DDH-181 ひゅうが

 ひゅうがの一般公開に行ってきた。Flickrにset作っといたから適当に見て。ってわけにはいかないか。
DDH-181 ひゅうが – a set on Flickr
 前日夜更かししてしまった関係で、当初の予定より2時間遅く起床。ナビに有料道路の使用許可を出したら思う存分使いよってからに。ETC割引のおかげで首都高や横浜横須賀道路の料金にものすごい割高感が発生している。おまけに混むし。しまいにはETC非対応の有料道路まで案内するし。200円でこの距離はちょっと高いだろう……。なんやかやあって到着。
 徒歩で横須賀地方総監部へ。ゲートを通った先では手荷物検査。カメラバッグの中を見せて、バッグと一緒にカメラを預けて、自分は小さなゲートをくぐる。
「ピー!」
えぇー。
続いてピンポイントでの探知を受けた結果、腕時計のごたんち! いやはや厳重だねえ。
 カメラの準備を整えてぷいぷい歩いていったら、きたよ、ひゅうが!
ひゅうが全景
 これでズームは48mmくらい。これは「護衛艦」でひとくくりにするべきじゃないね。ヘリ空母……いや何でもありません。まったく窮屈な立場だよ、自衛隊ってのは。
 さらに歩いていくと艦内への入場待ち100分のアナウンス。ぬう。しばらく様子を見つつ艦首方向からシュート。
艦正面
 ちなみに、この写真を最初にしてSetを作ってあるので、軽く流してみるのもよいかもしれず。49枚で収まったし。気になる写真があったら大きくして見てみるのも面白いかも。
 入場待ちが長くなりすぎということで階段とエレベーターを併用していたのだが、列の先頭をコントロールする黒黄ロープを持っている片方が女性自衛官だった。しかもかわいい。ここは強引にでもお願いして写真撮らせてもらうべきだったか。失敗した。
 私は階段組に振り分けられて、艦内に入り急な階段を上る。手すりが付いてるのはいいんだけど、階段の最後のあたりは手すりがなくなっちゃうのね。周り見てる暇がなかったけどたぶん水密扉を閉められるようになっているのではないかと。そんなこんなではふはふ上っていったらプレート発見。撮影させてもらった。
DSC_5109
 この辺のぐだぐだっぷりは思う存分罵るがいいさ。だってプレート撮るのにAperture-priorityとかおかしいだろ。艦内の明るさならスパッとSモードに切り替えて手持ち限界のシャッタースピードで絞り開放にして問題ないはず。そのつもりでシャッタースピード優先は設定してたんだもの。にもかかわらずごらんの有様だよ。フレーミングもひどいし。今回のやらかしたポイント。
 とか打ってたら何だか艦内のペンキの匂いを思い出してきた。
 CIWSチェックしてみそ、というアドバイスをもらっていたので、もれなく撮影。艦首に一基だけなんだけど。
艦首CIWS
 ファランクス Block1 B だった。ちなみに、フードは付けてたんだけど逆光でフレアが入ってしまってボツにした写真もある。狙ってフレア入れるならともかく、ね。フードえらい。朝のうちに来てれば順光で撮れたんだけれども以下略。
 さて、艦尾の方にSHっぽいプロペラが見えてたからそっち行くよ。私はH-60系に目がなくてねえ。
SH-60 DDH-181 "HYUGA" Special
 ひゅうがスペシャルペイントのSH-60きたこれ。でもこの様子だと退役かなぁ。せめてどこかに展示してほしい。
 最後はこれで。
お茶目さん
 お疲れ様でした。

Nikon バヨネット式レンズフードHB-45 (AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR用)

