ETCゲートで入場していれば出口は一般ゲートでETCカードを渡せば大丈夫。割引も適用される

 仕事の関係で、高速の出口が一般道の信号を先頭にETCゲートまでジャムってずらっと並んでしまうICを利用することがある。この待ち時間がばかばかしい。
 ふっと思い出した。一般ゲートでもETC通れるじゃないと。ってことで挑戦。
 一般ゲートに進みながら速度を落としてETC車載器からカードを抜き取る。で、一般ゲートでETCカードを渡す。すると、出場処理がなされてレシートとETCカードが戻ってくる。入り口がETCに対応していればETC扱いになるので、出口でもばっちりETC割引適用。普段レシートとかもらえないから面白かった。
 注意点が二つ。
 IC入場時に一般ゲートでチケットを受け取ってしまうとETC扱いにならないので割引は適用にならないことがある。ETC未対応のICから入った場合には申告すれば割引が適用になるそう。支払いはいずれにしよ一般ゲートから入場した通行券とETCカードでできる。
cf. ETC利用方法 早わかりETC│ETC総合情報ポータルサイト
 二つ目。ETCだとETCレーンを通過するときに時速20km/h以下であればよいわけだが、一般ゲートの場合には停止が必要になる。ETCの感覚で突っ込むと確実にオーバーランするので注意されたし。私だけかもしれないが、見事にオーバーラン1mをキメてしまった。すみませんでした。癖って怖いね。
 こういう現象は高速の終点などで多いと思うのだが、無茶もこれまた禁物である。