BLOOD+ #20

 謎がだいぶ明らかになってきた。中田譲治の真の姿も明らかになった。最古のシュヴァリエ、アンシェル。長兄だそうな。ソロモン、ジェイムズ、ネイサンと、一部を除いてシュヴァリエが一堂に会する。ワインを飲みながらのシーン、構図がマニアックだ。
 デヴィッドたちは赤い盾の本部へ。リーザがシュヴァリエに入れ替わっていたことが明らかになり隔離される。カイはジョエルの日記に触れる。いったい何が書かれているというのか。
 フードをかぶった黒い連中の動きも凄かったが、本気になったソロモンの強さはそれ以上だった。普段は穏やかな様子なだけに、こういうギャップは実にいい。
 飴玉男ことアルジャーノ、序盤では裏側を知っている人物のようだったが実はそうではなかった。最近あれやこれやと驚いてばっかりで親近感が持てる。飴玉に関してはマイペースマイペース。
 公式サイトのキャラクター紹介がかなり人数が増えて充実してきた。まだ登場していない人物もいて、これからどうやって物語に関わってくるのか楽しみだ。
BLOOD+(3)
BLOOD+(3)