Nikon バヨネット式レンズフードHB-45 (AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR用)
Nikon バヨネット式レンズフードHB-45 (AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR用)
 買った。レンズ単品で買うとこのレンズフードが付属品として付いてくるらしいのだが、D60のダブルズームレンズキットでは付いてこなかった。レンズキットというのは単品で計算すると破格だったりするので、まったく不満はない。
 不満といえば、18-55mmレンズとフードに関して調べていた時にちょっと気になるコメントを見かけた記憶がある。
「見た目はかっこ悪くなりますけど(笑)」
……何言ってるのかわからん。
 元々、18-55mm VRはレンズフードなしでも目立ったフレアが入った経験もないし、そういうレンズなのかと思ったりもしたのだが、無意識に逆光を避けていた可能性もある。カメラ経験という話でいけばフィルムの頃からやってたわけだし。
「逆光は正義!」
というゆうきネタもあるのだが、私の腕ではまだまだ。
 今回購入に踏み切ったきっかけは、甲板からの照り返しや逆光が予測される状況が目前に迫った、これに限る。DDH-181 ひゅうが一般公開。
 さて、肝心のレンズフードの使い勝手はというと、フードの左右にボタンがあって、押すとリリース、離すとロック。レンズキャップみたいな話だけど、それがちょっと複雑になっている感じ。同時に、4方向に溝があって、フォーカスリングと噛み合って固定するようになっている。ここが利点欠点。実質的にフォーカスリングを占有してしまうので、MFではフードを回してピントを合わせることになる。とはいえ、18-55mm VRのAFでピンが出なくて困った経験というのはほとんどない。そもそもフォーカスリングがおまけ程度のレンズなので、気にする問題ではないかと。
Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR  AFSDX18-55GVR ニコンDXフォーマット専用
Nikon AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR AFSDX18-55GVR ニコンDXフォーマット専用
 ねぇ。
 実際にフードを装着してみると、実にしっくりくる。プロテクターフィルターが影響しないか心配だったのだが、直接レンズを捕獲しにいくので影響なし。収納時に逆方向に装着しても全く問題なし。ケラレ? 純正品でそんなことになったらみんな怒るでしょ。
 実戦投入は、明日。

180,000

ヽ( ・∀・)ノ
 祝・アニメ化。
「ごたんち!」(原作:地野こずえ/監督:左藤順一/制作:飛翔隊)
 今日は午前中からPC前でぷこぷことあれやこれや作業したり遊んだりしてたんだけど、サブディスプレイのTwitでタイムライン見てるとやっぱり北朝鮮のミサイルの話が流れているわけで、時々参加。こんごうのSPY-1Dがどうとか、SM3がどうとか、PAC3がどうとか、MDがどうとか。私はあまり詳しくないんだけど、こういう話題を普通にできる場所があるってのはホント面白いわ。ついつい並行してGoogleニュースでチェックとかしちゃったりして。
 テレ東が特番やってると聞いた時には何か別の要素で日本が終わるのかと心配したけど、テレ東だけが特番やってるという変な形だったので一安心。
 1216頃ミサイル発射の情報を聞きつけ、急いで携帯でNHK見る。どうなった。状況は。続報は。釘付けになって見てたら、
「誤探知」
えー。ちなみにタイムラインは誤探知への突っ込みで埋まった。
 NHKも通常番組飛ばしていつでも枠を開けられるよう臨戦態勢でいただろうに、蓋を開けてみたら誤探知だよ。これ臨時ニュースの残りの時間余っちゃうだろどうするんだろと思ってみてたら、即座にフォローとして解説が始まった。おお、準備いいな。ここで出てきたのが「Em-Net」……ネーミング悪いよ。イーモバイルが同じ名前のサービスやってるからぐぐっても欲しい情報出てこないじゃない。
【北ミサイル】エムネット「初本番」 試される成否 (1/2ページ) – MSN産経ニュース

「北朝鮮が“衛星”を発射した」。米軍の早期警戒衛星が赤外線センサーで噴射の熱などを探知すると、情報は在日米軍司令部を経て、首相官邸と防衛省の中央指揮所に送られる。官邸は即時に、エムネットを使って自治体に伝達する。

