さらに条文を読む

日本国憲法
 まだなじみがある分だけ読みやすい部分もある。とはいえ、103条あり、内容も難しい部分ありということでまたしても時間を食ってしまった。
 条文に直接当たるのはこのくらいにしておけるといいのだが。後は時間を作って問題集に取り掛かりたい。現在の実力チェックも兼ねて本番同様に解いてみたいのだが、1セット3時間なのでなかなか時間が取れなさそう。どうしたものやら。

ARIA The NATURAL #5

 日本の文化村、めがっさいい雰囲気だ。すっかり気に入ってしまった。モデルになっている伏見稲荷大社にいつか行ってみたい。本物の千本鳥居はどんな感じなんだろう。
伏見稲荷大社
http://inari.jp/て渋いドメインだ。
ヴェネツィアまで行くのはかなり敷居が高いけど、京都なら何とか。大原さやかも京都が好きだというし。京都いいよね京都。高校の修学旅行で行って以来だなぁ。
 余談だけど、涼宮ハルヒシリーズには一切触れていないのに「めがっさ」という言葉が頭の中に入っていた。不思議。
 後半は春を探しに行くお話。アリシアさんの知っている場所には行けなかったけど、代わりに見つけたきれいな桜と電車。近くに電線があるって事はディーゼルじゃなくて電車なのかな。かな。暗くなった中に電気で明るく照らし出される桜がきれい。
 細かいところだけど、線路が分かれ道になっているシーンはちゃんと描いてほしかったなぁ。分岐していた二つの線路が一つに合わさってなーい。なんとなく気になってしまった。
 それから、かなり気になっていたARIAカンパニーの冬服の手袋の長さ。冬服は手首くらいまでなのかな。お稲荷さんを受け取るときにチラッと肌が見えたような見えないような。長袖だから手袋が長い必要はないって事かな。かな。

スクールランブル二学期 #17

 バイクがパンクして寺に泊まることに。播磨を周防工務店の従業員だと思っている愛理は態度がいつもと違って播磨が焦る。あれこれ話し、見合いはぶち壊すことに。
 お見合いの会場に到着してみると天満がいた。播磨、マジでお見合いモード。一方天満はお見合いを破談にしようとしているからやりたい放題。何をやっているやら。しまいにはお茶をかけられ髪をオールバックに。気がついた天満にサングラスやらをつけられるとどう見ても播磨です。遅れてやってきたお嬢に蹴りを入れられるのであった。

週刊アスキー 8/15号

 コンビニでATMが空くのを待ちつつ雑誌の棚を眺めていて、
「おっ」
と思わず手にとってしまった。表紙は
週刊アスキー

表紙 紺野真琴(映画「時をかける少女」ヒロイン、画/貞本義行)

というわけ。立ち読みお断りとしつこく書かれていたので、表紙が何なのかだけは確認しようと大急ぎでぱらぱらやってみたりした。
 「時をかける少女」、見てみたいとは思いつつも上映館が少ないと聞いていたので確認していなかったのだが、確認してみて驚いた。
時をかける少女 オフィシャルサイト -上映劇場- : 角川ヘラルド映画
県内に1ヵ所のみ。しかも08/04まで。今日じゃん。というわけで、見るためには新宿まで出なくてはならないことが判明した。これはきつい。新宿遠い。DVD待ちだといつになるんだろう……。

イングラム1号機

:: HOBBY STOCK :: リボルテック No.010 イングラム1号機 (海洋堂 )
 これが欲しい。よくできてそうだし、いろんなポーズができるし、お値段も手頃でいい感じ。後は、どこで購入して送料をどうするか。……と悩んでいたら、Amazonにもあった。
リボルテック No.10 イングラム1号機
リボルテック No.10 イングラム1号機
 1500円以上なので送料無料だ。注文してしまおう。
 こうなるとセットで敵としてブロッケンとかファントムとかグリフォンあたりが欲しくなるけど、このクラスのレイバー相手になるとリボルバーカノンくらいじゃ効果がなさそうという新しい悩みが出てくる。かといって一般の作業用レイバーに銃を向けるのはどうか、という。
 手元にあるもので強引に組み合わせてみようとすると、まほろさんとスポーツバイクのまほろさんの方が大きいという変な状況になってしまう。それもどうなのか。というか組み合わせになってない。

