はてなブックマーク

 ブックマークは闘いだ。
 このところベータサービス中のはてなブックマークで遊んでいる。
はてなブックマーク – ソーシャルブックマーク
はてなブックマークでクリッピングサイト / リンクblog : NDO::Weblog
よくわかる解説。
 最初のうちはブラウザに縛られないブックマークとして、ブラウザのブックマークを整理しながらちょこちょこ登録してみたのだが、何か違う。当然のように登録者数は 1 user(s) の連続になる。20万人のはてなユーザーの中で知っているのは私だけ! というのも愉快といえば愉快だが、 n users をクリックして他に同じページをブックマークしてる人の一覧を見たところで一人じゃ意味がない。
 次に、はてなブックマークの機能をいろいろ試してみる。多数のユーザーがブックマークしているようなところではユーザーの一覧とともにコメントが見られる。注目のエントリーから各ジャンルをざっと眺めてみるとためになったり面白い記事も発見できる。ふむふむ、それじゃ面白い記事を見かけたらクリッピングしてコメントでも書いてみるかという方向に変えてみた。
はてなブックマーク – マイナー街道まっしぐら
手前味噌ばかりで恐縮ですが。こんな感じ。結構な頻度で1 usersに当たるもんで、それなら開き直ってマイナー路線でGo。「マイナー街道血ヘド吐くまで」でもよかったんだけど、なんとなく黄薔薇のあれから。すまん、カルカン。
 ある時、Visaが非接触型のクレジットカード云々という記事にブックマークした。当然のように1 usersだったのだが、何日かしたら6 usersで赤文字に変わっていた。これは……面白いかも。その記事を最初に見つけたのは俺なんだよ的にちょっと得意げになれる。これ以来面白いものを誰よりも早くというのを多少意識してはいるのだが、10 usersを超えるようなヒットは狙ってもなかなか打てない。これはと思ってブックマークしてみると3 usersで遅かったかとちょっと残念がってみたりして。
 一番にこだわらなくても、自分の興味のあるジャンルで面白い記事を探して日々クリップしていく。そのうち「こいつのブックマーク面白いな」とbloglinesやRSSリーダーで時々のぞきに来てくれる人が出てくればやる気も出るし、いいサイクルになるんじゃなかろうか。同じ記事に注目したユーザー同士でどんなブックマークになってるのか簡単に見ることもできるし、さらに他の記事からとどんどんつながっていく。
 問題としては、はてなブックマーク巡りを始めてしまうといつまでたっても終わらない点が挙げられる。忙しい時にはヤバイ。
 おもしろURL紹介合戦はIRCでよくやってるけど、はてなブックマークのように残しておくと後で検索も出来ていいかもしれん。
 そうそう、当たり前だけどはてなダイアリーではブックマークをサイドバーに簡単に表示することもできる。それ以外ではjsRSSのようにRSSを表示するcgi等が必要になるのでちょっと面倒。RSSフィードを貼り付けようとしたら何でも同じだけど。
 そういうわけで、やはしRSSはbloglines等で購読するのがお勧め。ってマイナー街道まっしぐらを既に登録してる人がいるぅぅぅぅぅ。

よくないことは重なるのか

 深夜、急遽病院へ行くことになりハンドルを握る。新しくなってから行った事のない大病院は多数の駐車場に囲まれて丘の上に立っていて、夜ということもあり道が非常にわかりにくい。救急外来を見つけるまで手間取ってしまったが、一刻も早く病院へというシチュエーションだったらたいそう焦ると思われる。正面から入って病院がすぐそこに見えている状態であるにもかかわらず、きょろきょろと案内板を探し、何ヶ所も曲がる上にここを救急車が通るのかというくらいにパイロン等で故意に狭めた道を通る必要がある。駐車場の車椅子マークが見えないドキュン対策だろうか。やれやれだ。あれ駐車違反でキップ切れるようにならんかなぁ。
 車を止めて救急外来の窓口に行き、しばし待たされた後で場所を説明されHCUへ向かう。ここから病棟内に入ることになるのだが、開かない扉が立ちはだかる。大病院らしいのかどうかわからないが、受付に警備員がいて目的を告げて向こうがスイッチを押さないと開かない仕組みになっていた。数年前に行った別のとある大学病院ではそんなことをしていたら行列ができるぞアホといった感じで、出入り口に警備員が常駐してはいるが基本的にはいちいち止めたりしない方式だった。大病院経験が少ないのでどちらが主流かよくわからないが、時代の流れとしては警備員が開けないと開かない扉方式が求められているということだろうか。
 そんなことを考えつつHCUに向かった。エレベーターに乗って普通に4階があることがわかって好感度アップ。4階抜きは逆に気持ち悪い。HCUというのは知らなかったのだがICUと一般病棟の中間でハイケアユニットとか。着いてみたらICU、CCU、HCUのエリアで、とてもじゃないが携帯電話を取り出していじるなどというクレイジーなことはできそうにない。救急外来に入るところで電源は切っているので時計もなくてしょんぼり。
 ばっさり途中経過を抜いて、帰宅したのは明け方。まだ真っ暗なのでグローブボックスからマグライトを取り出して明かりにし、同じ敷地内にある祖母の家の周りを確認して念のためにガス栓を止めたり。うはー寒い寒いと戻る途中、自分とこの電気温水器から水が漏れて水たまりができているのを発見した。少量だったことと元栓がすぐにわからなかったために明るくなってから対処することにする。外から見えるのがブレーカーだけというのもどうなのか。
 ぬあー疲れたー。