プラネテス買ってきた

 NHK教育に3週間もお預け食らって本屋に走ってみたり。
 表紙を見ただけでアニメと絵が違うのがよくわかる。原作は力強さ、表情、動き、勢いが出ていていい。逆にここからアニメ版のキャラクターを作り出したのも凄いかもしれない。
 いきなりユーリのコンパスの話だったり、ノノちゃん出てきたり。ふーん、へぇー、ほほぉーと、妙に納得したりしつつ物語に引き込まれる。あまり早く読んじゃうともったいないが、しかし……と葛藤があったりして。専門用語に注が付いてるのも楽しみの一つ。
 続き読むのが楽しみー。

プラネテス (1)
プラネテス (1)

posted with amazlet at 04.11.05
幸村 誠
講談社 (2001/01)
売り上げランキング: 717
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.75

5 リアル感の高いSF漫画
5 ありそうな未来
5 近未来と言う現代

excite ブログ

 結局のところ好みの問題ではあるのだが。
 exciteブログを使ってみた。使ってみてよくわかったが、これはきつい。
・画像のサムネイルを作ってくれない
・エクスポートできない
 致命傷。以前からexciteブログを見て不思議に思っていたのがimgタグ。画像は巨大なものをwidth heightで縮小して表示するだけだから汚いし、OnClickでポップアップ表示なんていうよくわからないタグになっている。そんな腐ったソースを好き好んでどこから引っ張ってきてるのか疑問だったけど、画像を貼ると自動的にこうなるわけね。ふむふむ。それにしてもソースをざっと見ただけで気付く豪快なXHTMLの無視っぷりも凄い。
 お気に入りのスキンは見つかったしサーバーは軽いし、もう少しちゃんとしてくれたらぜひ使いたいと思うんだけど……。
|-`).。oO(スキンだけ欲しい)
Excite エキサイト : ブログ(blog)

ひらがなにあらずんばコメントにあらず

 コメントスパム乱れ撃ちにやられた。削除自体はMT用ベイズフィルタで比較的簡単にできるのだが、削除した後rebuildが必要になる。700を超えてまだ増えていく個別エントリをちょくちょくリビルドするのもどうかと思うわけで、別の対策をすることにした。日本語縛りは気が進まないが仕方ない。

きままにポロポロ: コメントスパム ひらがな対策
今回の方法は、”連続したひらがなが必要”バージョン。
本文中に連続したひらがながあればOK、なければエラーが起きるようになっています。

 ふむんがOKでフムンがNGというのも大変心苦しいのですが。せめて一文字ひらがなを。でないとscript errorを吐くわけで。……ありゃ、名前欄でもOKぽい。
 減るかな……。

XREAでchasen/kakasi

 xreaではPerlモジュールのchasen/kakasiしか使えないとばかり思っていたのだが、いつものようにサポートボードを見て回っていたらマスターたんのお言葉が。

XREA SUPPORT BOARD – chasenかKAKASIを導入していただけないでしょうか
/usr/local/bin/chasen
/usr/local/bin/kakasi
に入っておりますが、モジュール版PHPからは起動できませので、ファイルがないと表示される可能性があります。
代わりに
/usr/local/php/bin/chasen
/usr/local/php/bin/kakasi
を指定してください。

なんと。ということは今までは改造しないとダメだった(続・質問箱/363 – PukiWiki.org)PukiWikiで使えるじゃないか。すぐさまpukiwiki.ini.phpの設定を書き換えて、試しにページ一覧を見たらエラーも出ずしっかり機能している。

PukiWiki/1.4/マニュアル/一覧表示の五十音順分類 – PukiWiki
PukiWikiでの「一覧」は日本語ページ名の物は全て「日本語」というカテゴリでひとくくりになる。
これをChaSenやKAKASIの漢字→仮名変換機能を利用して、日本語ページ名の読みを取得し、一覧表示(?cmd=list)の五十音順分類に役立てる。

