ADSLモデムのLINE LINKを早朝にやり直すと速度が上がるという都市伝説

 ある日、ADSLの回線工事だか何だかで叩き起こされた。曰く、モデムの電源を落とせと。バカか貴様。そんな連絡事前に来てるはずだろ。必要なことくらい伝えておけ。で、その後何だかんだあったのだが仕事なのでLINE LINKだけ確認して出勤。
 で。
 帰宅して回線速度をチェックしてみたら目に見えて落ちてる。何だこれは。時間を変えて早朝にチェックしてみる。やっぱり遅くなってる。しかも、このADSL回線ってなかなかクリアにならんのだよ。どこのサーキットでタイムアタックやってるんだと。お前タイヤの選択ミスってるだろと。セッティング出てないのかよと。
 で。
 ADSL初期の頃だろうか。ずいぶん前にどこかで聞いた、早朝にLINE LINKを確立し直すと速度が上がるという都市伝説を思い出した。そのうち試しにやってみるかと思いつつ、この回線って24時間たいてい誰かが使ってるのでなかなか実行できない。そんなこんなでしばらくしてチャンスがやってきた。Go!
 ……回線速度戻った。前よりは少し遅いものの、このプランでこれなら納得できる速度。「都市伝説」と表現はしたが、実は早朝にやると速度が上がるというのは以前にも経験している。ファイル交換ソフト等で回線が激しく使われる前の話なので他の要素が影響しにくく、私としてはこの説は経験上「是」なのだが、理屈がよくわからないので眉唾扱いとしておく。今はバックボーンだのIXの負荷だのISPの関係だのあって回線速度の測定が難しくなっているのはわかるが、とりあえずこれだけは言わせてほしい。LAN側がボトルネックになってるアホは爆発しろ。むしろその方が全体のリソースを考えると助かるんだけど、サポートがかわいそうだなと。
 ひたすら光が来るのを待ちながら今時あり得ない料金でADSLを引いているわけだが、こんな中途半端な田舎、光が来る前に光の次の何かが実用化されてる予感がする。
 そんなこんなで0400-0600くらいだろうか。早朝にLINE LINKを確立し直すと速くなるかもしれないというお話。cron走らせるのはこのくらいの時間が多いようだし、サーバー負荷的には軽い時間なんだろうけど、何か不思議タイムなのかもしれず。