Zippoウィックのメンテナンス

 Zippoを使うようになって気がついたら結構経っている。日頃のオイルの補充。フリントの交換。そうしているうちに、ウィックがすすけて火がつきにくくなってくる。そこで持っていると便利なのが、小型のラジオペンチ、小型のニッパー、そしてピンセット。これですすで劣化したウィックを引き出してカットすることができる。買ったままの状態でこれを何度か繰り返すことができる。Zippoはそういうふうにできている。
 余談になるが、Zippo純正オイルも合成イソパラフィン系になって匂いが抑えられている。オイルそのものはナフサ時代からハクキンカイロで好んで使っていたので気にしていなかったが、ハクキンカイロで使ったらどう変化があるのか気になるところではある。が、最近はエネループカイロに移行してしまって出番がないのだよなあ。好きな時にスイッチオンオフできるというのはありがたい。
 ウィックの話に戻ると、Zippo純正ウィックは金属が巻き付いていて、仮にウィックがボロボロになるところまで使い倒したとしてもペンチでウィックを引き出すことができる。まあ、針金までダメになるほどやったら自信はないが。
 ダメになったウィックをペンチでずずいと引き出して、適当なところをニッパーでカットする。これで基本的なメンテナンスは完了する。長期保管するZippoにはこの処置を施しておくことにしている。もちろんウィックの状態次第だが。そうすると、必要になった時にはオイルを補充すればすぐに使えるというわけだ。常用しているZippoでもこれは変わらない。が、ここからいじるのがZippoユーザーなのかもしれない。
メンテナンス:ウィック(芯)のメンテナンス
 ストレートのウィックは燃費がいい。これは大切なことだ。Zippoのオイルって奴はうっかりしてると簡単に切れる。フリントはインサイドユニットの底部に予備を収納できるようになっているが、オイル切れはどうしようもない。しかしながら、屋外で利用することが多い場合は話が違ってくる。ストレートだと風で簡単に消えてしまう。これに対して、ウィックを広げると風防内でナフサが燃焼して風に強くなるわけだ。
 というわけで、ピンセットを使ってウィックをちょっとぼさぼさにしてみた。おそらくまだ調整が必要になるが、炎が風防全体を使って燃焼していてなかなかいい感じ。つきにくさも解消した。
 本来は退役して観賞用にするはずだったスカイ・クロラZippoだが、なかなかにがんばっている。Zippo BLUが調子悪くて仕方なく。BLUの場合は調整は必要ないし、むしろバーナーに触ってくれるなというスタンスでわかりやすいんだけど、セーフティーの誤作動は困ったものだ。
 スカイ・クロラZippoは買ってよかった。使って楽しい。