エル・カザド #26

テレビアニメ『エル・カザド』DVD 1 (初回限定盤)
テレビアニメ『エル・カザド』DVD 1 (初回限定盤)
 人のよさそうな老夫婦の元に安住の地を見つけたナディ。しかし、エリスはナディが旅をしていてこそ輝いていることを見抜いていたのだった。ナディ大好きオーラ出しまくりの子持ち保安官が出てきたりしつつ。
 老夫婦はナディとエリスの正体を知ってもなお引き止めるのだが。
 まぁ、今までずっと二人で旅をしてきたわけだし、一番「らしい」とは思う。
 そしてとうとう語られなかったM1911A1のエピソード。エル・カザドという作品からすると本編以外でも出てくることはないかな。M1911A1は秋葉原の越後屋でガスガンを見ることができたのでじっくり眺めてきたんだけど、.45口径だから9パラよりごついんじゃないかという勝手な思い込みが間違っていた。シングルカラムマガジンだから思ったほど幅はない。
画像:M1911A1 and M9 DA-SC-91-10188.jpg – Wikipedia
 M9と並べた画像とか見ると、実はコルト・ガバメントって結構スリムなグリップなのかもと思ったところで突然部屋にハードボーラーがあるのを思い出して持ってみた。ああ、幅はないけど長さは普通にあるのか。これだと女性でも平気ってわけにはいかないなぁというのが感想。
 で、ハードボーラーの隣に箱に入ったCz75があったので、一旦は我慢したのだが結局箱を開けてマガジンを装着して狙いをつけてみたところ、まーこの握りやすさの違いときたら。60年の時の流れに加えて、共産圏のコストパフォーマンスを重視せず最高の物を作れる環境が生み出した傑作か。
コルト M1911A ガバメント ( 18才以上ホップアップ
コルト M1911A ガバメント
 これが
CZ75 ( 18才以上ホップアップ 完成ガン )
CZ75 ( 18才以上ホップアップ 完成ガン )
 こうだしね。東側はホントすごいもん作ってたね。というわけで成人女性くらいの手の大きさならCz75なんかちょうどいいんじゃないかという話にまとめてみたくなるのだが、それ何てガンスミスキャッツ? という。
 そんなこんなであまり銃談義に花を咲かせたりはできなかったけど、楽しい作品だった。メインキャストすごいし。たこたこたこーす♪