Flickr面白い

 写真を撮るのは好きでフィルムの頃からやっている。α7000でリバーサルに挑戦したりとか。それはもう本買ったりして必死になって勉強したものさ。一回シャッター切ったらいくらになるか計算したことはないけど、とにかく一コマいくらでコストが発生するわけだから、一枚一枚が必死だった。
 で、その後コンパクトデジタルカメラを購入するまでしばらく暗黒の時代があって、その間に撮影のノウハウはすっかり抜けてしまったわけだけど、今では私もD60ユーザー。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D60 ダブルズームキット D60WZ
Nikon デジタル一眼レフカメラ D60 ダブルズームキット D60WZ
 って何だこれ値崩れしすぎだろ。わかってはいたが現実は厳しい。
 閑話休題。D60は私にとって3台目のデジタルカメラとなる。そして初めてのデジタル一眼。買ったきっかけ? bvaleriaさんというとんでもない悪党がいてですね、D90を買ったと。で、売約済みのD80を貸してくれると。で、ぶっつけで航空祭。これが、はまる。実になじむ。この日は設定をRAW+Fineとか無茶苦茶にした関係であまり連写が効かなかったんだけど、それでも気がついたら500枚くらい撮ってた。
 そしてD60を買った。ちょうどタイミングがよかったので、いそいそと入間航空祭へ出かけた。この日、D60とサブのDSC-T9を使って撮ったのが合計1200枚くらい。
 ……整理できねー!
 今までのやり方では、コンデジだから一回に多くて数百枚かな。これをチェックしていいものをピックアップしてWeb用にサイズ調整してサイトで紹介するという形で楽しんでいた。当然、手間がかかりすぎて紹介できる枚数は限られる。大多数はHDDに眠ったまま。これはもったいない。
 そこでFlickrだ。
 実は2006年にこのサービス使い始めてたんだけど、いまいち面白さがわからなくてそのままになってた。最近、MOOの名刺用画像として手持ちの画像をピックアップしてFlickrにドドドドドっとアップしてみたり。で、EXIFデータ丸見えだ恥ずかしいとか思いつつ、あれやこれやいじってたらだんだんわかってきた。よさげな画像をアップしてtitleとdescriptionをつければこれでOK。何だよお気軽で楽しいじゃんかよ。
 というわけで私の。
Flickr: Your Photostream
月の写真はTwitterで月を撮ってる人がいて競演してみたくなって撮ってアップ。
月
 こんな感じ。トリミングした関係でEXIFデータ飛んじゃってるのがもったいないなぁ。
 ちなみに、それぞれのカメラの光と影も見られたりして。
Flickr: Camera Finder: Nikon: D60
D60は比較的新しいこともあって結構始まってる。
Flickr: Camera Finder: Sony: Cyber-shot DSC-T9
オタワ。T9は古いんだけどさっと出してさっと撮れるタイプなのでこれからもサブ機として活躍してくれるはず。
Flickr: Camera Finder: Nikon: D90
お前さんは始まりすぎだ。
Flickr: Camera Finder: Nikon: D300
Flickrこえー。ボディが$1,300だぜ? 恐ろしい話じゃのー。
 あとFlickrにはArchivesを何年何月ごとに何枚撮ってるとか、その月のカレンダー形式で画像を表示したりする機能もある。これはモチベーション上がるね。1回くらいカレンダーを画像で埋め尽くしてみたいね。
 有料会員になるかどうかは非常に悩むところ。どうしようかな。