メガネのフィッティング

 私の目にはコンタクトレンズが入れられない。
 高校生のときに眼科医に相談してみた。結果、
「元々アレルギーがあるからやめておきなさい」
ばっさり。スポーツなど特別な事情があるなら仕方がないので試してもいいがとは言ってくれたが、特別な事情はなかったのでやめておいた。
 というわけで中学生の頃からずっとメガネをかけている。
 父の代から贔屓にしているらしいメガネ屋があってずっとそこを使っていたのだが、こちらが歳を取れば向こうも歳を取る。ある時に世代交代したらしく若いのに変わった。こやつがフィッティング下手。ついでに言うとセールスも下手。タメ口。
 まあそれはさておき、ずっとチタンなどの金属フレームを使っていた関係もあって自分である程度のフィッティングができるようになってしまった。といってもテンプルとモダンがメインだけど。いわゆるつるからその端までの話。できればパッドの角度まで調整したいのだが、そこはちょっと異次元なので手が出せずにいる。それすらやってくれないメガネ屋ってどうなのよ。
 メガネというのは点で支えられるものではない。総合的に面で支える必要がある。鼻に当たる部分、こめかみに触れる部分、耳にかかる部分、耳の後ろで抱え込むようにする部分。どこか一点にだけ力が集中してしまうと、長時間使っていて痛くなる。メガネ初心者だった私はこれに対してここがこうだとかいう表現ができず、まともなフィッティングができていなかったわけだ。いや、初心者だとわからんだろう。
 フィッティングの時は、メガネをかけてみてここがきつい、ここがゆるいというのを伝える必要がある。時にはそもそもフレーム選びが間違っている場合もあるのだがそれは置いといて、こめかみの部分がきついとか、耳の後ろが痛いとか、逆にゆるいとか、耳の上のこの辺にだけ当たってるとか。そうすると調整してくれる。で、まだ合わなければ遠慮することなくダメ出ししていい。そうやって、自分のメガネができあがるわけだ。これを嫌がるような店員に出くわした場合、私も共に祈って差し上げたい。滅びろ!
 余談ながら、初めてメガネをかける違和感とフィッティングは別。
 先日、Zoffに行ってきた。以前購入したセルフレームの調整のため。チタンフレームなんかだと自分で調整できるんだけど。本職の人はどこまでやれるかわかっているのでかなり凄い勢いで力をかけて曲げたりする。見てると面白いかも。じゃなくて、セルフレーム。これはどうしようもないので店に持っていった。結果、ダメ出しの嵐。可憐なメガネ女子をいじめてしまった。熱心にフィッティングしてくれたんだけど。でもって、待ち時間にいろいろ見て回るとよさそうなフレームがあったりするわけだ。
Zoff ZH91005A A-1
ZH91005A
 買っちった。加工待ち30分。30分後に行ってみたら何やらさわやかなイケメンメガネ男子が速攻で寄ってきた。んで、フィッティング。
 ……うまい。
 そうか、Zoffはこういう腕利きもいるのか。やるな。
 その日の帰り道は雨が降り出していたので実戦投入は延期。後日、予備のメガネを携帯しつつ実戦投入してみた。合格。視線移動だけでバックミラーも確認できる。ずり落ちもないし不快感もなし。セルフレームでこれだけやるとは。
 Zoffでフィッティングの調整とフレーム選びを手伝ってくれたメガネ女子に最大の感謝を。

スカイ・クロラ イノセン・テイセス Mission 06 Marguerite

 上地優歩先生ってページめいっぱい使うのな。コマ割りとかでノド以外に空間ができたりすることもあるはずなのに、あんまりない。この描き方は好きだなあ。その代わり、ストーリーどころか「励ましのお便りを」みたいなのを入れる場所すらほとんどなくて、小さく申し訳なさそうに邪魔にならないようにキャラの上に乗せたりしてる。面白い。複製原画とか見てみたいわ。
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 04月号 [雑誌]
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 04月号 [雑誌]
 今回はトビラからあんなスノエダですよ。でもページをめくると笑顔のスノエダ。
スノエダ役:田中理恵
心に悲しみを秘めながらも明るく振る舞うということで。
 声優オタクって、漫画や小説を読んでる時不意に声の神様が降りてきたりする。自然とセリフに声が当たってしまう。声優はセリフやキャラや動きや感情によってコロコロ変わったりするんだけど、今回のスノエダは何度か読み返してもやっぱり田中理恵だ。
 ちなみに、声を当てると読むスピードが一気に落ちるので極力避けてはいるのだが、時には勝手に声がついてしまうことがある。声だけが先にあって、
「あれ、これ誰の声だっけ?」
と考え込んだり。ブレイドつながりでいくと「あまんちゅ!」のてこ。突然声が降ってきて、誰の声かと思ったら小清水亜美。ああ、ロングつながりで可南子か、と納得してみたりした。
 声が思わずピタッと決まったのはスノエダだけだなぁ。そもそもこういうことはめったにない。他のキャラもこれといって……うーん。オリシナは今回の
「……動きにくい!」
ってぶーたれてるところだけを見ると一瞬釘宮理恵でもいいかなと思ったりもしたけど、キャラ違いそうだし。ツルホは田中秀幸さんがいいかな。ちょっと声質が優しすぎるかもしれない。タカハシは置鮎龍太郎あたりでいいんじゃないのと言ったら一斉に「安直だ!」って突っ込まれること請け合い。ヒナギは残念ながら思い浮かばない。ぬう。
 読者の楽しみ方は無限大ということで、声優談義などしてみるという試み。
 いやちょっと待った。Margueriteってヒナギ……ク……?

