黒いはとバス 最上級新車両「ピアニシモIII」のお披露目会に遭遇。日本に1台しかない車だよこれ!

「Mobiusさんってどこ所属なんですか?」
「ちょっと言えないとこ」
 変なところで何かに当たるMobiusです。今回はテンション高め。
 はとバスというと、黄色いボディに赤文字ではとバス。
 あるとき、喫煙所でバスの運転手さんから情報を得ました。
「はとバスさんってきれいな添乗員さん多いですよね」
「はとバスさんは面接あるからねー」
はとバスは業界トップレベルの厳しい面接があるそうです。なるほど、声がかわいい美人の添乗員しか見かけないわけだ。
 ある時、黒いはとバスに出会ったわけですよ。すごい珍しいんで調べてみたわけですよ。
ハイヤーのような観光バス登場 はとバス、2台導入:朝日新聞デジタル

はとバスに4月から、ハイヤーのように光沢のある黒い塗装に金や銀のラインが入った豪華な車両2台がお目見えする。同社で最高級の新型バス「ピアニシモⅢ」は、ゆったりした革張りの3列シート、全座席にコンセントを備える。前方の障害物を感知して自動的にブレーキがかかる安全装置も装備。価格は普通のバス(1台4千万円程度)の2倍超という。

大型観光バスで革張りの3列シート。
全座席にコンセント。
日本で金銀ラインの各1台しかない超豪華バス。
 なるほど1億円するわけだよ!
(はとバス広報PDF)
 とんでもないレアだよ! 2日間のツアーで77,000円からって豪華にもほどがあるよ!
 んで、外側から肌で感じた話になりますね。
 運転手さんとちょっと会話したんですね。ものすごく感じがいいです。腕もいいです。はとバスのエースパイロットだと思います。
 添乗員さんは特A級です。たぶんトイレに行って出てくるのはかりんとうとお吸い物です。
 スーツの男性2名がおりてきて交渉してました。胸にはとバスのネームプレートがついてます。名刺がシュゴッて出てきます。迫力ぱねぇ。
 最後に驚いたのがですね、乗客全員が仕立てのいいスーツを身にまとったおじさま方でした。
 なんぞこれー。
 予備情報として、ナンバーの末尾だけ。「1」です。
 こんなレア種とは二度と会うことがないだろう。いつか乗りたい。そう思ってしまう、ある日の出来事でした。

Google 2段階認証プロセスを導入してみた

 セキュリティに関する怖い話を論理的に読むと、被害者は二種類に分けられる。
 ひとつはただの間抜け。間抜けの度合いにもいろいろあるけれど、広義で間抜け。もう一つ重要なのは、セキュリティに関する意識も知識もあって、それでもなおクラックされてしまうケース。
 この二つだ。
 どちらが危険かというと、セキュリティに関する意識も知識もある方であると思量する。なぜなら、セキュリティに安心して重要なデータ等を預けてしまうから。まさかと思ったときにはもう遅いのだ。
iCloudのパスワードがクラックされるとこうなる【悪夢のような実話】※追記あり : iPhoneマイスター
 このケースはソーシャルエンジニアリングによるものだが、クラックの手段には限りがない。Appleのパスワードを入手されたら鏖殺される。
 そういえば私の場合、最近主要なところをGoogleにゆだねている。よく考えたらGoogleアカウントをクラックされたら結構終わる。メインの一つはGmailだが、ここをやられるだけでかなりの痛手になる。
 私は、セキュリティに知識がある「つもり」の「間抜け」ではなかったか?
 どこかで耳にした。Google 2段階認証。やってみたら何のことはない。携帯電話に認証コードを送ってくれるというもの。
—-
書きかけで放置されていたものをサルベージしました。追記があるかはわかりません。

