モモァのラー油がとってもおいしい

 世間では桃屋のラー油とも呼ぶらしいけどあまり聞かないね。正確には「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」が商品名のようで。
商品詳細:辛そうで辛くない少し辛いラー油|桃屋

厳選したなたね油とごま油と、色合いの良い粗挽き唐辛子で抽出した鮮やかな色のラー油に、香ばしいフライドガーリックとフライドオニオンをたっぷり加えました。そのまま食べる事もできる、旨さと食感を楽しむラー油です

 私はモモァのラー油のことはよく知らなかったんだけど、まず瓶の大きさがおかしい。110gサイズのラー油ってあんまりないんじゃないか。そして、瓶の透明な部分から見える白いつぶつぶ。これは何?
 食べてみて納得した。フライドガーリックとフライドオニオンが入ってるんだ。サクサクした食感がいい。ラー油の方は辛すぎず、しかししっかりとした味のするラー油。ごま油の香りもいい。好みでいうと、もうちょっと辛くてもいける。辛いの大好きって人にはちょっと物足りない辛さだけど、一般的なラー油とモモァのラー油は別物だと考えた方がいいかもしれない。
 私は見てないんだけど、CMでは白いご飯に乗っけてうまそうに食べてたとか。モモァのラー油ならこの食べ方はアリだ。私は餃子で試してみて、スプーン一杯を餃子の上にかける感じにしてみた。そうすると餃子の上にオニオンとガーリックが乗って、食べるとサクサクでちょっと辛くておいしい。焼きそばでも同じように試してみた。おいしい。次はチャーハンで試してみるつもり。それをクリアしたら白いご飯も試してみたい。……が、もう瓶に残りわずかになっちゃったんだよね。行きつけのスーパーで扱ってるか調査して、補充ができたら続きだ。もしかしたら冷蔵庫に常備することになるかも。
 そして疑問。
【インタビュー】ごはんにもいろんな料理にも合う! – 桃屋の”ラー油”、大ヒットの理由 (1) フライドガーリックやフライドオニオンで具だくさん | ライフ | マイコミジャーナル

――ガーリックとオニオンがサクサクのままなのが不思議です。

「そういった驚きの声が多く寄せられますね。製造方法は企業秘密なのですが……。専用の機械がないと簡単には作れないものです。他社では真似できないものと自負しております」

 油に漬かってるのになぜサクサクかと思ったら、モモァの技術力か。いいね。こういう話好き。
 品薄も解消しつつあるらしいし、ぜひ一度試してほしいモモァのラー油。はまる人はホントはまるぞー。
(追記)
>桃屋のラー油美味しそうですね。今度お店で探してみます。
Web拍手ありがとうございます。というわけで。
 近所のマックスバリュでは中華調味料とかのコーナーにもなくて、近くをうろうろしていたら桃屋コーナーにあった。桃屋コーナーってのもあれだけど、メンマとかご飯ですよとか例のおなじみのパッケージが集まってる一角が作ってあるの。陳列の仕方は知らないけどジャスコにも置いてあったとの情報があるので、イオン系は狙い目かも。
 参考まで。

携帯電話に「+372」で始まる着信があった

 これは検索しにくい問題の上位にあってもいいと思う。
 例えば「+372~」というのは国際電話からの着信である。372というのが国番号。この場合はエストニアが該当する。これは面白いというので電話に出てみたら即座に切れてしまった。でも、おそらくこの瞬間に1ユーロくらいの打撃は与えられたと思う。このあたりはネットで調べてどうにかなるところなのだが、確認とユーザーからのフィードバックができればとドコモに問い合わせをしてみた。
○+から始まる電話番号について
国際電話。+の後に続くのは国番号。
○今回の番号を業者による不審なものとして申告したい
迷惑メールに関しては本文を確認できるので情報として集めているが、電話番号に関しては収集していない。
 ドコモへの電話12分。大半が待たされている状態だったが、はっきりした答えが得られたのはよかった。
 プラスのついた電話番号に電話したりすると大変なことになるよん。