ユカナ*ハルナのスイートマジックのゲストに伊藤美紀

ユカナ*ハルナのスイートマジック:ON AIR(ユカナ*ハルナ)
 絵描き歌楽しげ。
 早寝早起きは健康的だ。この夏の目標は5歳若返るには触れないのか。
 シークレットキャンディーのコーナー。
美紀「おーい受け取れ。妻は忙しい」
さすがだ。
 みきなさん面白かった。

条文を読む

行政手続法
 条文に目を通しておけとのことなので読んでみることにした。どこかにあるだろうとぐぐってみたら一発で出てきた。便利便利。それにしても、
http://www.houko.com/
桑島法子ファンが欲しがりそうなドメインだ。ってこともないか。
 いざ読んでみる。
……。
あ……頭がスポンジになりそう。だいぶ時間もかかってしまうし、なかなかしんどい。他にも直接条文に当たっておきたいものがいくつかあるのだが、ちょっと大変そうだ。

ARIA The NATURAL #18

 夏バテしないようにと、晃さんがバーベキュー大会を開いてくれる。晃さんが準備しているところに、灯里、アリスちゃんの順で到着するが、アリスちゃんは既に暑さにやられてバテバテだ。仕方がないので先に始めることにして、肉を焼き始める。
 間もなくアリシアさんとアテナさんが到着すると、晃さんとアリスちゃんのお肉コールが。しかも踊り付き。さらにアテナさんが混ざる。アテナさんだけ逆になっているのがアクセントになっていていい感じだ。
 最後に藍華ちゃんが野菜を持って到着。いつもと違う髪型。アリシアさんにきれいな髪だとほめられて大喜び。願掛けして伸ばしているのだという。だが晃さんは願掛けするくらいなら実力を磨けと手厳しい。
 バーベキューの最後は晃さん特製の焼きおにぎり。おいしいと評判なのだとか。どんな感じなんだろう。焼いていると何やら変な匂いが。藍華ちゃんの髪が燃えていた。晃さんがすぐにテーブルクロスで消し止めるが、恐る恐るテーブルクロスを取ってみると片アフロに。あああああ。
 藍華ちゃんの部屋で灯里とアリスちゃんで髪を切ることに。今日の灯里は本気モードです。ばっさり切ってセミロングに。ポニーテールもいいし、最後のアレンジも悪くないと思うのだが。藍華ちゃんの願掛けはアリシアさんのようなウンディーネになりたいというものだった。願掛け失敗。だが戻ってきた晃さんは言う。アリシアのようになるのなんか無理だ。アリシアになれるのはアリシアだけだと。藍華は、アリシアでもアテナでも晃でもなく、ネオ・ヴェネツィア史上最高のウンディーネになればいいのだと。
 仕切り直しのバーベキュー大会。現れた藍華ちゃんはショートカットにしていた。
「藍華ちゃん素敵んぐー」
「はいそこ恥ずかしいセリフ禁止!」
よく似合っている。単行本の表紙でネタバレしていたのが残念だけど、動いているのを見るとまた違った風でいい感じ。
 うりゅうりゅ泣きの藍華ちゃんがかわええ。斎藤千和の挿入歌も良かった。そして何より晃さんがかっこいい。厳しく当たるけどちゃんと最後まで面倒見るのはさすが。晃様惚れるー。
 ED、藍華ちゃんの髪がしっかりショートになっていた。うーむ、細かい。
ARIA The NATURAL Navigation.1
ARIA The NATURAL Navigation.1

タマゴ タマゴ ターマゴサンド

QuiMi!(クイミ): 世代のギャップ!?好きなサンドウィッチの具は?
 タマゴサンドがこんなに人気のあるものだとは思わなかった。男女共全ての世代で1位。今度久々に買って食べてみよう。自分で好きなのはツナ、とんかつ・チキンカツあたりかな。家で作るときは耳はそのままでチーズをはさんで食べることが多い。それをサンドイッチと呼ぶのかどうかはともかくとして。
 因みに、クイズは外れてしまった。10代男性のタマゴサンドは当たったんだけど、それだけではさすがにどうにも。一つ前の
QuiMi!(クイミ): 世代のギャップ!?好きなおにぎりの具は?
の方は当たったんだけど。ツナマヨネーズ好き好きー。