「時をかける少女」にドクターペッパーが登場した可能性について

 これはDVDで見てから気付いた。映画館のスクリーンでは、やっぱり果穂とか背後の掲示板とかに目がいっちゃうのかな。あとこのボランティア部の三人組はこの時が初登場だっけ? そうすると缶までは見えませんな。
時かけペッパー
 スクリーンショット。例によって画像をクリックしてAll Sizesでオリジナル画像を見ないとわからないんだけれども。一番左の盛子さんが飲んでるのが、実にドクターペッパーに酷似している。指と反射で断定できないところがニクい。
 絵コンテでは特に何もなかった。逆に、自分では確認していないのだが、真琴が和子に持っていくケーキ、絵コンテの段階で実在するどこの店のケーキという指定があるのだそうだ。ぬうう。
 ちなみに上のスクリーンショットに関しては複数の方から似ているという指摘をいただいた。詳細な点まで。ゆえにタイトルを「時かけペッパー」としてドクターペッパーに大変よく似たサムシング、ということにしている。「商品名は全部もじってあるはず」という指摘もあったので。
 しかし時かけにドクペが出てるとはねぇ。私はドクターペッパー大好きな人。しばらく飲んでないし今度買ってこよう。メッコールも久しぶりに飲みたいねぇ。

成田空港、貨物機墜落事故

 今朝、エルキャックさんのpostで気がついた。
 慌ててワンセグでNHKチェック。着陸時の映像が繰り返し流されていた。原因についてはわかっていないが、現状で推測できるのはウインドシア。通常、こんなに機首を下げて着陸するというのはありえない。そして、結果から言えるのは、ゴーアラウンドが不可能なほど強烈な風が吹いていたか、試みても尚風にあおられたのか、といったところだろう。素人の見解だが。詳細はいずれ明らかになる。そもそも、MD-11のような大型ジェットが着陸時左に90度以上ロールして墜落するなんてやろうとしてもできるわけがない。
 0800時にはまともな情報が揃っていなかった。
 これが今頃ワイドショーのネタにされていると思うと腹が立つ。大ボケコメンテーターが
「主翼から引火していますね。これは機長の判断としては……」
とか言ってるんだろうか。ああもう。
図解・飛行機のメカニズム―操縦桿から動翼へどうリンクするか (ブルーバックス)
図解・飛行機のメカニズム―操縦桿から動翼へどうリンクするか (ブルーバックス)
 読め。
 大型ジェットがどこに燃料積んでると思ってるんだ。主翼と尾翼だよ。緊急時でもないのに燃料投棄してるわけないだろ。主翼から地面にいったらどうしようもないってんだよ。
 何だか被害妄想みたいなpostだがこの辺で。

伊藤計劃逝去

亭主の日々(2008/03)

2009.03.22 sun.
伊藤計劃さんが亡くなったという連絡を複数の方からいただく。午後、大蟻食と一緒に伊藤さんの実家にお邪魔し、お別れの挨拶をする。現実における痛みと真摯に向き合おうとした数少ない作家の一人であった。

野田さんの思いで – 伊藤計劃:第弐位相
 ありがとうございました。
 悪性腫瘍と聞くと心中穏やかではなくて、うまく文章にできない。ひとまず公式な情報が出るまでのつなぎということで、ひとつ。

