スルガVisaデビットのポイントはオーソリの瞬間がわかること

 クレジットカードマニアにお勧めしたい一枚。あえてVisaデビットなのは、その性質に理由がある。Visaデビは口座の残高の範囲内でしか使えない。そのためか、スルガVisaデビットは、オーソリがかかって引き落としされた瞬間にメールを送るという機能が用意されている。
 そこで、携帯にもメールを送るように設定する。そして、Fromを指定して携帯のメール着信音を変える。私の場合、
「マジっすか? マジっすよ!」
と水樹奈々さんが呼んでくれる。
 すると、覚えのない時間に「マジっすよ!」が飛んでくる。マニアの皆さんはご存じかもしれないが、遅れ請求である。1月31日に請求されたものが、実際に引き落としで飛んでくるのは2月中旬だったりする。多くはいわゆる月額利用料金。携帯電話とか、プロバイダとか。これは、普通にクレジットカードを使っていた頃はまったく気がつかなかった。
 そして、Visaデビットで一番問題になるのがこの遅れ請求。用語はちょっと自信がないので適当に書いてる。1月31日に請求の上がったものが、2月中旬の時点で口座残高が不足して決済できなかったらどうなるのか。どうなるかは知らないけど、銀行はそんなリスク嫌だよね。
 私が知っている範囲では楽天銀行様がとっくの昔にやめてた。イーバンク銀行の時からの取引だけど、楽天様になってからほぼ口座動かしてない。
 ここまで話を振っておいて大変申し訳ないのだが、最後の砦だったスルガ銀行Visaデビットも2011年2月の時点で月額利用料金の新規決済停止を告知して、終了した。
トピックス|スルガ銀行
 オーソリのタイミングがわかって面白いのは面白い。店頭ではあまり使わないけど、ネット決済すると即座にメールが飛んでくるし。Amazonの予約商品はどうだったかな、ちょっと忘れちゃった。出荷前だったかな。在庫ありの商品は注文して即座にだったか、在庫確保してからか。何にしても、微妙なタイミングを瞬時に把握できるという点では、面白い。
 Visaデビットつながりで余談になるのだが。
 楽天様はVisaデビ作れークレジットカード作れーってspamのようにメールしてくる。入金に手数料を取る楽天銀行様はちょっとどうかなと思っていたけど、ビットワレットを買収してロゴを変えると言い出した時点で私ブチギレ。まあそれはさておきだ。
 当たり前の話だけどクレジットカードは1回払いが原則。これは鉄則。リボ払いなんてものに手を出したら、数ヶ月を待たずに泥中首まで埋まる。まっとうに買い物してまっとうに支払いしてると限度額が上がっていくけど、それは表面上の「信用」が上がっているだけで、与信枠を無駄に圧迫するのは避けたいくらい。
 たとえば、限度額300万円。300万円以内の買い物ならいくらでもできる。で、それを翌月に払えるの? という、至極普通の話。できる人はセンチュリオンか何かのブラックカードのお誘いがきてるよ。以前、池澤春菜がテレビで
「(カードの)限度額ってあるんですか?」
みたいなことを言わされていたけど、ああいうのは良家の子女だからできることで。本人も当然稼ぎがあるわけだけれども。
 そういう関係でクレジットカードが怖いという人には積極的にVisaデビットを勧めている。
「カードじゃないと払えないのがあるんだけど」
という人にも以前はスルガを勧めていたのだが、その選択肢が減ったのは痛い。
 最後に一つ。クレジットカードのキャッシング枠って手軽さがあくどいよなあ。

クライアントの指名

「日曜日で悪いんだけど、メビウスさんをお願いできないかな」
 クライアントのボスから会社に電話が入ったらしい。必要な人員は1名で、それが私。
 これは自慢話でも何でもなくて、私はそのクライアントと仕事をしていて、体調不良のところを無理に出勤しようとした挙げ句の果てに自爆して大変な迷惑をかけていたのだ。
 クライアントとの契約の条件の一つは、特定の資格を持っている人間をこちらのチームの中に入れておくこと。私はその資格を持っているけど、私が外されている間は別の資格持ちが仕事をしていた。会社としてはそのまま進めるつもりだった、と思う。
 そこに私への指名が入ってしまって、面白くないのはそのクライアント担当の部長。いやあもう不機嫌。私の自爆をだしにさんざんクライアントから怒られたらしいけど、自業自得。お前がクライアントの要求を蹴りまくった結果なんだからざまあみろとしか言いようがない。とっとと引退しろ。
 そんなこんながあるんだけど、今度はクレームの発生源になり得る状況が起こっていて、ああもうどうしたものやら。頭かゆいわ。

ATOK 2012の発送を確認

 待ってたよー。2011は結局買えずじまい。前に買ったのはATOK 2010 プレミアム。こればっかりはプレミアムを外せないのであった。
 ATOK 2012 、2月10日発売。


 明日時間取れるかなあ。

採血しにくい腕の血管で大変申し訳なく

 体調不良でついでなのでかかりつけの病院に転がり込んだ。次来た時は採血ね、と医師に言われていたのでまず採血である。
 先に血圧を測る。たいていの医師や看護師には必ずやり直しで2回測定される。そして、
「血圧低いって言われます?」
「ええ、低いんですよ」
毎度のことだ。
 そして採血。ここのベストアンサーが非常に参考になった。
血管が出にくい・・・腕が太いから?? | OKWave

血管に入りにくい条件は
・冬は気温が低く、体や、手が冷えていてちじこまっていて一般的に入りにくいです。

 普段から血管が出にくいと言われているのだが、寒さがとどめを刺した。注射針なだけに。
 ……何でもない。
 たいていの看護師は一発で決めてくれる。刺す前なら腕のチェンジもOKよ。
 しかし今日に限ってはどうにもならなかった。看護師が下手なわけではない。会話しながらだからリラックスさせてくれる。私は注射とか平気な方だから、どんな感じでやるのかじっくり観察することができた。針って刺すときちょっと痛いだけであとは平気なんだよね。刺したままぐりっと動かしたりしない限り。あれは痛い。今回の看護師は絶対にそれをせず、注射針はまっすぐ刺して、深さで血管が当たるかどうか探るようにしていた。右腕でそれを4回くらい。うん。ぷすぷす。
 左腕に変えてようやくヒット。Good Kill! Good Kill!
 このエントリを書いてたら左腕が痛くなってきたけど、止血も一発でできてるしいたってきれいな跡が残っているだけ。
 今回の経験により、たぶん7回くらいは耐えられそうなことがわかった。新人の女性看護師に当たったら優しく応援してあげようではないか。
 これで全然怒りもしないのは、前述の「刺したままぐりっ」を経験しているからで。痛いんだよ。とある科の婦長らしき看護師なんだけど、刑務所の看守の方が愛想がいいんじゃないかっていう感じの、それでいて150才まで生きますって顔してるやつ。
 もうそこの病院行ってない。今の主治医にお薬手帳を見せて、この薬出せますかって聞いたらOKが出たから、合理化発動。待ち時間は長いし雰囲気は悪いし看護師は最悪で院外薬局に至るまでどうしようもない。薬局の変更はもっと早い段階で済ませていた。
 というわけで、今回は採血の仕組みについてもちょっとわかってきたし勉強になった。