交通機動隊からの電話

 青切符を正式裁判希望したらどうなっちゃうのかシリーズ。
宣戦布告 : N/A
前回かつ初回はこれ。アグレッシブなタイトルがついてるけど実はぐだぐだ。
 部屋に携帯を置いたまましばらく離れてて、戻ってみたら着信があった。番号に覚えはないが、市外局番で隣の市だということはわかる。やっぱり心当たりがない。留守電にメッセージはない。うーん。番号ぐぐってみるか。辛うじてヒット。
 交通機動隊○○分駐。
 お、オーケイ、正確に1/15 1800時に着信があったのも何だか納得がいく。キッチリしてんなー。
 ドキドキしながら折り返し電話をする。
「交通機動隊」
「え、えと、先ほどお電話いただいたMobiusと申しますが」
「(担当は誰だったかわかりませんなどと聞かれる)」
「メッセージ入ってなかったのでわからないんですが……」
「お待ちください」
 ここで電波が悪くて一旦電話が切れてしまう。まぁ、確認取れればかかってくるだろ。
 しばらくしたら来た。出る。
「はい」
「Mobiusさんの携帯ですか、こちら(略)」
やべぇぇぇ。交機隊のS巡査本人だ。気まずい。ってかあなたそこの所属だったんですか!
「交通反則通告センターからの連絡を受けまして」
といった感じで説明を受ける。先に言っておくけど、厳しい訓練を受けた白バイ隊って尊敬の象徴だからね。しかも交通機動隊。プロフェッショナル。……そのプロフェッショナルに電話かけさせて説明させるって、無駄だろ。人材的にどうみても無駄。直接やりとりできるってのはありがたいけどね。しかも巡査、すげえ人当たりいいんだよ。で、正式裁判を希望するという非常に面倒な手続きに対しても、電話を通して「面倒くせーな」っていうのが全く出てない。すげえ。ごめんよ巡査ー。
 またしばらくしたら連絡するとのこと。色々あるらしい。いやもうゆっくりやってください。それから、こちらの都合を聞かれたりしつつ、わりとこちらの都合にも合わせてくれるらしい優しいお言葉。ほへー。
 急いで陳述書書いて事実の整理をしなくてはならないんだけど、面接が、ライブが、ということでしばらくてんやわんや。うし、やってやる。
(追記)
次回。
交通機動隊からの電話2 : N/A

NANA MIZUKI LIVE FEVER 2009

 ある日、ゆうのさんより入電。
「○○日チケット取れたから空けといてね」
えええええー。
 というわけで、コミケが終わって年が明けて、それからまぁいろいろあったりしつつ、NANA MIZUKI LIVE FEVER 2009に備えて復習を始めた。実は曲数が多すぎて腰が引けていたのだが、iTunesのプレイリスト「NANA」を確認してみたところ、アルバムは全て揃っている。よし、改めて聴きこんで復習だ。
 何せ、まともにライブでサイリューム振ったのなんて去年のマクロスFライブ@パシフィコ横浜が初めてだからね。あのときはホント楽しかった。ライブってこうやって楽しむんだなって。みずひんさんありがとう。
 で、今度は日本武道館ですよ。大きなタマネギってまだあるの?
 ああそうだ、さいたまスーパーアリーナのライブDVDが見かけで置きっぱなしだ。これ見て予習しよう。
NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA [DVD]
NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA [DVD]
 ふふふ、見るぜー超見るぜー。
 ……脳内麻薬が、止ま、止まら……ヘイ! ヘイ! ヘイ! だって、GREAT ACTIVITYを聴きこんでた層にとってはクリティカルだもの。
GREAT ACTIVITY
GREAT ACTIVITY
 あー、初回盤見慣れてるせいで違和感あるわ。
 とりあえずLIVE FORMULA、知らない曲がいくつかあるわ。調べてみたらシングルのみ収録の曲だったりして。うぐぅ、そこまではフォローしきれてないよ。
 というわけで最新のシングルと一つ前をAmazonでポチってみたりしたのである。

