BLOOD+ #6

 国際紛争と翼手。米軍と翼手。沖縄と翼手。いったいどうなっているのか。
 ヤンバルが空爆される。ジャミングで連絡が取れないヤンバルへとカイは直接バイクで向かう。
 ヤンバルは翼手を作り出す施設だった。ジョージも例外ではなくD67によって翼手化してしまう。楽にするために小夜の血を。なんてこった。
 アルジャーノは今回最後まで見届けずに次の仕事に向かう模様。何だろう。
 赤い目の小夜がなかなかいい感じであるのだがまだなかなか登場してくれないようだ。
 ヤンバルの一件が終わり、悲しいことにジョージが退場し、明日のために、小夜、戦って。ジョージの親父さん好きだったのに残念だ。次回は小夜が自分の運命と向かい合うお話だろうか。さてさて。