クーポンメール

 イーバンクのメールマガジンで紹介されていたのでどんなものか見に行ってみた。
お買いものすれば、すぐキャッシュバック! クーポンメール
 評判はどんなものか検索してみたがヒットしない。仕方がないので会社概要やらチェック。どうやらクーポンメールは26日にオープンしたばかりの出来立てほやほやサービスらしい。

株式会社リアラス Realus INC.
クーポンメールは、割引クーポン付きショッピング・メールマガジンで、商品を購入すると、イーバンク銀行のメール送金サービス「メルマネ」により、クーポン分の現金が商品購入者に送金されるサービスです。
速やかで手軽なキャッシュバックというサービスで、ショッピングをサポートすることにより、通販事業者に対しeコマースの新規見込み客及び、リピータの獲得を支援いたします。

 ふむん。
 このタイプの何か買ったらキャッシュバックするというサービスは良いものから悪いものまで捨てるほど存在するのだが、たいていは支払い最低金額が設定されている。3000円だったり5000円だったり。実際やってみるとその金額に到達するまで何年かかるんだふぉーるぁぁぁぁーというパターンも少なくない。ヘタをするとポイントの有効期限が設定されていて、いいところでポイントが消滅しそうな匂いがプンプンしていることもある。
 その点メルマネでこまめにキャッシュバックしてくれるなら心配する必要もない。イーバンク銀行とキャッシュバックサイトの双方にメリットがあるwin-winな関係……なのかどうかは定かではないが、利用者側としては悪くない。
 とはいえクーポンメールが初めてというわけでもない。
キャッシュバックモール – 一人暮らしネット
なんてのもある。
 問題は、ざっと眺めてみても購入したり資料請求したりしようと思うものがほとんどないという点だ。クーポンメールがどんな魅力的なものを集めてくるか、期待の意味を込めつつ登録してみた。こういうの用のメルマネ登録済みメールアドレスは用意してあったりするのである。
 やずやの香酢とかファンケルのサプリメントみたいなのばっかりだったらメール捨てる。即座に捨てる。フィルタ設定してゴミ箱直行にして、たまにフタ開けてげーって顔しながら眺めてやる。
 そうそう、メルマネにもデメリットがないわけではなくて、登録してあるメールアドレスと口座名義のカタカナ氏名が必要になる。通常は本名だから、入力するのに抵抗がある人もいるかもしれない。
 さーて30日の創刊号配信が楽しみだ。