 深く考えずにchasenにしてみたが順調。

BugTrack/496 – PukiWiki
ChaSenを使った場合ペイジの読みが正しく得られない

chasenのバージョンによっては不具合が出るらしいので、kakasiに変えてみる。特に変わらず。
 読みは :config/PageReading に格納されている。例えば「防衛案」の読みが「ホエア」になったりはするが、読みで意味があるのは最初の一文字のみで後は文字コードでソートされるため問題ない。気になる人は直すもよし。一文字目が間違っている場合は変な所に分類されているのでとっとと直すに限る。
 ところでうちのwikiのページ一覧、
ホ | モ | レ
になってるのはどうにかならないものか。

プラネテスお休み

 先週は地震の関係でプラネテスが飛んでしまい実に空虚な一週間を送ることになったわけだが、待たされれば楽しみも増えるということで今夜に期待していた。
 ……番組表にプラネテス載ってないよ。

NHKアニメワールド:プラネテス
11月11日  第15話  「彼女の場合」
10月28日(10月27日深夜)放送予定でした第15話「彼女の場合」は、放送日が変更になります。

ずがーん。
 タバコを吸えないフィー姐さん状態かいな。
 タバコやめて一週間後よりこっちの方がつらいわヽ(`Д´)ノ

msearch

 エントリ数が700を超え、「あの話はどこに書いたっけな」と確かにメモしたのに肝心のメモした紙が見つからない状態が以前から時々発生するようになってきた。何だか発想が若くないが、機械に任せられることは任せればいいのだ。
 検索といえばgoogle。もちろんサイト内検索機能はあるのだが問題が一つある。こんな辺境のサイトを隅々までインデックスに入れて保持してくれるわけがないどころか、下手をするとトップページしか拾われてなかったりする。特にサイトを作って間もない頃はこの状態が続いて悲しい。
 んじゃnamazuじゃろと導入しようとしたものの、Unicodeの壁にぶち当たって頓挫。その後Unicode対応の全文検索エンジンの存在を知りつつ時は流れてnamazuから6ヶ月。msearchを設置してみたらこれがすこぶる簡単だった。
きてーや.ねっと / スクリプト / msearch
HP内全文検索エンジン – Unicode版msearch移転
HP内全文検索エンジン – Unicode版msearch
 うちはUTF-8メインだからUnicode版を選ぶぜー。
 設定してアップロードしてパーミッションを確認して動作チェック。ブラウザからgenindex.cgiを呼び出してインデックスを作成する。対象拡張子を.htm,.htmlにしてルートから全部やってみたとところ、自分でも忘れてるようなファイルまで底引き網のようにかき集めてきた。しばし迷いつつ、除外フォルダ設定では数が多くて面倒なのでMovableTypeのarchivesディレクトリ以下を対象にする方向にした。
 カテゴリアーカイブと月別アーカイブは重複して邪魔な上にサイズが大きいので除外する。知恵と勇気で正規表現。知恵がだいぶ足りないという突っ込みはナシで。

(cat_.+\.html),(index\.html)

狙い通りになったのでよしとする。うちはURLが年月日時分になってるのでURL降順でソートすると新しいものから並んで都合がよかった。weblogの場合タイムスタンプはrebuildしたときのものになる事が多いし。そんなこんなでインデックス完成。ページ数は700ほどでインデックスのサイズは1Mくらいだった。MTからExportしても1M弱なので、だいたい同じくらいか。
サーバー上で済ませられるのは楽でいい。
 cronに登録して一日一回自動更新。検索も早いし大満足。
 Unicode版msearchがここまで簡単便利だと、別のところにも使ってみたくなる。書庫的なサイトで、隅から隅までshift_jisなので本家版msearchを使うことにする。
 ファイル数は100程度と少ないもののhtmlだけで全部合わせて13Mあるので、サーバー上でのインデックス作成は無理だろうと思いつつ、一応やってみた。
作成
→Out of memory!
フォルダごとに小分けして作成
→Out of memory!
 うぬぬ。んじゃローカルでやってみようとコマンドプロンプトからActivePerlでgenindex.plを走らせてみるものの、化け化け。EUCじゃ無理か。FAQを見つつ化け文字と対話してみたが、何か言っててインデックスを作成してくれないのだが何言ってるのかわからない。仕方ないのでlinux機を起動してそっちでやることにした。
※今FAQを眺めてたら答えが。