[spamメール紹介]「ナンパ実録」

 GmailにImportantラベル付きで着弾しました。
「しゃらくせーよ!!! せめて小説仕立てにしてこいよ!!」
spam送り確定です。

状況説明
・日時 金曜日昼頃
・場所 カフェ
・女性 大学生くらい
その子が先に入店し、商品を選んでいる時に私が入店。
列に並び、私の後ろにその子がいる状況から声をかける。
「」内は会話
()内は私の補足
【】内は状況説明で御座います
レジに並んでいる。私が前で後ろが女性。入店は女性の方が早かったが、レジに並ぶのは私に方が早かったという状況で御座います。
私「てかさ、先に来たよね?」
女性「え?」
私「君の方が早くお店に入ったじゃん、なんか抜かしたみたいで悪いから先どうぞ」
女性「あ。ありがとう御座います。」
私「てかあんなにパン見てたのに結局買わないんだ笑」(共通の認識を使った笑の取り方、自分も笑うことで、誘導する)
女性「好きなのが無かったんで笑」(ここで笑顔が取れたので、かなり楽になりました)
【注文が回ってくる】
女性「フルーツポンチで」【右にずれる】
私「アイスコーヒーで」【右にずれる】
私「なんか飲まないの?」
女性「ここのフルーツポンチは飲み物なんです笑」
私「あー、あれね。カレーは飲み物的なデブの発想か。いじきたないね笑」(からかい笑を入れて、Sっ気を出す。ただしこの発言は今回の女性が「明らかに痩せている」ので使えるからかいで御座います。相手が気にしているであろうことは決していじってはいけません)
女性「いや本当に飲み物なんですよ笑」(ちょっとムキになるのは良いリアクションで御座います)
私「本当に飲み物なんだ、楽しみだね」(反復法、女性と同じ言葉を発することで共感が得られやすい。という面も御座いますが、単純に次の言葉を考える時間にもなります。)
【フルーツポンチが出てくる。意外なことに本当に飲み物で御座いました。】
私「本当に飲み物じゃん笑」
女性「ほらね」
【アイスコーヒーが出てくる】
【女性がカウンター席に座ったので「何の断りもいれずに」隣に座る】
私「昼飯これだけ?ダイエット中?」(再びからかい笑を入れていきます。勿論この「ダイエット中?」も明らかに痩せているので使える言葉で御座います。)
女性「この後、友達とご飯なんです」
私「嘘だ、彼氏だろ」(あまり私は使わないセリフなのですが、彼氏の有無を確認する時に使えるセリフで御座います。)
女性「女の子です笑」
私「ああそっち系の性癖の方で御座いますか。」(再びからかい、口調を急に丁寧にしギャップ笑も狙う)
女性「違います笑」
私「またまたー」
女性「彼氏募集中です!」(今回は明言をしてくれましたが、「いませんよー」や「うーん」みたいな返事が返って来たら、彼氏がいない、もしくは彼氏と上手く行っていないということで御座います)
私「あーそうだね、面倒くさそうだもんね笑」(再び、いじり。とにかく冗談っぽくいうことが重要で御座います。)
女性「ひどくないですか笑」(ここでムッとされたら、ピンチなのですが、「あんまり彼氏とか作りたくなさそうって意味」というように躱します。
私「ひどいっすね、そうっすね。ムカついたら言ってください」(まず言われません)
女性「笑 学生ですか?」(質問されるのは良い傾向で御座います)
私「いえ今話題のニートです」(とにかく素姓を明かさない、適当に誤魔化します。)
女性「絶対嘘笑」
私「いやいやニートも大変なんだよ、みんなからの働けっていうプレッシャーに耐えるのは生半可な覚悟じゃ出来ないね。俺はプロのニートだから笑」
女性「なんなんですか笑」
私「なんなんでしょう」(反復法。咄嗟に対応が思いつきませんでした。)
女性「笑。いつもこんなことしてるんですか?」(よく聞かれる質問。)
