Hondaスマートキー電池切れ

 スマートキーは実に便利なもので、ポケットにキーを入れておくだけで解錠からエンジン始動までできるという優れもの。
 ある時、いつものようにシートに座ってエンジンをかけたところ、警告音。
”ピーッピーッピーッピーッピーッピーッ”
おいなんだなんだ。
 メーターパネルを見ると”BATT”の表示と共に電池マークがついている。もちろん見るのは初めてだ。まさかオルタネーターでも逝ったか? ディーラー近いし持っていくか? いやしかし、電装系がやられたらバッテリーマーク点灯するはずだよな。じゃあなんだこれ。グローブボックスからマニュアルを出して確認。
 スマートキーの電池切れ警告だった。ほう、電波が弱まってるとか、スマートキー側で電池消耗の信号を送って車側で表示させてるとかそういうことか。で、よく見たら”BATT”の左の方に”KEY”って表示が出てた。ははあ、なるほどね。”KEY BATT”の警告表示だったわけか。マニュアルによると電池はCR2032。……ついてるねー。実はポメラのCR2032を消耗させちゃって、この間2個入りを買ってきたところだったんだ。
 というわけで、自宅にて電池交換の儀。スマートキーはコインで開けられるので開けてみた。
Hondaスマートキー
 へー、なかなかの精密機械っぷりじゃないの。ちなみに、画面下の欠けている部分には通常イモビライザーキーが収納されていて、万が一完全にスマートキーの機能を失ったとしても物理キーで対応できるようになっている。まだ一度も使ったことがないんだけどね。
 電池固定の構造をチェックしながらコイン電池を外す。おぅ、水濡れ検出ラベルがついてるじゃないの。ちょっと驚いた。白地にピンクの水玉は携帯電話などでおなじみのあれだ。水没させるとピンクの部分がにじんですぐわかるようになっていて、携帯電話では免責が下りると。スマートキーもこの様子じゃ水没させるとおしまいだろう。
 せっかくだから撮影して、電池交換を済ませた。裏面にある、一般的なドアロック/解除ボタンを押してみたら通常通りに赤ランプが点灯したのでたぶん大丈夫。実はこの翌日だったかにコミケ合わせのオフがあって車で出る予定だったのでぶっつけ本番は不安だったのだが、無事に正常動作した。ふーむ、案外面白いな。
 スマートキーの今までの印象としては、なんでこんなに厚みがあるんだよっていうのが一番にあったのだが、何やら色々詰まってるようだし、何となく納得できた。今後は小型軽量化が進んでいくのだろうか。物理キーを収納している関係で限界はあるだろうが、どうなっていくのか楽しみではある。