スカイ・クロラ イノセン・テイセス Mission04 Hush Moon

 これは小説の話なんだけど、物語を作るときに大切なポイントの一つ。なるべく早いうちに状況を書く。出だしでストーリーに引き込んだら、この物語の置かれている状況や、主要キャラクターの立ち位置などを描いていく。でないと読者はいつまでも頭の上に「?」マークがついていて物語に入っていけない。
 というわけで今回のスカイ・クロラは色々と明かされてゆく。
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 02月号 [雑誌]
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 02月号 [雑誌]
 まずはタカハシの事情。主にオリシナの髪の件で狂おしいほどに憎たらしいタカハシなのだが、彼が空を飛ぶのは事故で眠り続けている妹を生かすため。そのためには金がいる。何となく傭兵的だ。
 そして、何となく違和感を感じてはいたのだが気付かなかった私のボンクラさ加減に困った事実。ここ、ラウテルン社だ。オリシナはロストックから移籍してきたパイロット。この辺は別のネタバレも絡むので迂闊に書かないのが賢明であろう。ロ社の別の基地なのかと勝手に思い込んでたけど、よく見ればわかるだろボケー、と、太田巡査の声で罵倒されそうだ。できれば香貫花クランシー巡査部長に説教されたいです。
 そしてキルドレ。あれ、オリシナはタバコ吸えないのか。ふうむ。
 散香きたー。これはラ社だと整備等のノウハウがないから時間がかかったってことかな。さあ、楽しみだ。
 さて、スカイ・クロラの感想が3話から始まっている件だが。
「貴様の言い分は?」
「言い分ですか……?」
「質問するのは俺の役目だ!」
「サー、イエス、サー!」
「続けてよろしゅうございますか?」
「サー、イエス、サー!」
ウェッジ軍曹怖いです……。
 1話から読んではいる。立ち読みではない。スカイ・クロラの連載が始まるという情報は確認してチェックはしていたし、読んでもいた。でも休憩時間に読める環境だったから手元にないのよね。ということで勘弁。あの頃はばたばたしててねぇ。
 これ、ウェッジ・ユウホ軍曹に読まれるのかなぁ。PTかなぁ。ガクブル。

あまんちゅ! 第2話 夢ヶ丘高校

 すっかり遅くなってしまった。COMIC BLADEは年明け早々に買っていたのだが、まずはスカイ・クロラを読んで、やべ、これは急いで原作を読んだ方がいいか? ということでプライオリティの変更に迫られて、実はそのままだらだらと時が流れてしまった。
 お、AmazonでCOMIC BLADE1月号が在庫切れになってる。12月号はまだあるのに。さすがは天野こずえ効果か。1月号は名古屋で買ったんだけど、わりとスペースのある書店なのにコミックブレイドは最後の1冊。おい店員さんや、早くストックから出した方がいいぞ。あるのならな。みたいなことがあったが、Amazonでもよく売れたのかなぁ。
 そして2月号。
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 02月号 [雑誌]
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 02月号 [雑誌]
 天野こずえの描く無邪気な笑顔が最高だ! 光が玄関を出たシーン。あまり大きいカットじゃないけど感無量でTwitterにpostしてしまった。「かわいい」とかじゃ表現しきれないすごい魅力がある。素敵。
 そしてバス停で出てくる美人さん。おお、これは、レギュラーキャラだといいな。来い。来い。おっ、光と絡むぞ。よしよしよしよし。
 って商店街で顔にものっそいスピード線のせて何やってるんですかこの二人はー! しまいには
「水面よーし!」
飛んだ。見開き来た。日本の風景はこんなにも美しい。じゃなくて、地面に向かってジャイアントストライドエントリー。びたーん。
 ロールエントリーは本物の水面で見せてもらうのを楽しみにしているよ。
 そんなわけで高校の先生にもダイバーを発見。ホント、楽しくなりそうだねぇ。
 舞台は静岡県の伊豆半島の方かな。聖地巡礼のターゲットになりうるかも? この方面では箱根までしか行ったことがない。ひとまず伊東駅を軸にバス路線を見てみたりしたけど、それよりも周りすごい。走るだけで楽しそうな道がいっぱいある。行ってみたいな。

