千葉の空、炎天下の夏 「医師」

 仕事が少し早めに終わったので、かかりつけの内科に行ってきた。ここの先生とは独立する前からの付き合いなので色々と融通がきく。持つべきものは主治医。で、行ってみたところ、受け付け終了間際だったこともあって、
 暇そう。
 お盆休みの関係もあってなのか、この暑さの影響なのか、予約の患者さんも来ていなかった模様。
 私はというと、予約の日に行けずに飛び込みで診察券もなし。それでも愛想よく対応してくれるクリニックというのは本当にありがたい。しかも、採血の予定だったのだがお財布の具合がよくないのでパス。聴診と血圧で終わり。
 ここでのポイントが血圧。これが本題。
 私は元々血圧が低い。調子がいい時はいいのだが、ごくまれにある極端に調子が悪いときは朝起き上がれない。とはいえ、いわゆる正常範囲内ではあるらしい。
 医師の問診。
「仕事中にめまいとかふらふらしたりしない?」
ノン。
 普段高血圧の人でも、汗をかいて塩分が失われると、水分を補給しても血圧が急激に下がって危険な状態になるとの話だった。健康な人でも同じ。ましてや屋外での作業となれば、怖ろしく汗をかく。水分だけでは足りず。ナトリウム、カリウム、あとちょっと糖分。
 今日は特にきつかった。炎天下のちょっとした作業だけで怖ろしいほど汗が噴き出す。風がない。地獄だ。ここは魔女の釜の底に近いぞ。
 明日はどこに行くんだろうね。