EasyDisk Platinum2

 USBメモリーを買ってみた。正確にはUSBフラッシュメモリーと言うんであろうか。
EasyDisk Platinum2
転送速度で勝負に出てるモデルなので容量で比べると少々高いのだが、対応OSがWindows98以降であることなどを確認してこれに決めた。
 このUSBメモリーはポートに刺すとパイロットランプが点滅する。
USB2.0動作時には青
USB1.1動作時には赤
という具合。アクセス時には早く、待機中はゆっくり点滅する。赤の場合は体感ですぐわかるくらいに性能が落ちるが、航空障害灯のような雰囲気が漂っていてそれはそれでよい。手持ちの95→98SEノートでも赤点滅になってしまったが、逆にメインマシンの青点滅状態が妙に早く感じて面白い。
 用途としては、フロッピーじゃ話にならないけどWeb上のストレージサービスでやり取りするには時間がかかりすぎてダメだなというようなデータがちょうどよさそう。出先でイメージスキャナを借りてbmpのままUSBメモリに詰め込んで持って帰ってきたりとか。他には携帯FOXなどを利用して普段使っているThunderbirdやFirefoxをそのまま出先で使えるのも便利。PCにインストール済みのブラウザに変な履歴を残すこともないし、本来はユーザー権限で制限されていることをUSBメモリのThunderbirdを使えばできてしまったりして。USBメモリ側で設定を変更しても反映されたりされなかったりするというクセはあるものの、普段の環境を持ち歩けるのはありがたい。
 因みに、中の人はどちらもあまり使い込んでいないらしい。
はてな 携帯FOXというソフトを作っているのですが、頻繁にフル活用でFirefoxやThunderbirdを使ってないので、携帯FOXの改良すべきネタがなかなか思いつ・・
ひっそりと開発応援してます。
 2GBモデルならCD数枚分のデータを押し込んで出先でLinuxインストールCD焼いちゃえーといったこともできそうな気がしたが、値段を見たら夢から覚めざるを得ない。
 今のところ、USBメモリにはThunderbird、Firefox、かちゅ~しゃ、桜時計などが入っている。それとFirefoxのインストーラー。案外軽くて使いやすいですよHAHAHAとか言いながら布教活動中。
 一度だけ隣のUSBポートと干渉して同時使用できない場合があった。こういうときのための延長USBケーブル付きなのだろうがそんなものはいちいち持ち歩いていない。隣のUSB機器には一時昼寝をしてもらって解決した。最近のマシンなら要らないくらいUSBポートが付いてそうだし、足りなければUSBハブを用意してるだろうし。
 時に、6年保証はいいけど感熱紙のレシートが先に負けそうな気がするのは私だけですか。