貯蓄預金口座を活用してお金を貯めるならモバイルバンキングが簡単なところがいい

 私はお金を貯めるのがうまいわけではないけど、行動パターンの一例。
 給料日。
1.給与振込口座から一定額を別の銀行に移す
2.別銀行の普通口座に入ったものをモバイルバンキングで貯蓄預金口座に振替する
 貯蓄預金は任意の額だけ。
 私はコンビニATMをよく利用するので、引き出しも入金も手数料がかからないパターンにしている。
 ここのポイントは、貯蓄預金口座に入ったものを使うためには2ステップ必要だということ。モバイルバンキングでわざわざ普通口座に戻して、ATMで引き出ししなくてはならない。
 さて、モバイルバンキングが簡単な銀行というと、ある程度の傾向としてセキュリティが甘いということが挙げられる。モバイルバンキングにしろインターネットバンキングにしろ、セキュリティがしっかりしたところは使い勝手が悪い。使い勝手が悪いのは悪いのではなくて、セキュリティが堅いという面がある。
 使い分けるのがいい。
 今回の話で一番大切なのは、収入があった時点で貯めるお金を分離するということにある。
 場合によっては別の銀行の普通預金口座でもいい。給料日に、とにかく別にすること。あるとついつい使ってしまうのは人間として仕方がない。1ステップでも壁を作る。ここが大事。
 家計簿をつけるようになると収入の段階でばっさばっさ切り分けして捌けたりするのだが、最初はそこまで必要ない。まずは貯めるお金を分離する。
 ここから始めてみようじゃない。