともう一つオーナーに言っておかねばならない事がある。アルファさんにリボン渡してくれてありがとう最高です。ずびしっ(親指立て
第114話
 この時代、原付なり車なりがあるにしても生活圏はかなり狭まっている。ずっと暮らしてたそんなエリアをテキサンでがーっと飛んできて空から見ちゃったらどんな感想が出てくるのか。いよいよあっちの人間になっちゃって帰ってこないような、そんな表情にも見える。タカヒロを見送りながらマッキは何を想うのか。
 今回マッキがかわいいのだが、迂闊なことを言うとお約束のツッコミが飛んできそうなので自粛。
第115話
 初日の出。例によって城ヶ島方面であろうか。何やらやる気になってるマッキにアルファさんの言葉が。
「やとうって……給料は出ません」
「私の分もありません」
コーヒー一杯3000円とかで。(嫌
第116話
 子海石先輩……軽く崩しているようでボタンダウンがアクセントになっていていい感じだ。
 一人暮らしになってしまったおじさんとひとり者のプロ。この二人は学生の頃からずっとこんな関係だったんだろうなと想像してみたりする。
第117話
 むふう、この表紙のマッキは何だろうね……。
 バイクのトレーニング。ちょうどいいペースで流すと楽しそう。マッキの表情も生き生きしてますな。ところで、あまり飛ばさないとはいえゴーグルも何もなしで平気なのかな。
第118話
 豆屋のにーさんおめでとう。
 買い物してるアルファさん、いいタイミングで営業マルコにばったり会ってみたり。
 そばぜんざい……。
 マルコの「好き」はどういうニュアンスなんであらうか。
第119話
 マッキの変化から時の流れを感じてしまったり。せつない。今はとにかく何かしてみたいというマッキだが、もしアヤセと一緒に行くことを選択してしまったら……などと先のことを心配してしまいそう。何しろ若い人をめったに見かけないエリアなわけで。
第120話
 R&Pというと Ride and Play? カラーページはココネファンも納得ではなかろうか。
 三浦半島にはあまり縁がなかったため、確か快速の終点の久里浜がこの辺だったっけという程度の知識しかない。が、この話ではきぬがさとか北の町とか水没した横須賀とかわかりやすい地名があったので、地図を眺めつつ、海面の上昇した三浦半島の海岸線を作ってみようかと思い立った次第。そして三浦半島に行きたい症に感染した。まずい。
 十年ひとむかしーとかやられると1巻を持ってきて見比べてみたくなったり読み返してみたくなるが、どこにしまったかすっかり忘れてしまった。うぐ。
 次はいつ発売になるやら、楽しみに待つとしよう。

三浦半島を沈めてみる

 地図ソフトと等高線を使って「ヨコハマ買い出し紀行」の時代にはこんな感じだろうという大雑把な海岸線を作ってみた。どこかで作ってる人がいそうだと思って探したけど見つからず。
 使ったソフトはこちら。
カシミール3D / 風景CGと地図とGPSのページ
本来は山のものだから、海水面が上昇した三浦半島を3Dで撮影なんていう用途には無理っぽい。というかどんな要求だそれは。
 地図の表示はだいたいこんな。
マピオン – 「神奈川県横須賀市衣笠町」付近地図
北寄りの入り江が横須賀、そこから南に降りて衣笠、東の入り江が久里浜、南の方にある三崎口駅から西へ行くとカフェアルファがあるという。タブで地図と白地図を同時に開いて切り替えると位置がわかりやすいかもしれず。
041126_5m.png海面上昇5m
小海石先生の若い頃がこのくらいだろうか。速攻で久里浜は沈んでしまった。この地図にはないが私が住んでいるところも既に海の底らしい。政府にはバビロンプロジェクトの推進を急いでもらいたい。
041126_10m.png10m
このぐらいがちょうどイメージ通りだろうか。横須賀の町は沈んで、衣笠はセーフ。西の岬にはいい感じにどん詰まりの雰囲気が出てくる。
041126_20m.png20m
ここまでくると南の半島は途中で道が崩れて孤立しそうな状況か。
041126_50m.png50m
やりすぎ。こうなると衣笠といわずカフェアルファといわず、アトランティス状態になってしまう。
041126_50mkanto.png50m
やりすぎなわけだ。50mも海面が上昇したら関東平野がありゃしない。横浜も沈んでるし千葉は島になってるし。峯岡山のレーダーサイトは生きてそうだけど生きてたところで何ができるわけでもなし。
041126_20mkanto.png20m
20mでもあちこち沈んできつそう。さらば平塚。
041126_10mkanto.png10m
この辺で止まってくれないと苦しい。海面が上昇すると真っ先に九十九里浜が消滅するのは当たり前といえば当たり前なのだが、なんとも寂しい。東京湾沿岸も簡単に沈むし、北部なんてホントに土地が低いんだなぁ。
041126_10mhama.png10m
浜松。なるほど、こっち側に滑走路があっても三浦半島は米軍基地も自衛隊駐屯地も海沿いであっさり水没するし、残るのは微妙な山ばっかりの地形だから降りるところがないというのが納得。
041126_siyou.jpg
おまけ。3日間の試用期間があるんだけど容赦がありません。
 そして、当然のように聖地巡礼をしてる猛者がいるらしい。北海道からも……?
「カフェ・アルファ」40番地支店
R., Ichiro’s Home Page
 ということでデジカメ持って行ってみたくなってはいるんだけど、フェリー代が結構するのが困りもの。人だけならともかく車持ってかないときつそうだし。となると予定を立ててポイントを抑えて天気のいい日にGo!ってことにしたいわけだけど、こうなるとなかなか行けない気がする。ううむ。

