錆び方がおかしい

 ワンフェスの1/1スコープドッグ ブルーティッシュドッグの話の続き。あちこちのレポートを見ながら、あれこれ考えたのにレポートもどきを書く時にすぽーんと忘れていることがだいぶあったことに気付いたり。近くのマックスファクトリーブースのこととか。
 フィギュアをずらりと二段横一列で壁に展示していたのだが、その横に係員が立ってフィギュアとカメラの群れの間を監視していた。実際にストラップを引っ掛けたり触れてしまったりで壊してしまう事故が起こっている以上、必要なことではある。うっかり触れた馬鹿者にどんな罵詈雑言が投げかけられるのか聞けなかったのが残念だ。
「控えろ薄汚い豚共め。乳神様の御前であるぞ!」
くらいだろうか。女性係員希望。
 話を戻して、そういえば名探偵l氏は錆び方が変だと気にしていた。単なる偶然で犯人の手がかりを掴んだものの迂闊に犯人に近付きすぎて消されるのが関の山であるところの私としては、言われてみれば確かにきれいにさびすぎている印象はあるなと感じる程度だった。決して黒光りするツメに見とれて「うひひ」「ふへへ」などと気持ち悪い笑い声が出るのをこらえていたわけではない。
 雨ざらしにでもすればこのくらいにさびるかもしれないが、そうすると今度は雨だれの跡がないのがおかしい。そういった謎を残しつつ終わったのであるが、monkey farmの方でネタばらしされていた。
ワンフェスに参戦してみた。(Monkeyfarm なんでも作るよ。)

そんなわけで、あんまり好きではないけれども薬品で錆をつける。
その名も”サビX”

あなたを、犯人です!
 まいりました。これがモデラーの眼力というやつか。ピカピカ版も見てみたかったけどそこまでいくとさすがにわがままであろう。
 これからもまだまだ楽しみが残ってると思うとうれしいす。