C:\> perl genindex.pl -s
のように”-s”とオプションを指定するとSJISでgenindex.plと対話できます

ひーん。次からこれでやろう。
 せっかくなのでインデックスを作成しつつsshをもう一画面起動してtopで眺めておいた。Celeron533MHzが100%近くでがんばっていた。
作成時間:約4分
メモリ使用量:約30M

XREA SUPPORT BOARD – サーバ負荷に関する制限の確認
メモリー制限(1プロセス25メガバイト)

うむ惜しい。じゃなくていずれにしろ負荷制限でエラーになるか。
 作成されたインデックスは8.5M。検索で特に時間がかかるということもない。さりげなく負荷が高かったらどうしようと思ってみたりする程度。
 msearch面白いなぁ。

星界の戦旗IV

いち押し!!:(詳細情報)
12月中旬 JA
『星界の戦旗IV』
星界シリーズ
 森岡浩之
   軍へ復帰したラフィールとジント。ふたりが
   乗り組む襲撃艦が目指す、次なる戦場とは?

 刊行予定、12月の新刊に、ついに、星界の戦旗が。うっかり冬っぽい地上世界の話なんて入れると発売が来年の夏になるフラグが立っちゃうので気をつけていただきたい。
・12月中旬を待つ
・春を待つ
・夏を待つ
・秋を待つ
・来年の冬を待つ
 どれになるかな。いやぁ楽しみだぜフゥハハハーハァー。

電源装着

 20ピンに慣れてると24ピンは多すぎて気持ち悪い。変換コネクタを通してマザーボードに接続完了。元通りにあちこち差し込みつつs-ataはほっとくとして、一本だけ異彩を放ってるコネクタがあった。見た感じHDD等用の4ピンと同じようなサイズなんだけど色が赤。ケーブルは太いしコネクター付近で自己融着テープらしきものがぐるぐる巻かれてる。何これ。
 A S Tの謎はあっさり判明。
A(青) auto
S(緑) silent
T(赤) turbo(適当
Tにすると温度に関係なく高速モードで固定するらしく、サーバールームのようなうるささが体験できるという寸法。実際ラック開けてたらこんなもんじゃないだろうけど。Aだとちょっとうるさい。比較的気温の低いこの時期にうるさいと夏はどうなるんだか。Sなら気にならない程度。同じ12cmファンとはいえ300W電源と比べるのはあんまりか。
 それよりランプの光が強すぎる印象。寝るとき気にならないといいけど……。

静華 530W(SF-530T12)

 電源を買ってきた。ドスパラのみでの扱いらしく検索してもほとんど情報が無かったものの、余力のある電源を確保しておきたかったこととこのクラスで1万円切ってればありかなという面と、静音重視の電源なのはわかるけど名前が静華ってそれはどこのラブドー(削除されました)。
 買出しに行って帰ってきてみたらgoogleで新しいサイトがヒットするようになっていて、そこから正体がわかったけど。あと順番逆だけどakiba pc hotlineで検索してみたり。
電源の新製品(2004年10月30日)
ドスパラのサイトでもエバーグリーン製というのは出てて、そっちも見に行ったけど情報なし。
Super Flower Computer, PC Case, Power Supply, Accessories, Fan Speed Controller, Fan master, Chassis, Power, Personal Computer, Desktop PC, Cooler, Fans, External Enclosures, in Taiwan.
検索で他を経由しつつたどり着いたのがここ。タイトル長すぎ。一番下のSF-530T12のようだ。確かに電源には「開けたら保障効かないじぇ」的な事が英語と台湾ぽい言葉で書かれたシールが貼ってある。super flowerのOEMでsilent flower(静華)なのであろうか。
 でもって、背面にファンコントロール切替スイッチがついていて、インジケーターを見るとA S Tに切り替えられるようなのだが、これ何の略なんだろねとIRCで雑談してみたりしつつ、結局実際付けて切り替えてみればわかるという結論に。
 ところで、20/24ピン仕様なる言葉を見かけたんだけど何それ。むぅ、まだ時代に取り残されているようだっていうか変換コネクターが付属してなかったらやばかったんじゃないのか。ううむ、後で調べてみよう。