とっととお引き取りになりやがってくださいこの馬鹿野郎

 このところずっとBBSにcyberbbからのspam書き込みが続いていた。まともなISP相手だったら証拠保全してサーバーログ投げつけて
「往生せいやー!」
と抹殺にかかるところなのだが、検索してみたら野放しの模様。
211.135.244.43.ap.cyberbb.ne.jp – Google 検索
バカなの? 死ぬの?
 仕方がないのでかなり久々に.htaccess投入。

order allow,deny
allow from all
deny from 211.135.244.43.ap.cyberbb.ne.jp

 終了。
 ……しばらくしたら往生際悪くproxy通して来たので片っ端からdeny。と、ついでに呪文を一行付け加える。

ErrorDocument 403 http://127.0.0.1/

 さよなら。
 ホント掲示板の管理は地獄だぜ。フゥハハハーハァー。

満月

 月自体は撮れるのだが、月だけだと面白みがないので雑多な風景でも入れてみるかと試みた。心の奥底でこの邪魔な物を平らになるまで薙ぎ払いたいとか思っているような気がしなくもないが。
らいじんぐふるむーん
 まずは風景がアクセントになるからあえて日の丸構図でいいやという作例。日の入りを狙って金星を撮って、そろそろ月が出るなということで移動して待ち受けていたので、まだ周囲に明るさが残っている。スポット測光で月の露出を出してみた。高く上って凛とした白い光を放つ月も好きなのだが、赤みがかったのも味があって好きなので月の出すぐを時々狙う。肉眼でもでかく見えるのが面白いし。
電線邪魔よ
 次。実はアップするのが恥ずかしい後悔写真。月が昇る頃には辺りも暗くなり、AE-Lで月に合わせるとどうやっても風景がつぶれてしまうというか暗すぎて出ない。いいやマルチパターン測光で撮ってみようと試してみたら案の定月が飛んだ。というわけであーあやっぱ無理だったかとPCで画像をチェックしていて、はたと気付いた。これ、露出補正マイナスにして手前の風景をシルエットにすればよかったじゃないかと。その場で気付けなかった。月がオーバー気味になるにしても、電柱が真っ黒なシルエットになっていればちょっと雰囲気出たんじゃないか。
 ちなみに、見ての通り電線の類がごちゃごちゃしているので撮影タイミングがかなり限られる。田舎なのに何で東の空はこんなことになっているんだか。で、三脚立ててるときもそうなんだけど、月の動きって早いよ。というわけで時間がなかったという言い訳をしつつ、次回への教訓としたい。
満月
 最後はオーソドックスに満月のみで。テレ端200mmで撮ってcrop crop。Flickr proのいいところの一つは、元サイズでアップロードした画像サイズからトリミングできること。って、

Focal Length: 190 mm

えええええ。テレ端だと思ったんだけどなぁ。少しずれたか? もったいない。ちうか誤差。うん、たぶん。
 さて、そろそろ月が南中に近づく時間。通常だと仰角が高すぎてブレちゃうんだけど、満月ならシャッタースピード速くできるので計算上はいける、かも。でもおそと寒いしなぁ。迷う。

D60用 液晶保護フィルム

Kenko 液晶保護フィルム ニコン D60用 K-852040
Kenko 液晶保護フィルム ニコン D60用 K-852040
 D60本体のレビューがねぇなぁオイ。と言われそうだけど、まだ私がレビューできるレベルに達してないので勘弁してくりゃれ。
 コンデジ時代は一貫して液晶保護フィルムなど不要という立場を取ってきた。液晶に傷が付くほどのダメージを受けたら保護フィルムなんて軽く抜けるだろ、という理由による。もちろん液晶のパネルの扱いは丁寧に。ホコリや汚れが付いたら大きなものを払い落として柔らかい布でそっと拭く。
 ところが一眼デジタルだとファインダーをのぞくから液晶画面に鼻が触れるわけで。毎回柔らかい布でとかやってられない。液晶保護フィルムを貼っておけば親指でちょいちょいっと拭いたりするのにも躊躇はいるまい。万が一硬いゴミなどでこすってしまったとしても、やられるのは保護フィルムまでで済むはず。よろしい、購入。
 実際にパッケージを開けてみたら説明書きがあって、液晶よりわずかに小さく作ってあるから中央に貼ってねと書いてあったのだが、ピッタリ左寄せで貼ってしまった。まあ気泡も入ることなくうまく貼れたし、ちょうど鼻が触れるのも左側だし、左側に液晶と保護フィルムの段差がないのは結果オーライ。
 しかし凄いね。3枚構造で裏紙はがしながら貼り付けて、最後に表をはがせば完了。あっさり作業が完了した。貼りやすい。そして、貼ってみて液晶画面を実際に使ってみても違和感なし。Outstanding!
 これはいい買い物だった。文句なしにおすすめ。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D60 レンズキット D60LK
Nikon デジタル一眼レフカメラ D60 レンズキット D60LK
 あとD60ちょー楽しい。おすすめ。私は望遠側レンズがもう一本付いたダブルズームレンズキット買ったけど、月とか撮るときは55-200mmのが活躍してる。なんか見る度に値段が下がってるような気がして涙目なんだけど、それはまあ致し方ない。

