MOO MiniCards

 MOO MiniCardsを作った。
MOO.com | We love to print
 よりにもよってクリスマスだの新年だのと注文が殺到しそうなこの時期にである。私の場合はコミケ合わせ。正直、クリスマスまでに届く注文期限が結構前に切られていたのでもしかしたら間に合わないかもしれないという覚悟はあったのだが、祈れば届く。見事に届いた。注文からの流れを時系列で見てみよう。
 私の場合はFlickrにアップしている写真を使った。MiniCardsって縦の幅がないから選ぶのに苦労したのなんのって。次からは普通サイズでもありかな。あとで検討しよう。
12/6 21:10(JST) Order Confirmed
注文確定の自動送信メール。GMTだとたぶんお昼休みかな。MOOは注文から2時間までは注文内容の編集ができるから、この間にもあれこれいじった。やっぱりこの写真はやめようって事で切るのがメイン。あれもこれも使いたくなっちゃうんだよねぇ。で、ロンドンでは昼飯食って眠いなぁって頃にまた注文入ってるようげー、な状態だったと思われる。ごめんね。
12/9 20:44 Order Dispatched
発送メールきたー。よし、輸送にかかる日数が最大15日くらいだというから、これならコミケに間に合うかもしれぬ。
12/15 到着
早いよ。びっくり。白いプチプチ封筒で、右上に貼ってあるシールに「PRIORITAIRE」。で、細かく書いてあるのがたぶんドイツ語だし、「Deutsche Post」ってあるし、たぶんフランクフルトあたりを経由して空を飛んできたものと思われる。イギリス国内に限らず郵便事情は混雑するだろうし、よくやってくれたものだ。
 昔米ドルの小切手を受け取るためなどで英語方式の住所入力はしたことがあったし、日本語ヘルプは親切だったし、あとは自分がボケてないかが心配だったが、無事届いた。
 出かける前だったんだけど、気付いて速攻開封。100枚のカードがケースに入って、破損もなくしっかり届いた。ケースが開かないように作ってある四角い巻紙、紙っていってもしっかり加工されてるもので、外して再びフタを固定してってのをできるように作られてるものなんだけど、ここに一枚のカードが挿してあった。
“Yay! You’re our new best friend.”
裏にはTO:ROW/FROM:LDN/QUANTITY:100/CONTENTS:flickr とか。ちょっとした心遣いってのがわかるのかい、イギリス人ってのは。やるね。それから、即座に返送できるように宛名ラベルシールが入ってた。返品の理由にチェック入れられるようになってて。てぇしたもんだ。
 そして、苦言を呈さなくてはならない面もある。全部チェックして、これは人に渡せないというひどいものが2枚あった。それから、裁断が雑で黒背景なのに端の白い部分がめくれ上がったような状態で台無しというものがあったが、これはカウントしないこととする。ひどかった2枚。
・裁断がずれて、端に違う画像が入ってしまっているもの。
・写真の加工の中にゴミが入ってしまっているもの。これについては、裁断のずれも発生している。
不良品2%。EXACTLY 2%! 完璧を求めるのは難しいが、100枚中2枚に致命的な不具合があるというのはどうだろう。クリスマスにケンタッキーフライドチキンに行って一年で一番まずいとわめいているようで心が痛むのだが、自分への教訓として一つ。注文が集中する時期に注文するとこうなるぞという情報として一つ。といったところだろうか。
 とはいえ、MOOは非常にいい仕事をしてくれた。リピートするよ。