EN-EL9a/EN-EL9

Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL9a
Nikon Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL9a
D60のバッテリー購入 : N/A
で書いたバッテリーが届いた。
m_2009050512413849ffb572482b1.jpeg
そこまで急がんでも。 – Mobius
 ヨドバシと日通ががんばってくれちゃって、注文から20時間ちょっとで届いた。やるな。
 早速開梱。
EN-EL9a
 うむ、グレーである。
 それでは今使ってるバッテリーとの比較を、ということでD60からバッテリーを抜くとD60が使えないのな。DSC-T9を出してきてどうにかこうにか撮影したはいいものの、カードリーダーがメモリースティックを認識してくれなくて悪戦苦闘。どうにもならないのでT9のUSBケーブルを発掘してきてデータ転送。Flickrにアップしたところで数時間経過。力尽きた。DVDを見たりして気力を回復させたりしつつ一晩寝て、ようやく文章を書いている。
 では比較。T9は古いコンデジなのでISOもたいして上げられないしフラッシュ焚くとえらいことになるしで画像がちょっと困ったことになっているのは大目に見てほしい。撮る時にわかったんだけど、手持ちで1/6とか無理だから。
EN-EL9/EN-EL9a
 当たり前だがサイズは同じ。でも並べてみたらびっくりした。
EN-EL9:7.4V 1000mAh
EN-EL9a:7.2V 1080mAh 7.8Wh
 電圧違うじゃん! だからD40系はファームウェアのアップデートが必要だったのかな。ちなみにD60はファームウェアそのままでOK。そもそもファームウェア公開されてないし。
EN-EL9/EN-EL9a
 裏返してみたらこれまた興味深い。
EN-EL9:MADE IN CHINA
EN-EL9a:CELL:MADE IN JAPAN/PACK:ASSEMBLED IN CHINA
 セルが日本製に変わってる? D60にはいくつかの不具合報告があるのを見たのだが、一部ではバッテリーを変えたら症状がなくなったというケースもあった。一部のバッテリーに問題があったのかもしれないし、ただ単にセルは日本製だから大丈夫アピールなのかもしれない。
 私のD60も情報表示画面が勝手に消灯してしまうという不具合が出たことがあるのだが、ひゅうがの撮影に行った時には再現しなかった。晴天の明るい屋外というのが最低条件なのでなかなか試せないけど、おそらくバッテリーをある程度消耗させるというのも条件の一つではないかと疑っている。再現したらしたでニコンプラザ持ち込みになりそうなので面倒ではありつつ、問題があるのであれば保証期間内にどうにかしないといけない。
 さて、充電が完了したので早速使ってみる。おお、動くぞ。動かなかったら怒るけどな。ついでなので連写速度とSDHCの書き込み速度でどう影響が出るのか比較するために連写しまくってみたんだけど、特に問題もなく。ちなみに、連写に関しては[r05]なら5コマはサクサク連写できるんだけどそのまま連写を続けると遅くなることが確認できた。SDHCへの書き込みが遅いのか、画像処理でもたついているのか、ボトルネックがどこなのかはわからず。もう少し試してみる必要がある。
SanDisk EXTREME III SDHCカード 8GB 30MB/秒 スリムパッケージ SDSDX3-008G-J31
SanDisk EXTREME III SDHCカード 8GB 30MB/秒 スリムパッケージ SDSDX3-008G-J31
 D60を買った時からこれを使ってるんだけど、無駄でしたーというオチは勘弁してほしい。
 バッテリーの方は今回が初回の充電なので、次あたりから本気を出してくれると思われる。
 D60のこと、もっといろいろ知っておかないといかんなあ。