Greasemonkey / Post Now browsing to Twitter

 前は別のGreasemonkeyを使っていたのだが、ちょっと合わなくなったりで新しいものを探していて発見したのがこれ。
今見ているサイトをTwitterに投稿する「Post Now browsing to Twitter」 | Web scratch
 ページ中の文章を範囲選択しておくとpostに含めてくれるところもいいし、短縮URLサービスを選べるところもいい。
 が、短縮URLサービスに関しては敢えてtinyurlを使い続けている。最初はis.gdが短いしいいと思って使ってみたのだが、TwitがURL展開に対応していない。tinyurlなら多少長くなってしまうが、対応しているクライアントが多いだろうということで変更した。
 大変申し訳ないのだがここからは脱線して戻ってこない。
 クリックしたらどこに飛んでいくかわからないURLなんてクリックしたくない。というのも、故意過失を含めて、例えばAmazonのアソシエイトIDを踏ませてくる馬鹿野郎が多いためだ。ふざけるな。無知なユーザーからカモろうというその性根が心底気に入らない。
 私はGoogle AdSenseとAmazonアソシエイトを利用しているが、サイトには控えめながら堂々と貼り付けている。アフィリエイトに走って内容がスカスカのサイトには絶対にしない。収益はわずかだが、サイトを訪れてくれた人が私の記事に共感して購入してくれることもあるので、こういう時は本当に嬉しい。それをだよ、Twitterで短縮URLを使ってチョロく稼ごうって? 冗談もいい加減にしなさいよ。だいたい、アフィリエイト目当てでブログやら始めた時点でそんなの面白いわけないじゃない。そもそもアフィリエイトというのはそれなりのPVがあるというのがスタート地点だから、ゼロから始めておいしい思いをしようってのが甘い。アフィリエイト狙いのサイトなんて一回見ればそれっきりだし、Twitterに至ってはお前Followする価値があるような面白いpostしてるのかと問いただしたいくらいだ。
 ちなみに、Amazonアソシエイトに関しては銀行振り込みにするほどの収益がないのでAmazonギフト券でもらっている。そうするとどうなるかというと、レビューを書く→収益発生→忘れた頃にギフト券が来る→またAmazonで何か買ってレビュー、という流れができるのだ。この流れがうまく回ればいいんだけど世の中そんなに甘くはなくて、99%自腹であれこれ買ってレビュー書いたりしている日々であるよ。でも楽しいのでよし。
 私にとってアフィリエイトは、サイトを見てくれた人からの違う形のリアクションって感覚。直接的な手応えはないんだけど、リアクションがもらえるって嬉しいし楽しい。楽しいから続けられる。今はそれでいいと、そんなことを考えているのであるよ。

テトラディオン/涼彩マテリアル

 同人誌のレビューというのはほとんどしたことがなかったと思う。同人誌というのはその性質上、記事を読んだ時点で既に入手困難であることが多いためだ。
 今回は入手可能という条件をクリアした上、読んだら書かずにはいられない衝動を与えてくれた本なのでちょこっと書いてみたい。
【とらのあなWebSite】テトラディオン
 咲の部キャプ本。かじゅモモもあるよ。
 先にちょっと気になったところを挙げておくと、新和涼さんはフォントに関するこだわりがある模様。私もフォントに関してはあれやこれや語りたいタイプではあるのだが、ベクトルが違う。私は字書きなのでヒラギノ明朝が非常に好みだったりするのだが、それ故にテトラディオンの基本の明朝体が何だかもったいない感じがする。これ何明朝なんだろう。それともわざとこのフォントを選んでいるんだろうか。
 さて、ここからは部キャプ最高タイム。ちゃっちゃとキーワードを挙げてしまおうか。
「美穂子」
「ゆみ」
あれ、終わっちった。でも伝われこの部長無双。竹井久ファンとしてはだね、キャプテンに対してもかじゅに対しても自然に接するこの部長がたまらないのだ。下の名前で呼ぶって、相手に好感を持ってないとしないじゃない。そこを自然とやってのける部長。惚れ直すよ。
 それから、読んでいてドキッとさせるストーリーとかさすがだなぁと。
 でだ。えーと。気持ち悪いって言うなよ。今回はテンションが高まってたから声優絶対音感を全開にして読んでみたんだ。キャプテンも部長もかじゅもモモも声がついてフルボイスだ。声優脳を解放するのは久々だったけど、本の内容がしっかりしていることもあって至福の時間だった。堀江由衣、伊藤静、小林ゆう、斎藤桃子だから難易度は高くない。
 かじゅモモかじゅモモ言ってた私だが。
 新和涼さんの部キャプ素敵!
涼彩マテリアル!
新和涼さんのサイト。トゥルーデ好きという部分でも好みが合うようなので、次の本が楽しみで仕方がない。
(追記)
 新和さんに読まれた。わりと死ねる。
 それはさておき、本文のフォントに関する情報をいただいた。
GN摂津築地(ビルド40330)の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
フリーフォント! そういうのもあるのか。
 なるほど見たことがないフォントなわけだ。初めて聞いたし。そういえばライセンスの問題ってみんなどうやってクリアしてるんだろうなぁ。
 追記ついでに部キャプ部かじゅについてだらだら書こうと思ったんだけど、書きたいことは昨日わりと書いてあるな。というわけで……
 テトラディオン読めし!