iPod shuffle 3rd Generation

iPod shuffle 2&3Gen
 バッチリ届いた。Apple仕事早い。クリックすると拡大するけど、あまり大きいサイズにするとピンが出てないのがバレる。手前のUSB端子に関しては大きさがわかれば問題ないから最初から除外してる面もあったんだけど。
 いやはや、これは小さい。真ん中のがshuffle第3世代。USB端子は遠近法で巨大にしてるわけじゃない。本体、本当になくしそうだから机の引き出しに格納位置を決めた。付属の短いUSBケーブルも適当に置くとなくなることは確実なので定位置を用意した。刻印は2行入れられて、文字数制限が結構きついなと思ったら、まあこれも文字が小さい。本体の大きさを考えたら当たり前なのだが。でも、この世で一つだけのiPodが作れるってのは面白い。
3/16 午前 注文。
3/17 午後にはApple Store商品出荷のお知らせメールが来た。はや。「配送業者: SCHENKER PTE LTD」となっていたので米国内から空輸であろうか。刻印を入れたので海外からになるのであるよ。
3/19 日本国内に入った模様。ヤマト運輸の問合せ伝票番号のお知らせメールが来た。
3/20 到着。4-5営業日ってところ? まーべらす。
 気になるポイントとしては、やはりまだ日本語の読み上げが未熟かな。「水樹奈々」を「みずきなくりかえし」とか読まれて、おいおい。あと、プレイリスト一覧の読み上げ。「B’z ULTRA Pleasure」とか入れてると英語として認識されるらしく、男性の流暢な英語で読み上げられて「ん? 今の何だっけ?」みたいなことになったりして。ただ、ディスプレイを持ってないshuffleとしてはこの読み上げ機能には期待している。
 カナル型ヘッドホンと共に実戦投入するのはまたいずれ。
Apple iPod shuffle 4GB ブラック MC164J/A
Apple iPod shuffle 4GB ブラック MC164J/A

170,000

ヽ( ・∀・)ノ
 最近はひたすら掲示板のspamを殲滅しているような気がする。ODNはろくでなし。
 デジタル一眼を持って飲みに行った。主に料理の写真とか撮ろうと思ってパシャパシャ遊んでたところ、店の社長にかり出されて店の写真撮ったり。ギャラは樽生ヱビス一杯。社長金には渋いなぁ。近いうちに選別してDVD焼いて持っていくことにする。
 18-55mmレンズが大活躍。社長、これコンデジじゃ撮れませんぜ。
 いい絵が撮れてるといいなぁ。

IPOD SHUFFLE 4GB BLACK PRSNL-JPN

Apple iPod shuffle 4GB ブラック MC164J/A
Apple iPod shuffle 4GB ブラック MC164J/A
 Apple Storeに確認の電話を入れた上で注文した。こやつはリモコン付き必須のモデルゆえ。何しろ標準のヘッドホンでは私の耳では使えない。形状的に。
 初の刻印オーダーなのでドキドキでもある。
 何が心配だったかというと、先にカナル型のヘッドホンを買っていたわけで。
Apple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/A
Apple In-ear Headphones with Remote and Mic MA850G/A
 エージング中なのだが、ファーストインプレッションでは中高音が素晴らしい。
 で、これリモコン付いてるんだけど、基本的に現行型にしか対応していない。
・iPod touch 1Gen
・iPod shuffle 2Gen
見事に対象外な私涙目。とはいえ、ファームウェアアップデートでどうにかなるものではなくて、ハード的に対応している必要があるのだから仕方ない。ヘッドホンのジャック、結構複雑なり。イメージ的にはshuffle 2Genのドックに似てる。それをリモコンに使ってきたかと、驚いたりがっかりしたり。
 iPod shuffle 4GB、到着が楽しみであるよ。

faviconのススメ

na_favicon2.png
 作ってみた。これを
favikon
あたりに食わせると、画面上で微調整できる上にfavicon.icoを出力してくれる。
 実は、もっとかっちりしたフォントで「N」に横線一本入れると一文字でNとAができるじゃん! とか思いついてみたりしたんだけど、このフォントだと横線を入れる隙がないのであきらめた。細い部分がかすれちゃったかなというのがありつつ、何となく右下に力を溜めてヨーイドンって感じなのでこれはこれで面白い。
 当サイトの目印として、よしなに。

オルファカッターを特専黒刃に換装

特専黒刃替刃(小) BB10K
特専黒刃替刃(小) BB10K
 替え刃をご用意ください。近所のホームセンターで148円だった。10枚入り。
OLFA ハイパーA型
 するとこの通り。替え刃は防錆油で保護されているのでティッシュを一枚ご用意ください。指がベタベタになります。
OLFA ハイパーA型 + 特専黒刃
 はい、この通り。クリックして”ALL SIZES”で大きいサイズを見るとわかりやすいんだけど、替え刃のケースはシールが封の役割をしているので、そこをカッターでスパッと切ってある。この替え刃のケースはカッターの刃を折ると同時に折った刃を収納する機能も持っているので、一つ持っていると非常に便利。
 さてできあがったカッター。黒と黄色のカラーで刃まで黒にしちゃうと色が心配だったけど、特専黒刃とは言うものの光の当て方によっては青っぽく見える。グリップの黒ともスライドの黒とも違う色なのでなかなかの一品になった。
 切れ味はというと、試しに中身の入った封筒を下敷きにしてハガキを切ってみた。足の上なのでほとんど力は入れてない。……スパッ。うっわー綺麗に切れてやがる。しかも下敷きにした封筒が紙一重でほとんど切れてない。これはいい。
 あとは刃先の耐久性だけど、そこは切れ味に特化していると割り切っているので気にしていない。切れにくくなったら折ればいいだけ。ああ、だから替え刃50枚入りとかロングバージョンとか存在するわけか。なるほどねぇ。