機動警察パトレイバー #30

 自衛隊のレイバー、全滅。ファントムの時といい今回のグリフォンといい、力試しに使われて毎度蹂躙されてしまう自衛隊が不幸だ。そして、レイバーに関しては自衛隊より警察の方が優れているというのも不思議な感じ。
 グリフォンは桁違いに高性能なレイバーだった。速さも器用さも凄いし、初戦でいきなり自衛隊を全滅させてしまうとは。その性能は現行のレイバーとは全く異なるフォーマットによるもの。コストがべらぼうにかかり、売り物になるかどうかわからない。内海課長は元々売る気はないのかも。そして、稼動中のイングラムを捕獲してセットで売ってしまおうというとんでもない計画が明かされる。これもまた内海課長は本気でやろうとしてるんだろうなぁ。
 特車二課ではイングラムを下取りに出して廉価版レイバーを導入し、小隊を新設する計画が出ていた。計画に賛成するかと思われた南雲隊長でさえも、イングラムの性能を目の当たりにしてしまったら廉価版には疑問を持たざるを得ないようだ。榊班長も実物を見るまでは意見を保留することに。
 次回、国際レイバーショウでAVS-98お披露目の様子。そしてそこにグリフォンも突入する様子。大変だ。
 ここ数回、影のレギュラーに子安武人が加わっていたが、今回は出番がなかった。今後はどうなるだろう。