車はぶつけたが、俺の心はへこんじゃいない

 こういうときにはテンプレがあってだな。
「相手が人じゃなくてよかったよ」
これだ。以前、大型の職業ドライバーが不可抗力でバンパーをぶつけたことがあって、そのときもそう言っていた。
 そんなわけで、所轄の警察署に連絡して現場見てもらって事故証明が出せるようにしてもらって、あとは気持ちを切り替えて仕事をしていたわけだが。
 仕事帰りにディーラーへ。
OMG!
 これはひどい。
 保険会社への連絡はディーラーでしようと思っていたのだが、やってみたら結局20分かかった。で、とりあえずはレンタカー特約を使って代車のレンタカーを手配してもらって、それを待っている間に板金担当のメカニックが来たので説明を受けた。
・リアコンビのASSY(ここまでは事前に予測がついた)
・リアバンパー
・フェンダー付近のボディ(見事に曲がってた)
・その他
「今ざっと見ただけですが、最低限で工賃含めて20万は超えますね」
おぅ。
「日数ですが、ゴールデンウィークを挟んで30日くらい、ギリギリになるかと」
おぅ。
 この車は生産終了モデルで、部品の再生産はしているのだが地震の影響がまだ残っていて品薄なのだという。
 レンタカー生活ってのも気が休まらないからほどほどで直ってくれないかな。「わ」ナンバーでパチンコ屋にでも行ってみようか。やらないから行かないけど。
 それにしても、入って当然任意保険。対人対物は無制限にするけど、車両本体もケチらなくてよかった。免責ゼロだよ。ただし、車両本体の上限の25%は超えた見積もりが出ている。おそろしいね。
 昔は20等級だったんだけど、遠くなったな……。