A級の敵

 BSアニメ夜話公開収録「カウボーイビバップ」のデブリーフィングはまた後ほど。
 自分のことを何と呼んだものか。まず「ブロガー」というのは絶対に嫌。ココログでTypePadに出会って今ではMovableTypeを使ってはいるが、これはただの手段。それ以前からhtml手打ちでやってるわい。で、「サイト管理者」なんていうとこれがまた恐れ多い。「管理人」にいたってはさん付けで呼ばれたらどうしようかって感じだ。ドメインも持っているのでドメインホルダーという呼称がありなのかどうかはよくわからないがどうなのか。とりあえずサイト管理者としておくか。
 サイト管理者には敵がいる。最も強大な敵の一つは、更新しようとしていた内容を人に話してしまうこと。これは本当に困ったもので、話したとたんに文章にまとめる気がなくなってしまう。元々誰かに読んでもらうことを想定して話をまとめているわけだから、つつけば噴き出す。なので、このパターンの罠にはまってしまうサイト管理者は多かれ少なかれ気をつけているわけだが、近頃は別方向からの誘惑も多くて困る。ちょっと前ならmixi、今ではTwitter。更新が簡単なので携帯などから速報的に書いてしまう。例えばmixiは速報、自分のサイトはキッチリまとめた文章という方向で使い分けができればよかったのだが、私には合わなかった。
 そしてTwitterに流れて今に至る。自分のサイトを気に入って見に来てくれる人がいるというのは非常にうれしいし大切にすべきだというのはわかるのだが、正直なところ信じられない自分もいたりして。カウンターが回っているということは誰かが見てくれているということなのだと思うが、そこまで。コメントでももらえるとはっきり認識できるのだが、なかなか。その点Twitterは気軽でいい。代わりに気軽に書いてしまって更新のネタが消滅しがちではあるが。
 あと、Twitterいいよいいよ面白いよって書いても誰もこねぇのがいっそすがすがしいので、この逆方向のベクトルを何とか活かしていきたいと思う次第。どうしたらいいのかわからないけど。直接会った時にTwitterのFriendsの話で
「実は僕が○○なんだよ」
とか言ったらおしぼり投げますよ。全力で。肩入れて。
 実は、迎えに来たカウボーイビバップを知っている弟についうっかり全力を挙げて公開収録で聞いたネタを話してしまったりしたわけだが、私は公開収録レポが書けるのであろうか。
 時に、里匠アナの声を3時間も聞いていたら脳内再生できるようになってしまったんだがどうすれば。コードギアスの方のマオか私は。丹下桜の曲聴きまくるぞ。