コミックマーケット(C76) 2日目サークル参加日誌

 たくさんのご来場ありがとうございました。
 今回、私は予定の締切プラス1日で脱稿するという偉業を成し遂げた。前書き後書きを書いて、ゲラ出して校正して、レイアウトやら何やらを微調整して、データとして完成。ここで1冊製本してみて安心してしまったのが失敗だった。1日目夜にちゃっちゃと製本すれば大丈夫だと思ってた。これが、終わらない。マクドナルドで腹ごしらえしてそのままやっつけようとしたんだけど、煮詰まった。PPC用紙500枚はきつい。理解した。
 というわけで、原稿上がってたのに徹夜で迎える本番、コミケ2日目が始まったのであった。
0730 集合時刻。時間前に国際展示場に到着。サークルのお手伝いをお願いしていたSさん、Mさんと合流。携帯使えるって素晴らしいね。
07xx チケットを渡して、いよいよ入場。サークル入場は0730スタートでだいぶ余裕はあったんだけど、目論見があってね。
1.人のほとんどいないビッグサイトを見せてあげたい
2.壁サークルの怖ろしいダンボールの量を見せてあげたい
 最後かもしれないだろ。だから、全部見せておきたかったんだ。
 実際、東地区に向かう通路でSさんちょっときてたしね。かわいいかわいい。
0800 たぶんもう少し前。えーと、レ-18b、と。スペースに到着。机の上のチラシをわっさわっさ片付ける。イスもおろして、サークル的な設営開始。……してたらスタッフが来た。参加登録カードと見本誌の回収。って早っ。まだ書いてないのですみませんあとでお願いしますの旨伝える。
 まだ参加サークルもまばら。
ビッグサイトなう。 – Mobius(Mobius)
携帯だから画像に関してはアレだ。
0820 ほぼ準備完了。というか、私が参加登録カードと見本誌票書いてなかったのがいけないのである。書き終わったのでほっと一息。スタッフが来てクリア。ふぃ。時間軸が前後するが、Sさんは更衣室が混まないうちにコスプレ行ってらっしゃいってことで送り出した。ようやく落ち着いたので、Mさんにまかせてトイレとタバコ。これホントに一人でサークル参加だとどうしようもないので、手伝ってもらった二人には大感謝。
0830 東4トラックヤードの喫煙所があるのは確認していた。これで万全、と思ったら落とし穴があった。
時限喫煙所。 – Mobius(Mobius)
ここで吸えるのは0830まで……だと……。
しばらくしたらスタッフが来た。
「最後の一本でお願いしますねー」
スタッフの対応はさすがと言っていい柔らかさだ。
「開場後はここダメなんですか?」
という問に丁寧に答えてくれた。列や人混みから離れて、携帯灰皿があればOKとのこと。ふむ、携帯灰皿、携帯しておくものだな。ガレリアの雑踏は遠慮したい。
09xx フロア内の広い通路に行列発生。なんだこの規模。どこに並んでるんだろう。Mさんと共に首をひねる。
0930 ホール閉鎖。トラックヤード側シャッターも気がついたら閉まっていた。あれ凄く静かに開閉できるのな。ばかでかいのに凄い技術だ。
 この時間になると遅刻やダミーサークルを除いてほとんどのサークルが準備を終えている。特殊戦21番機メビウス、出る。で、気付いたんだけど、自分のサークルも含めたARIAストリートを除くと、周囲ほとんど女性サークル。最寄りのトラックヤード側男子トイレは女子トイレに切り替えがされていて涙目。しかも目の前まで行かないと見えないという罠。
 というわけで、ARIAが島になって固まっていればともかく、直線で配置されているこの状況ではピクトチャットとか無理そうだったのでスペースに戻ってDSをしまった。まあ、隣にMさんがいるんだからDSとか本とかいらんよなー。で、話していてわかったんだけど、Mさんと初めて会ったのがワンフェスの時。じゃ、いつのワンフェス? ってことで二人して考えてみたところ、数年前という結論に至った。数年ぶりにもかかわらず普通に楽しく話ができたのはMさんのキャラであろう。タイムラインでやりとりはあったから、お互いにどんな人なのかある程度わかっていたというのもあるかもしれないが。
 あと、ちょっとこぼれ話。0730時くらいに戻るんだけど、MさんとSさんって初対面なのね。私がそれぞれ電話してちょっと移動してもらったりして合流して、3人揃ったところで紹介……と思ったらわりとさっくり自己紹介が済んだ。チケットを渡して、ビッグサイトへ向かう。最初は三人並んでぽつぽつ会話しながら歩いてたんだけど、そのうち混んできたので三人横並びはきつくなって、ふと思い立って私が前に出た。サークル主宰だし、もし対向する人の流れとぶつかった時には割れるところを探して進路を作るのが前衛の務め。後ろは女子二人だ。で、初対面の二人で大丈夫かなと声を聞きながら歩いていたら、MさんがSさんに声をかけてくれて会話が弾んでいた。よしよし。
1000 開場。拍手。しばらくは島中に人が来ることは少ないのだが、ARIA目当てで来ている人も見かけた。一方ホール内の行列はというと、開場後は通路を作らなくてはいけないためスタッフが四苦八苦していた。一旦列を切って通路を作って、進み方に合わせて人を通して、止める。これを通路ごとに人員配置しなくてはいけないわけだから、スタッフとしてはたまったものじゃないだろう。サークルとしてはスタッフにお願いするしかない。でも原則は列整理はサークルの責任。大変だ、まったく。
1030 もうちょっと前だったかな。当サークル最初の1冊、頒布。ありがとうございます。実は開場前にMさんとSさんがお布施してくれたんだけど、これは開場前なのでノーカン。うん、もちろん頒布実績にはカウントさせてもらう。
