A型インフルエンザじゃん

 1日に一旦高熱が出て、そのあと平熱まで落ちた。ここで油断したのが大間違い。翌日には再び39度台の高熱が再発した。うむ、これはおかしい。次の日も熱が下がらず、いよいよインフルエンザを疑い、病院へ行くことにした。
 とりあえず電話。私はかかりつけの内科があったのでインフルエンザかもしれないが診察してもらえるかと問い合わせた。これは大切な手順で、インフルエンザの疑いがある場合には入口が違ったり診察そのものを別の大きい病院に回していたりすることがある。電話とは便利なものであり、使わない手はない。
 OKが出たので弟に車を出してもらって病院へ。
 受付で「インフルエンザの件のMobiusです」と名乗ると待合室の奥の方にあるトイレやレントゲンやCTのあるエリアにひっそりと用意されているソファへと案内された。体温も測定したが、ロキソニンが効いたようで多少下がっていた。やるなロキソニン。そしてやってくれたなロキソニン。後の方は完全に八つ当たりだが。
 しばらく待っていたら座っていた後ろの部屋に案内された。医師は順番に診察して回ってくるのでしばらく待たれよとのことだった。……この部屋がね、たぶん本来の用途はレントゲン等の保管倉庫だと思う。スチール棚にびっしり埋まっていた。通常の診察室とは完全に隔離された系統だ。
 そして診察。熱と咳があるのを伝え、喉チェック、聴診器で肺チェック。で、マスクをつけて鼻だけ出すよう言われて、上を向く。ロング綿棒みたいなので鼻の奥ぐりぐりぐりぐり。これか。というわけでインフルエンザの反応が出るか待つ。
「A型。今だと9割新型だね」
主治医は戻るなりそう告げた。続いてタミフル48時間ルールの説明。今回は発症時期が定かではないから一応処方しておくとのことだった。余談だが、その部屋に置いてあったリレンザのパンフレットには「5-20歳」との付箋がつけてあった。一応、十代の未成年にはタミフルは禁忌という扱いだろうか。
 そういうわけで、現在タミフル他大量の薬を服用しつつ療養中。原稿、進まないじゃん。

あけまして、発熱

 31日は無事帰還を果たし、軽く酒を飲み過ぎるなどしつつ家で過ごせた。
ふぁぼったー / Mobius : あけましておめでとうございます
タイムスタンプが偶然00:00:00とかいうことに。
 明け方に寝て、翌1日。目が覚めたけど動けない。数時間もがいてようやく起き上がって、熱を測ってみたら。39.4度。あー。ガタガタ震えながら冷蔵庫にあったヨーグルトを食べて、内科でもらって残っていた風邪薬セットを飲んで、ベッドに戻ってばたり。普段はよほどきついことがない限りロキソニンは飲まないようにしているのだが、この時ばかりは効くように祈りつつ就寝。
 さらに翌2日、今日。ん、多少楽になってるかな。検温、37.6度。よし下がった。もし高熱が続くようなら病院へ行こうと調べておいたのだが、これならひとまず様子見でいいだろう。相変わらず咳がひどいのはきついが。
○たのしい年末編
 30日に咲-Saki-クラスタ忘年会があって、カラオケして飲んで麻雀してきた。楽しかった。参加された皆様色々とありがとうございました。牌に触れるのはホントに15年ぶりくらい。自動卓ってのは便利だなぁ。調子に乗って親の連荘したり無警戒でリーチに振り込んだりしてえらいことになっていたけどこれはこれで。
 オフレポはずずっちにおまかせ。
師走の街に消えゆ|ずずっちのブログ
 新宿の宿に戻って飲み直したり。そうこうしているうちにチェックアウトに間に合いそうにないことが判明して1時間延長 \1,050 ちーん。
 31日。コミケ3日目。こちらは予定通り正午くらいに到着できた。東2ホールあたりに直行してみたところ紙袋が売り切れ。げーん。C78申込書セットは確保。紙袋は東5ならもしかしたらあるかもしれないということで向かったのだが、私の目の前で完売。なぜだ。紙袋で重量分散するはずが失敗。やむを得ず鞄に詰め込んだら重い重い。チェックできている分の挨拶回りだけだったので比較的量は少なかったはずなのだが、肩から下げても重いし手で持っても重いし。仕方がないので初の有料休憩所を利用。水分補給しつつ、軽く情報収集。ああ、ここ電波普通に入るんだという発見をしつつ。
 混まないうちに撤収するかすれ違った分やコスプレ広場を少し回るか迷ったのだが、前者を選択。これが正解で、TWRも座れたし大崎から東京までもわりと座れた。とにかく混みそうなルートは突破したので、東京駅八重洲地下街で休憩してから帰路へ。やー、駐車場に着いて自分の車に鞄を置いたときのほっとした感ったらなかった。重いんだもん。
 で、酒を買い込んで帰宅。酒がなくちゃ始まらないだろう。単純すぎて明快1000%。で、地元の道を走ってたらリアハッチに「CLANNAD」とか書いてある車に遭遇。おいここはどこだ。
 そして最初に戻る。
 さて、このまま熱が下がってくれればいいのだが。