よみがえる空 #4

 ゴールデンウィーク。実家に帰省するはずが、帰省せず電話にも出ず部屋でくすぶっていた一宏。そこへ訪ねてきたのが長谷川めぐみだった。
 緊迫した前回とはうってかわって穏やかな話。一宏としてはそれどころじゃないのかもしれないが。デートの最中も電話がかかってきて対応するめぐみに当たってしまう。前半のやさぐれモードでのデートと後半の吹っ切れて落ち着いたデートが対照的だ。つらい時そばにいてくれる人がいるというのはいいね。
 いつもどおりに戻った一宏を見届けてめぐみは帰っていくのだった。お土産は携帯電話。これですれ違いまくる日々とお別れか。
 紙飛行機がきっかけで出会ったりもう見てらんない。めぐみがメガネでポニテとかもうね。なんちゅーギャップで攻めてくる作品なのかと。こりゃーおえんよ。
 今更だけど、ついこの間まで一宏役の宮崎一成がカードキャプターさくらの山崎君と同じ人だと認識できてなかった。演技が違いすぎというかキャラクターが違いすぎというか。聞いてみれば確かに同じ声なんだけど受け付けてなかった。うう。