Barracuda ES.2 SATA 3.0-Gb/s 500-GB Hard Drive

 ST3500320NSを2台購入した。320GB*2を外して500GB*2に入れ替えようと。今まで320GB*4でSATAポートも全部埋まってさてどうしたものかとあれこれ考えていた。そこに外付けだが500GB HDDのよさそうなものがあったので購入。
I-O DATA機器 USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 500GB HDCN-U500
I-O DATA機器 USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 500GB HDCN-U500
 性能はさておき、おかげでHDDを換装する余裕が出てきた。
 換装する前の状況は、
Barracuda ES*3
Barracuda 7200.10*1
だった。というわけで以前から気になっていたBarracuda ES.2の価格をチェック。Barracuda ES系というのはニアラインストレージ向けに信頼性を向上させたモデルで、その分値段が高い。そこで候補に上がったのがST3500320NS。

 これ。一応Amazonのリンクだけど、PC関連商品をを買う時にはヨドバシやツクモのネットショップもチェックするのよ。いいわね?(声:シェリル)
 とはいえ、価格コムの最安リストをプリントアウトしてショップに持っていって店員を困らせるといった暴挙はほどほどにすべきである。参考にね。参考に。ネットショップを見て回っていると思わぬ出物があるときもあるので結構楽しい。
 で、届いたST3500320NS*2。単体でのベンチマークを取ってみたかったというのはあるがF1シンガポールGPが迫っていたので急いで作業。HDDを2台外して2台取り付けてBIOSで認識しているのを確認してもうRAID1アレイ組んじゃう。Windowsは既存のHDDからブートできるようにしておいたので、ブートしてPartition Managerでパーティションを新しいHDDにコピー。何だかんだ言ってこいつにはものすごく世話になってる。必要になるときが来たらアップデートしてやるかな。
 外したのは上記の構成から2台。
Barracuda ES ESの中では一番古い、メインドライブとして24時間稼働していたもの。シンガポール製
Barracuda 7200.10 今のPCを組んだときにメインドライブを務めていたもの。後に上のESにメインドライブの座を譲り、パーティションバックアップ用として活躍した
この2台のデータは消去していない。現役を引退してもなおバックアップ用データを蓄積して有事の際に備えてもらうこととする。
 でだ。うちのnvraidはRAID1を並列で読み込んで速度向上する機能を持っていないらしいことは事前にわかっていたのだが、Barracuda ES.2をベンチマークにかけてみたらびっくりした。条件は後述。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.1 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 110.305 MB/s
Sequential Write : 80.959 MB/s
Random Read 512KB : 58.782 MB/s
Random Write 512KB : 65.225 MB/s
Random Read 4KB : 1.055 MB/s
Random Write 4KB : 1.413 MB/s

Test Size : 50 MB

 驚いた。何だこの数字。しかもこれ、面倒だからと普段メインで使っているアプリケーションを全て起動した状態でのもの。いわばタイムアタックで前に遅い車があって引っかかる状況が発生していてこの結果である。Barracuda ES.2 500GBが品薄になっている時期なのでそろそろ次がありそうな予感はするのだが、それにしても素晴らしく性能が向上している。シーケンシャルリードはよく使うのでこれなら安心できる。ランダムライトが健闘しているのはおそらくキャッシュ32MBの効果であろう。あ、私はBarracuda一筋で他のメーカーとの比較ではなくてモデルチェンジでの性能に関して驚いているので注意。
 価格で考えると1TBもかなり割安になっていて、500GBとの比較でも迷うところではあったのだが、財政的に爆発するので我慢した。1TB*4とか。ああ、ああ。
 ちなみに、Barracuda ESとES.2はアクセス時の音がちょっと違うのだが、すぐ気にならなくなった。むしろ、PCに関して音の異常を認識できないのは問題があるので、そっちのセンサーが働いた結果だろう。まだHDDをごりごり言わせる作業をしていないというのもあるのかもしれないが、性能や音に関してはまたいずれ、である。
 技術の発展って凄いな。