S2000

 食器洗い乾燥機のスイッチを入れてさあ寝ようと準備をしていたら何やらピーピー音がしてきた。行ってみると「E3」とエラーらしき表示を出してひたすら排水動作をしていた。まだ洗い始めてもいないくらいの時間なのにいきなり排水しているというのは通常の動作ではない。スタート・ストップボタンは効かず、電源スイッチを切っても止まらない。しばらく待っても変化がないので再び電源を入れてみたら止まった。エラー表示なし。ほっとしつつ電源を落として中をざっと確認するが異常は発見できず。そのままにしてマニュアルを探すが発見できず。どこのバカがどこにほったらかしたかは後で追求するとして、どうやら普通に洗ってくれそうなので動作させ、型番をざっと確認してネットで探してみることにした。
 何年も使ってて今更気付くのもなんだが、型番はなんちゃら-S2000だった。で、サンヨーのサイトで検索してみたらマッサージチェアがヒットした。食器洗い乾燥機は後継機種しか見当たらない。自社製品くらいもうちっとわかるように番号振れよ。それとも4年くらい経つともう知ったこっちゃないってのか。つーかS2000って言ったら シャララーラ シャラララーラ のホンダ車じゃないか。
 サンヨーのサイトを歩き回る。探しても見つけられなかったとしたらそれはそれでサイトのつくりが悪いといえそうだが、FAQもトラブルシューティングもマニュアルのダウンロードも見当たらない。マニュアルに関しては「パーソナルファクシミリの一部機種でご提供しております」とか言ってくれちゃう。「故障かな? と思ったとき」をクリックしてみれば食器洗い乾燥機の項目はない。そうか、これはつまり鉄壁の24時間電話サポートがあるからサイトはザルでもいいんだ! とか限界突破して好意的解釈をしてみたところで現実は9:00~18:30である。年中無休ってあたりはどっかの通販会社にも見習ってほしい気もするが。地域別商品別で電話番号が記載されているが食器洗い乾燥機用窓口などあろうはずもない。
 今後何か購入する時にサンヨーが入ってきたら最初に切ることにする。向こうにしてみたら弱小顧客が減っても痛くもかゆくもないだろうけど、物の好き嫌いをはっきりさせておいて損はない。選ぶときの選択肢をさっさと減らして残ったものをじっくり検討できるし。
 なんだかこの頃はずれ企業ばっかりが意識の表の方に出てくるな。できることならネガティブな話じゃなくて「あの会社のこのサービスは凄い。これはお勧めだよ」とかなんとかよかった紹介をしたいのだが。
 ああ、そうだ、えーと、例えば、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社は(ほめる試みが失敗しました。再度挑戦しますか[N/n]?