携帯電話用ヘッドホン接続アダプター壊しちゃった

 携帯にアダプター付けてヘッドホンを接続したところでうっかり携帯を落下させてしまい、さてDTBG待機と思ってワンセグを起動したのにヘッドホンから音が出ない。なんだろうと思ったらスピーカーから音が出ている。接続を確認したがおかしいところは……あった。接続アダプターの接続部分が曲がっている。ぬう、ここが下になって落ちちゃったのか。よく見たら裏面にひびが入っていた。まあ、もげちゃって携帯から抜けないよりはマシか。
 本体に型番の表記があったので同じ物が手に入らないかGoogle検索。あった。
SONY 携帯電話用接続アダプター ブラック DRC-1DF B
SONY 携帯電話用接続アダプター ブラック DRC-1DF B
 画像の左側部分、ここがやられた。今までホワイトを使っていたので今度はブラックにしてみた。
 それにしても、2006年発売の製品が今でも普通に手に入るのは驚きだ。そして、すぐに必要なのでAmazon当日お急ぎ便で即注文。対価の支払いはしているのでね。
 しかしカスタマーレビューのレベルが低いな。買ってみて不適合で星1つってなんだそりゃ。購買層がそういうレベルなんだろうけどさ。私のは1年8か月使ってまったく問題が発生しなかった。寿命を確認する前に自分で壊してしまったのが残念だ。

ラブプラスワンのチケットが即日完売した件

 やられた。
4Gamer.net ― 「ラブプラス」のトークイベント,「ラブプラスワン」を10月31日(土)に開催。前売り券は10月8日(木)発売開始(ラブプラス)
 ロフトプラスワンのキャパとラブプラスの人気のバランスを考慮していなかった。台風のせいで午前中は動けなかったこともあり、午後にローソンに行ってみたら完売。ちょうど遠方の友人が来られるというので一緒に遊びに行こうと思っていたのだが、失敗した。とっほっほ。
 この状況を鑑みるに、ラブプラスオンリーイベントは結構盛況になるかも知れない。
ラブプラス オンリーイベント ”ラヴ・インクリメント(Love )”2009年11月1日(日)大田区産業プラザPIO小展示ホールにて開催
 あ、サークル参加の申込期限過ぎちゃったか。何をやろうってアイデアがあったわけでもないんだけど。ちょっと遊びに行ってみようかな。
(追記)
 1004に完売との情報あり。なんだそれは……。

Zippoウィックのメンテナンス

 Zippoを使うようになって気がついたら結構経っている。日頃のオイルの補充。フリントの交換。そうしているうちに、ウィックがすすけて火がつきにくくなってくる。そこで持っていると便利なのが、小型のラジオペンチ、小型のニッパー、そしてピンセット。これですすで劣化したウィックを引き出してカットすることができる。買ったままの状態でこれを何度か繰り返すことができる。Zippoはそういうふうにできている。
 余談になるが、Zippo純正オイルも合成イソパラフィン系になって匂いが抑えられている。オイルそのものはナフサ時代からハクキンカイロで好んで使っていたので気にしていなかったが、ハクキンカイロで使ったらどう変化があるのか気になるところではある。が、最近はエネループカイロに移行してしまって出番がないのだよなあ。好きな時にスイッチオンオフできるというのはありがたい。
 ウィックの話に戻ると、Zippo純正ウィックは金属が巻き付いていて、仮にウィックがボロボロになるところまで使い倒したとしてもペンチでウィックを引き出すことができる。まあ、針金までダメになるほどやったら自信はないが。
 ダメになったウィックをペンチでずずいと引き出して、適当なところをニッパーでカットする。これで基本的なメンテナンスは完了する。長期保管するZippoにはこの処置を施しておくことにしている。もちろんウィックの状態次第だが。そうすると、必要になった時にはオイルを補充すればすぐに使えるというわけだ。常用しているZippoでもこれは変わらない。が、ここからいじるのがZippoユーザーなのかもしれない。
メンテナンス:ウィック(芯)のメンテナンス
 ストレートのウィックは燃費がいい。これは大切なことだ。Zippoのオイルって奴はうっかりしてると簡単に切れる。フリントはインサイドユニットの底部に予備を収納できるようになっているが、オイル切れはどうしようもない。しかしながら、屋外で利用することが多い場合は話が違ってくる。ストレートだと風で簡単に消えてしまう。これに対して、ウィックを広げると風防内でナフサが燃焼して風に強くなるわけだ。
 というわけで、ピンセットを使ってウィックをちょっとぼさぼさにしてみた。おそらくまだ調整が必要になるが、炎が風防全体を使って燃焼していてなかなかいい感じ。つきにくさも解消した。
 本来は退役して観賞用にするはずだったスカイ・クロラZippoだが、なかなかにがんばっている。Zippo BLUが調子悪くて仕方なく。BLUの場合は調整は必要ないし、むしろバーナーに触ってくれるなというスタンスでわかりやすいんだけど、セーフティーの誤作動は困ったものだ。
 スカイ・クロラZippoは買ってよかった。使って楽しい。

D5000復活

 新宿サービスセンターに持ち込んだD5000が返ってきた。電源不具合によるもので、幸い私のボディは発症していなかったのだが、未来に渡ってはリスクが残るため修理に出した。
 戻ってくるまでほぼ1週間かかった。Nikonの瑕疵なわけだから、こういうのはもうちょっと優先的にやってくれないかな。そして、保証に関してはこちらが保証書を提示したがSCで返却された。返送されてきたD5000に新規の保証はなし。以前D60を修理に出した時には新規に期限1年の保証書が発行されたから、この対応はちょっといただけない。新宿SCで交渉する時間がなかったのが悔やまれる。
 D5000だが、きれいになって返ってきた。設定も特にリセットされていない。気になったことといえば、液晶に貼っていた保護フィルムが一部はがれてしまっていたこと。といっても、端の方数ミリに気泡が入ったような感じで、液晶を保護する方向で180度回転させて収納するとちょうど保護フィルムが干渉する形になってしまったとみられる。ちょっと貼り方に失敗したか。
 潜在的電源不具合での修理だったので、修理から戻ってきて電源が入らなかったら爆笑だなと不吉なことを考えつつ、バッテリー装着。異常なし。早速ボディキャップを外してのぞき込んでみたが、きれいにクリーニングされていた。面倒なのでミラーアップまではしていないが。
 さて、日曜が雨ではないという予報が出ている。出撃したいが、予報なんて当てにならないからなぁ。とはいえ、ボディが返ってきたし迷うところだ。