「キッチンまつもと」鴨川市横渚にある安くてうまいけどメニューの当たり外れがあるお店

 安房鴨川駅東口をまっすぐ200mほど行った右手にある。車で鴨川を回っているとなかなか見つけられないが、電車または高速バスで安房鴨川駅まできて、徒歩で散策しているラグりんファンなら見かけて入ったという人がいそうだと推測する。
 場所はここ。

大きな地図で見る
 写真は撮り忘れたが、表に出ているメニューの価格で気になってしまう。定食650円とか安いのだ。
 孤独のグルメは実写をしっかり見ていない原作派だが、もう腹も減ってるしここだ入ってしまえと突入した。
 店内には新聞を読んでいるおばちゃん一人。この人が料理人であった。時間は平日の14時を過ぎていたかな。まあこんなものだろう。店の中を見回すと、手書きのメニューがあちこちにある。そういう店は多い。しかし、マジックやポスターカラーならともかく、なんかブルーの台紙に粘性の高い白い画材で描いた感じで、一筆ごとにかすれ、それがずらっと並んでいるものだからものすごい雰囲気を醸し出している。
 いろいろ考えて注文した品と結果。
唐揚げ定食650円→ハズレ
野菜炒め→うまい
味噌ラーメン→合格
 あえて尺度をずらしているが、野菜炒めがうまい店なのならひとまず評価を高くしていいだろう。唐揚げ定食はコストパフォーマンスはいい感じなものの肝心の唐揚げが揚げすぎてかたい。元の肉のせいなのか。
P1000869.jpg
 味噌ラーメンはガッチリしたコクのある濃いめのスープに普通のちぢれ麺。シャキシャキのもやしがトッピング。味噌ラーメン党が合格を出すうまさ。値段は忘れたが600円くらいである。
 そして、野菜炒めはうまい。肉は少なめだけどうまい。もはや肉はから揚げという感じで、から揚げがおまけ、野菜炒め半分という感じで食べてきた。
 さて、帰宅してから調べてみたのだが、「キッチンまつもと」でもらってきたマッチには「御食事処まつもと」となっていて、電話番号の区切りの括弧書きからみるに、古い。現在の鴨川の市外局番は04なのだ。御食事処まつもとで調べると同じく鴨川エリアの国道沿いの店がヒットしてくる。なんだこれはと住所で検索したら、Google Map上ではキッチンまつもととなっていた。この記事はこれらの情報を上げる意味もある。
 キッチンまつもとと御食事処まつもと、両者の関係はあると思うのだが。次に行く機会があれば聞いてみたいところだが、どなたかご存知ないだろうか。うーん。