ジパング #21

 最新鋭艦みらいに襲い掛かるドーントレスの群れ。イージスの名において全機撃墜する。汝ら罪なし。というわけにはいかないわけで。
 半世紀前のレシプロ機を相手に全力で迎撃するのに抵抗があるのはわかる。気分のいいものではないし、実際迎撃するシーンはうまく描かれていた。最新鋭機でも必死で回避するSAMを相手にドーントレスでどうしろというのか。敵の戦意をくじこうと最小限で発射したミサイルは全て命中する。
 しかし、戦闘に対する本気度は段違いで、隊長機は迷うことなくダイブブレーキを展開しながら急降下爆撃。さらに日本人もびっくりの直上からのカミカゼアタック。脱出してるけど。2次大戦のことはよくわからないけど、パラシュートで脱出して着水して助かる見込みがあるんだとしたらうらやましい限りだなぁ。機体のダメージで帰還できないと判断した上での行動であるとはいえ。
 艦にも人にもダメージを受けたみらい。第二次攻撃を準備する敵。どうする。