11xx タバコはまだ無理そうだったのでトイレ休憩だったかな。で、戻ってみたらMさん、
「2冊売れたよ」
「!?」
なんという売り子力。私いらない子? でも、まごう事なき売り子力だと思う。せっかくだからMobius役も頼めばよかったかな。
1200 ぼちぼちの売れ行き、というか初参加の時が何だったのかというくらいの勢いだったのだが、それでも弱小サークルのSS本としては好調だったように思う。早々に作戦行動を完了して挨拶に来てくれる人あり、敗残兵あり。そして、サークルN/Aの我々は不安の中にいた。
・早々にソフトバンク死亡のお知らせ
・続いてドコモ死亡
・Mさんはそろそろ交代時間。しかし連絡が取れない
・Sさんが帰ってこない。しかし連絡が取れない
・入場規制が解除されない
1230 よりちょっと後だったかな。Mさんがスペースを離れて遊撃、キャリアの電波を捕まえて連絡に成功した。すげえ。というわけで時間が押してしまったのだが交代へ備える。しばらくしたらSさんが帰ってきた。あとで知ったが東方に並んでいたらしい。よく……よく生きて帰ってきたよ……。そして交代。Mさんお疲れ様でした。ありがとう。ちなみに、私の使ってるドコモは死んでるし、入場規制も解除されない。2日目ではありえない状況が進行していた。
1300 ようやく入場規制解除のアナウンス。ここまで遅くなった理由に関しては多少の情報が入っているのだが、ソースの関係で書けない。早くから並んでいた新兵共がヘマをしたとだけ。新兵は午後から来い。
 あとはまったり。Sさんは積極的に呼び込みをする方で、絶妙のタイミングで人を捕まえていた。私の位置からは隣のサークルさんのディスプレイの関係で入口側が死角になってしまっていたのと、SS本ということで、私の場合はスペースの前でこちらの本を見ている人をピンポイントで狙撃していくというスタイル。対して、Sさんは声をかけてこちらを向かせるスタイル。これが凄かった。なんと、女性を捕まえて、本を見てもらって、なんとなんと、その女性がお買い上げ。すげえ! この流れは想定してなかった。
 森博嗣のスカイ・クロラを読んだ人にはわかると思うけど、あのシリーズは機体の動きの表現が難しい。エルロン、エレベーター、ラダー、フラップ。スロットルを上げた時の反トルクまで描写するくらいだから、特に航空機に興味がない女性にはハードルが高い。その点、私の本は敢えて読みやすいように簡単な表現にとどめている。ARIAファンでもそれなりに入っていきやすいかなと意識していたので、女性に買ってもらえたのは素直に嬉しい。
1330 入場規制が解除になって流れが落ち着いてきたら挨拶回りに行こうと思っていた。が、携帯が死んでるのでスペースを離れている時に何かあっても連絡が取れない。うーん困ったな、と思っていたら、挨拶で寄ってくれる人が格段に増えてきた。おお、スペースにいてよかった。同時に、考えることは同じだなぁ、と思ったり。
 中には後で考えると不思議な買い方をする人がいて、ふっと気付いたらスペース前に現れていて、ぱっと1冊お買い上げ、すっと去っていく人がいた。いやあの、ARIAストリート見ていかないんですか? とか思っていたがあとで謎が解けた。ステルスモモァ!
 一方、意外な来訪者も。ワンフェスのヨコハマつながりで縁があったきいちさんが来てくれた。
3D Belle collection
最初はただ単に別々のディーラー同士。ディーラーといっても私はお手伝い。会場内をフラフラしていて、きいちさんの作品と出会ったのがきっかけ。きいちさんからは、幕張メッセでのワンフェスの様子を教えてもらったり、お互いの情報交換をしたりできた。夏コミにはヨコハマサークルの手伝いで来ていたのだそうだ。
「実はうちの相方が(大変喜ばしい状況)で、たぶんディーラーでは出られなそうなんですよ」
「実はうちのディーラーの主宰が(訃報)で、大変でしたよー」
とんでもない会話の交錯。そういえばネットで訃報に関しては見かけたような記憶がある。目をそらしていたのかもしれない。
 きいちさんはなんと、フィギュアを持ってきてくれた。見せてもらう。……うん、すごい。最初から間近で見せてもらったこともあるかもしれないが、これは確実に私の好みにぐいぐい食い込んでくる。もしワンフェス会場を歩いていて発見したら、間違いなく足を止める。なんというか、初めてきいちさんの作品に出会った時から、確実に私のツボ具合が上昇している。こりゃーワンフェス冬は行くしかないな。
 追加情報も得られた。「ヨコハマ買い出し紀行」サークルは絶滅危惧種。「カブのイサキ」にシフトするかと思われたので聞いてみたが、イサキ単体でやってるサークルはなさそうとのこと。これは困ったな……。
 他にもたくさんの方とご挨拶できた。……うれしい。
1430 頃だろうか。まだドコモは復活しない。こちらは東4なので西はあきらめた。せめて近くだけでも挨拶に行きたい。と思ってると誰か来てくれる。嬉しいから困る。困るけどとても嬉しい。
1500 Sさんはコスプレしてるので、更衣室の混雑状況はわからないということで相談して、早めに送り出すことになった。で、しばらくすると襲ってくる尿意。ひどい。
1600 二日目閉会。ぱちぱち。
感想:対面の女性が目つききつくて怖かった。なぜか最後までいたし。
 Sさんも戻ってきたので撤収。ゴミを捨てて、トイレに行きたいんじゃよということでゴー。
 そして帰路へ。東地区からエスカレーターで上がって、ビッグサイトを出る。国際展示場駅でSさんと挨拶を済ませた。今日は本当にありがとう。
 C76サークル参加、終了。
 ありがとうございました。