PHANTOM MINDS & Silent Bible

PHANTOM MINDS
PHANTOM MINDS
Silent Bible
Silent Bible
 ポスターがまたよかった。秋葉原と新宿で見かけたんだけど、秋葉原の時は乗り換え、新宿の時は連れがいたのでゆっくり眺められなかった。一人だったら5分くらいはボーッと眺めてたと思う。
 そんなこんなで水樹奈々、2か月連続で21st、22ndシングルの発売。
 Silent Bibleの方はAmazonがたまに見せるGJを発動して、9日夜の時点で家に届いていた。基本的にkonozamaで帳消しになってマイナスになるんだけど。夜中にいそいそと開封してPCに入れてみたらしっかりデータベース登録されてた。さすがすぎる。しばらくリピートで聞いているんだけど、今気になってる曲は
「UNCHAIN∞WORLD」
かな。私は作詞が誰か気にするくらいで、作曲や編曲に関してはほとんど知らないのだが、上松範康氏の作曲した曲は何となく好みだなあという印象を持つようになってきている。
 PHANTOM MINDSの方はもう、ジャケットがかわいすぎて、もうね、もうね、部屋に飾りたい。こちらも聴き込み中。表題曲のPHANTOM MINDSいいよね。映画見たらOPでテンション上がりすぎて最後まで持つか心配。今し方CD-RWに焼いたので、車のナビに突っ込む準備OK。本当はCD-RWが2枚あるのでSilent Bibleとセットでいけるはずなのだが、しばらく前から1枚行方不明になってしまっているのでできない。どこ行ったんだあいつ。
 何はともあれ奈々充だぜひゃっはー。

ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 購入

 2月5日にATOK 2010が発売された。Ver.23である。
日本語入力システム ATOK 2010 for Windows
MS-IMEがバカすぎて困ってる人は騙されたと思って無償試用版を使ってみるのがいい。キーアサインもMS-IMEタイプが用意されているので違和感なく使えるはず。30日間試せるので、がっつり使い込んで判断できる。それで気に入ったら、こっちにいらっしゃい。みんなで幸せになろうよ。
ATOK 2010 for Windows 通常版
ATOK 2010 for Windows 通常版
ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版
ATOK 2010 for Windows [プレミアム] 通常版
 私はというと、ATOK 2009 プレミアムを使っていて、さてどうしようかという感じだった。プレミアムは辞典辞書の支援機能が秀逸で一度使うとやめられないのだが少々お値段が高い。仮に通常版を選ぶとすれば定額制サービスのお得感が出てくる。迷いに迷って、プレミアムのAAA優待版を選択した。しかもDL版。ついこの間までADSL 1.5Mだったので、光回線になってよかった。プレミアムのDL版、1GBあるんだもん。ちなみに、それまで私が持っていたのは
・ATOK 2008 *2
・ATOK 2009 *1
の計3ライセンス。もう優待版でもいいじゃないという結論に至った。
 さて、ここでIMの基本的な使い方のおさらいをしてみよう。今風に言うとIT国語?
 日本語 input method の原則は文節区切り。ここを正確に見極めるのがIMの性能の一つではあるわけだが、ソフトは間違えるので人間が正しく教えてやらないといけない。よくわからない例文を一つ。
だから/、遅すぎたと/言っているんだ。
 スラッシュが文節。この例文の文節区切りをミスるIMはないと思うが、文節の区切りに迷った時には「ね」が入る位置が区切りだと覚えておくと参考になるだろう。
だから「ね」、遅すぎたと「ね」言っているんだ。
 次の段階としては、ああ、面倒だからATOKに限ってしまおう。ATOKは前後の文節を見て変換候補を提示してくるということ。だから、文節ごとにぽちぽち変換するのではなくて、私の場合は原則として句点まで一気に打ち込んでから変換するようにしている。そしておかしいところは都度修正。たぶん、この方が学習効率がいい。尚、2010では確定後の文章に挿入する場合でも前後の文節を判断して使えるようにしてきたらしい。
 ATOK 2009から2010に移行する時に気付いたこと。基本的には辞書の移行などはおまかせでいけるし設定もだいたい引き継がれる。不足を感じるのは残りの7%くらい。細かい設定とかでちょっと直す必要がある。気にならない人はそのままでもいいと思う。私はちょっとこだわるというか神経質なところがあるので手を入れずにはいられないのだな。
 ここからはまるっきりの余談になる。
 たぶん、ATOKとの出会いはバージョン一桁の前半だったと思う。PC-9801の頃。当時はどのFEPも変換精度がいまいちで、しかも5インチフロッピーからブートして一太郎とか使ってたわけだから、遅さに関しては今の感覚からいったら想像を絶すると表現できる。当時は当時はと繰り返すけど、使ってみた印象としてATOKはダメだった。んでWX系の良さに気付いてそっちに走った。
 そんな経験がある私としては、MS-IMEでもいいじゃんと思って使っていたんだけれど、時が流れてATOKの体験版を使ってみてびっくりした。本当に驚いた。あのATOKがこんなに立派になって。「FEPは学習させてこそ真価を発揮するもの」と体感していた私。ATOKの吸収の良さに感心した。そして今ではATOKユーザー。3ライセンスくらいじゃヘビーユーザーじゃないよ。ヘビーユーザーは毎年新規ライセンスで買って布教活動してるから。
 いいよ、ATOK。

220,000

ヽ( ・∀・)ノ
 キリ番恒例の近況報告。
 イベントのサークル参加のお手伝いに二週連続で行ってきた。
2010年1月24日(日) 東京流通センター(TRC)開催 ジョジョの奇妙な冒険シリーズオンリーイベント【Golden Blood 第3部】
咲-saki- オンリー同人誌即売会 清澄高校麻雀部の楽園
 前者は前々から頼まれていたもの、後者は代打で。
 本来なら事前に告知のお手伝いくらいしておきたかったのだが、どうにもばたばたしてしまってできなかった。特に咲オンリーの方は、イベント前日にオフの幹事をやっていて、さらにその前夜に店を探して電話をかけまくってたくらいだから。
 というわけでまだ間に合う委託販売中の本だけでも。
kjm_b.jpg
現在とらもメロンも在庫あり。ちょうどお隣のヨツクロさんで頒布してたんだけど、飛ぶように売れていた。みんなかじゅモモ大好きだな。私もだ。
 どうでもいい話をちょこっとだけすると、このアンソロ、私には声がかからなかった。私の同人活動、そんなに影が薄いっすかと若干すねてみたりしたものの、年明けにインフルエンザで寝込むという強制イベントが発生した関係で、呼んでもらったのに原稿を落とすという事態にならなかったので結果オーライ。
 あとはそうだな、夏コミの申し込みをまだ済ませていない。もしかしたらパスするかもしれない。理由は特にない。私はメインがARIAで、今書きたい気持ちもあふれているし、かじゅモモも書きたいし、時間も足りそうだし、当選したらこんな感じでスペースを作りたいというイメージまで浮かんできている。が、何だか気分が乗らないのだ。
 今はインプットする時期なのかもしれない。というわけで、咲オンリーでいただいた本を読んでにへらにへらしているよ。
 サイトの更新もしていきたいところなんだけど、「無理をしないのが長続きするコツだよ」って言い続けてWebサイトを11年続けてる実例になれてる私がいるので、無理はしない程度にやっていく。なんでこんな話になったかって、イベント終わって速攻でサイト更新してるサークルさんを複数目の当たりにしてギギギってなったからなんだけど。旬ってのも確実にあるから、そのあたりも考えてうまくやっていきたいね。