スカイ・クロラ イノセン・テイセス Mission 06 Marguerite

 上地優歩先生ってページめいっぱい使うのな。コマ割りとかでノド以外に空間ができたりすることもあるはずなのに、あんまりない。この描き方は好きだなあ。その代わり、ストーリーどころか「励ましのお便りを」みたいなのを入れる場所すらほとんどなくて、小さく申し訳なさそうに邪魔にならないようにキャラの上に乗せたりしてる。面白い。複製原画とか見てみたいわ。
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 04月号 [雑誌]
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 04月号 [雑誌]
 今回はトビラからあんなスノエダですよ。でもページをめくると笑顔のスノエダ。
スノエダ役:田中理恵
心に悲しみを秘めながらも明るく振る舞うということで。
 声優オタクって、漫画や小説を読んでる時不意に声の神様が降りてきたりする。自然とセリフに声が当たってしまう。声優はセリフやキャラや動きや感情によってコロコロ変わったりするんだけど、今回のスノエダは何度か読み返してもやっぱり田中理恵だ。
 ちなみに、声を当てると読むスピードが一気に落ちるので極力避けてはいるのだが、時には勝手に声がついてしまうことがある。声だけが先にあって、
「あれ、これ誰の声だっけ?」
と考え込んだり。ブレイドつながりでいくと「あまんちゅ!」のてこ。突然声が降ってきて、誰の声かと思ったら小清水亜美。ああ、ロングつながりで可南子か、と納得してみたりした。
 声が思わずピタッと決まったのはスノエダだけだなぁ。そもそもこういうことはめったにない。他のキャラもこれといって……うーん。オリシナは今回の
「……動きにくい!」
ってぶーたれてるところだけを見ると一瞬釘宮理恵でもいいかなと思ったりもしたけど、キャラ違いそうだし。ツルホは田中秀幸さんがいいかな。ちょっと声質が優しすぎるかもしれない。タカハシは置鮎龍太郎あたりでいいんじゃないのと言ったら一斉に「安直だ!」って突っ込まれること請け合い。ヒナギは残念ながら思い浮かばない。ぬう。
 読者の楽しみ方は無限大ということで、声優談義などしてみるという試み。
 いやちょっと待った。Margueriteってヒナギ……ク……?