 要は、
米軍衛星→防衛省→首相官邸→報道機関、各自治体
という情報伝達ルートになっていて、どの段階で誤報になったのかはわからないと解説の記者は繰り返していた。最後の方では米軍のせいにしてたけど。それはないって。
 結局、防衛省技術研究本部電子装備研究所飯岡支所のJ/FPS-5が誤探知やらかしたらしい。通称ガメラレーダー零号機。本来は試験用に建造され解体される予定だったが、量産型の配備まで残され、北の脅威があって実戦投入されたという。
J/FPS-5 – Wikipedia
下甑島分屯基地では初号機が完成しているそうだが、とてもじゃないけど見に行けないので、千葉にあるうちに写真撮りに行きたいところ。九十九里の海岸流すのにいい季節だしね。
 米軍の早期警戒衛星は気象条件に左右されるから、自衛隊のフェーズドアレイレーダーを併用して警戒に当たるのは当然。しかし、何を誤探知しちゃったんだろうねえ。

あまんちゅ! 第4話 宙のパッセージ

 もう5月号が発売されてしまっている。ようやく買ってきたのだがまだ開けられにぇー。
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 04月号 [雑誌]
月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2009年 04月号 [雑誌]
 てこ=大木双葉。忘れない。というか今回のヒロインは双葉さんだな。
 ドライスーツとウェットスーツくらいは知ってた。天野先生、やっぱりダイビング始めてたんだ。
 最近、何かとtagをつけたくなって困る。
「てこっ 後ろのチャック止めて?」
のコマとか、「吹き出しが邪魔」ってタグ付けたいし。透過させてるところがにくい。これセリフの指定どうやってんの?
 ちょっとさかのぼってダイビングスーツの説明をしてる光のコマとか、わざと吹き出しで顔隠して表情を引き立たせてるところとか素敵。うーむ、さすがだ。
 じゃ、5月号読みますかね。

売れないタバコの憂鬱

 私の吸っている銘柄は売れないらしい。しかも、売っている店がほとんどない。売っている店や自販機を見かけた瞬間脳内マップに叩き込み、9割以上カートン買い。が、最近ではそれも限界になってきたらしい。
・商店A
昔はこの店で買っていたし自販機にもあった。taspoのない時代。が、既にこの店は商売を辞めてしまい、自販機のラインナップからも消えてしまった。地方の小さな店で駐車場もなしではどうにもならなかったのだろう。
 そういえば私の住んでいるエリアは駅から遠くてバス路線はとっくの昔に廃止になってタクシー呼んだら道に迷う。……えらいところに住んでるな。
・お茶屋B
某有名デパートが撤退する前からテナントとして入っていて、今でも営業を続けているってことで合ってるだろうか。昔の記憶が曖昧。タバコは対面販売が主力。5年ぶりくらいに行ってみたらまだその銘柄を置いてくれてて、ここで
「○○1カートン」
って買うのが最近の流れだったのだが、先日行ってみたところ
「カートンですか? うーん」(奥に行って確認)
「すみません、カートン切らしちゃってバラになりますけどいいですか?」
「ええ、いくつあります?」
てな感じで軽く雑談モードに入ったり。
「あまり売れないんですよねえ」
……しくしく。
・たぶんタバコ屋C
以前偶然自販機にあるのを発見して覚えていた店。今日行ってみたらなかった。店が開いてる時間だったので中に入って聞いてみたところ、期限が切れてしまっても困るので返してしまったというような話だった。
・行きつけのローソン
困り果てて、1カートンだけ取り寄せてもらえないかと電話してみた。もちろん電話番号はGoogleさんである。
「マスタにあればできますよ」
よっしゃ。この店に置いてないのは知っていたのだが、1店舗だけ置いてるローソンを見たことがあるのだ。確認してみるということで待たされる。さあ来い。さあ来い。ちなみに、現在位置は昔ローソンがあって、つぶれて、その後後援会事務所に使われてはテナント募集状態に戻ることを繰り返す建物の駐車場。電話先のローソンは開店当時から通っている店で、オーナーさんとはレジで一言二言挨拶する間柄。不思議なものだ。と、OK出た。名前と連絡先を聞かれて、
「月曜の○時頃にはご用意できますので」
という感じで正確な時間まで教えてくれた。さすが店長。
 というわけで月曜までの残弾数に不安があったので、マルボロブラックメンソールを1箱買ってみた。前に1本吸ってみて悪くなかったし。taspoの使い方とか久々すぎて忘れてるわ。
 これでクレジットカード使えたら久々の二枚出しをするかもしれないが、まぁそううまくはいかないだろう。