「スカイ・クロラ」読了(ネタバレなし)

スカイ・クロラ (中公文庫)
スカイ・クロラ (中公文庫)
 森博嗣凄いわ。今まで読んでなかったのがもったいない。私は映画が先だったけど、どちらが先でもサプライズがあって楽しめる模様。
 スカイ・クロラの公開前に解説本のようなものを見かけてパラパラ見てみたことがある。空戦機動の紹介があって、どんなかと思えば「インメルマンターン」とかそんなレベル。どれだけ基礎なのか。そんなにページが余ってるのか。とか考えてたけど、原作を読んだら理由がわかった。
p.43

スロットルを切って、エレベータを思いっ切り引く。

 容赦なく読み手に知識を要求している。固定翼機の基礎くらい知っておけと。
 映画から入って原作読んでみたけどちんぷんかんぷんになった女子、彼氏に聞いて即答できなかったら早く何とかした方がいいよ。彼氏いないから女子グループで映画見た? 私のところに来なさい。
 先に三次元には興味ありませんって言っておいた方がいいか。
 それはそれとして、映画の散香はちょっと特殊な部分があるからせめて普通のプロペラ機でどこをどうするとどうなるのか予習しておくべき。ちなみに、原作ではスロットルをいっぱいに入れると機体がどう反応するかとかにとどまらず、何かもう色々とたまらない。
ナ・バ・テア (中公文庫)
ナ・バ・テア (中公文庫)
 読了したその日にナ・バ・テア買ってきた。最初気付かなかったのだが、表紙って並べると絵がつながるのな。まだユーヒチとスイトだけで散香が出てこないよ。