柚木涼香さんお誕生日おめでとうございます

 忘れもしない2年前。実質的には1年か。C73かな。音泉ブースで小山力也と柚木涼香のサイン会があった。この時ばかりは百戦錬磨の古参兵に支援を求め、超必殺技発動。見事に柚木さんのサイン券を入手することができた。はうはう!
 勝負が決まったのは朝一。で、実際にサイン会が始まるのは午後。もう疲れちゃって困ったが、集合時間に列作って、ブース前に移動して待機して、ご本人登場。疲労? 何の話かねそれは。柚ちゃんかわゆす!
 いよいよ私の番。ゆ、ゆーっ、ユアアーッ!!
 サインと一緒に名前を書いてくれるのね。
「カタカナの『メビウス』でお願いします」
「えっ、メビウス?」
柚姉に名前呼ばれたあああぁぁぁ。目の前で。……うっとり。すっかり感動してしまって「エンジェルリンクスからのファンです。応援してます!」とか気の利いたことを言えなかったのが悔やまれる。
 そんなわけで私の部屋には「メビウスさんへ」と書かれた色紙が保管してある。宝物。

宣戦布告

 平成20年12月7日、千葉県警察本部交通部交通機動隊の白バイによる制止を受け、27kmの速度超過で青切符を受け取った。S巡査、あなたに恨みはないがこの屈辱は忘れない。
 交通反則通告制度なるものは、様々な意味で便利な制度なのだろう。反則金を支払えばそれでおしまい。
 いいのか? 私は納得しない。
 現場検証もなし。全ては警察官の言いなり。本来は刑事訴追を受けるところを金払ってチャラ。おかしいだろ。
 反則金を支払わなかった場合には出頭命令。12月22日だったのだが、行けなかった。むしろ行かなくて正解だったということが電話で判明した。いくら待っても通知が来ない。郵便事故は経験しているのでそれを懸念してこちらから電話をしてみたら結果的に宣戦布告になってしまった。
 1月7日、1720時頃、電話。千葉県警察交通反則通告センター。電話に出たI田氏によると、
「2か月後くらいに……」
やべえ。ほっときゃよかった。2か月もすれば巡査もだいぶ忘れてぐだぐだな現場検証になったかもしれないのに。その隙にこちらは陳述書を書いて確定日付印ですよ。しまったなー。と後悔しても遅いし、正式裁判を希望する旨を伝えた。まあ何やかんや言われたわけだが、とにかく正式裁判で処理してほしいと。
 すると、通告センターから交機隊に書類を回すのだという。へ? 所轄じゃないの?
「交通機動隊の方から連絡があるかもしれませんので」
待てー。それ出頭要請あったらどこに出頭すればいいんだ。管轄裁判所どこになるんだ。こちらの都合に配慮してくれるのか。千葉県警のサイトにはいっつも欲しい情報がないし。まあ、岐阜でとっつかまるとかいう惨劇よりはいいけどさ。
 とにかく陳述書を書いて教授に添削してもらおう。面接落ちたら暇だからやけくそかつ冷静に。よし、やってやろう。
(追記)
次回。
交通機動隊からの電話 : N/A

150,000

ヽ( ・∀・)ノ
 1万ヒットごとに書いてる近況報告でありんす。
 2008年には達成していたんだけど、コミケシフトでどうにもならなかった。遅くなったけど15万ヒットありがとう。みんな愛してる。キラッ☆
 改めてこのカテゴリーを見てみると、2008年は忙しくて更新頻度が激減して、アクセス数も減ってるのがわかる。かなりおおざっぱだし統計も見てないけど。うちのサイトってキリ番来るまでゆっくりでさぁ。
 さて近況。10月にNikon D60を買った。世界が変わった。デジタル一眼は違う。凄く難しくて、狂おしいほど楽しい。カメラはフィルムの頃からやってるけど、今のデジイチはシャッタースピードと絞りと露出補正だけじゃダメなんだ。レンズの特性を把握するのはもちろんのこと、フィルムだったら「この発色が欲しければこのフィルム」だったのをカメラ側で設定できるのな。こいつはいじりがいがあるぜ。
 今年はこのロクマルさんを使い倒す。隅々まで調べ尽くして感じるところをゲフンゲフン。……思いっきりいい絵撮ってやるからな!