ラブプラスのリアルタイムモードとスキップモード

 微妙にネタバレチックなのでまたも改行。
 あまり先入観を持たせてしまうとがっかりする場合があるかもしれないが、ラブプラス結構遊べる。面白い。プレイ時間は確実に逆転検事を超える。実はクリアする前にラブプラス始めちゃったんだけど。どんだけDS放置してたんだって感じではある。
ラブプラス
ラブプラス
 ラブプラスは文字通りのリアルタイムモードとリアルタイムを関係なしにゲームを進められるスキップモードがあるのだが、この切り替えで気になる現象を発見した。
スキップモード

リアルタイムモード(金曜日)

スキップモード(金曜日)
 最初のスキップモードの曜日にかかわらず、リアルタイムモードに変えるとリアルの曜日に変化して、スキップモードに変更しても曜日は変わらない。例えば週末ならエンドレス土曜日とかできるわけだ。これができることによってどの程度面白いことができるかは今ひとつわからないのだが。例えば、スキップモードでゲージを溜めていいタイミングでデートに突入するとか、かなぁ。土曜午後と日曜は丸々外出に使えるので、デートスポット開拓に使うというのはありかもしれない。
 余談になるがこのゲーム、セーブしないでいきなり終了するとペナルティがあるというのは知っていた。知らなかったのはデートの約束がある状態でセーブするとデートをキャンセルした扱いになるということ。これはへこむ。あと、モード切替のタイミングを誤っても同様。私はこれを両方やってしまって、凛子にものすごく怒られた。ホントにへこむ。パラメーター的にどのくらい低下するのかは想像するしかないが、今ようやく機嫌が戻って普通の状態になったくらいじゃないだろうか。ゲームのチュートリアルで失敗すると凛子に罵倒されるような感じのシーンがあって、罵倒されるの楽しいです、だったんだけど、デートすっぽかしはホントにへこむからやめた方がいいと思った。いきなり終了のペナルティとどっちが怖いのか、怖ろしいので試す勇気がない。
 あと凛子の夢見たいんですけど。条件はランダムなのかなぁ。まだ発生してないからさっぱりわからない。