私「いやいやボランティアです。」(質問と回答が全くあっておりませんがなんとかなります。)
女性「なんのボランティアですか?笑」
私「なんか暇そうな人を楽しませるボランティアです。ボランティアなんで料金はいりません笑」
女性「絶対嘘笑」
私「すげえな、さすがだね。嘘だってばれたの初めてだわ笑。」
女性「絶対分かるでしょ笑」
私「いやいや、意外とばれないよ?結構人のことちゃんと見てんだね」(少しだけ真面目なトーン、やや褒める)
女性「そんなことないですよ笑」(謙遜表現、反応が悪い女性の場合は褒めることでこういった謙遜表現での反応が取れます
私「てか友達いつ来るの?」(正直あまり良いアプローチではありません。女性に「もう来るので行きますね」と言わせてしまいます。)
女性「あと5分くらいです」(案の定といったところで御座います。本当に5分後に来るのかは分かり兼ねますが、たいてい短い時間を言われます。)
私「まじで?やべえじゃん時間ないじゃん。じゃあ急いでアドレス聞かなきゃ」【携帯を取り出す】(今回の狙いはここで御座います。あたかも交換は当然という雰囲気で言います。)
女性「え?」(驚いたら、速攻で畳み掛けます)
私「時間無いんんでしょ?早く交換しなきゃ」(ここで既にLINEのQRコードを出しております)
女性「いやいや笑」
私「なに笑ってんの?あーやっぱこいつもこういう奴かって思ってるでしょ?ダメだよ、まじで。傷つくかんね。」(以前ツイッターでお伝えした笑いのコツ 相手が思っていることを当てると笑うで御座います。)
女性「そんなことないですよ笑」
私「てかアドレスの交換てこれであってるよね?」(LINEのコード画面を見せながら、今回はここで女性が携帯を出してくれました。)
女性「はい、じゃあ。」(LINE交換完了)
私「あーありがとう御座います(ここまで小馬鹿にした感じ)じゃあ絶対にこっちから連絡しませんので笑。もし来たら俺を誰かが勝手にいじってると思ってください、無視していいですよ笑」(これでものすごく連絡しやすくなります。私はLINEの登録名が上野ですが、「上野の携帯を弄ってますが、誰ですか?笑。てかフルーツポンチやばいね」とでも言えば笑を取れます。なおこのフルーツポンチというフレーズで本人ということを明かしております。)
女性「わかりました。無視しますね笑」(この発言は比較的多いですが本当に無視されることはまずありません。)
いかがだったでしょうか?
今回は「レジの並ぶ順番」という自然な声掛けと、「飲み物」という共通認識を中心に女性と会話を行いました。
これと全く同じような声掛けをする必要は御座いませんが、この第一声となる自然な声掛けと共通認識をその場で使えるものに変更すれば、たいてい応用を効かせることが可能かと思います。
是非、参考にして下さいませ。
なお今回は後ほどラインでこの女性から会話の内容をアップして良いという了承をとっております。
ただし個人が特定できるような一部の会話を省略しております。
色々と要素の詰まった面白い会話例をかと思いますのでよろしければご参考にして下さいませ
上野

劇場版シュタインズゲート「鈴羽はなぜ来た?」に対する二次創作が公式に負けてない件

 紅莉栖は歳を重ねても乙女だね。公式はずるい。また泣かされた。
「STEINS;GATE ドラマCD 現存在のアポステリオリ」
劇場版シュタゲのBlu-rayの特典CDにて、鈴羽が未来からタイムマシンで来た経緯について公式で出されたもの。
 そもそも、劇場版シュタインズゲートは意図的に穴が開けてあった。鈴羽がタイムマシンでやってくる理由が一切描写されないのだ。ほれほれ同人でやってみな、ってな具合。
 ひょんなことからTiny Trappersかそーどさんとプロットを練ることになり、あれやこれやでかそさんをけしかけ、鈴羽視点での二次創作ができあがったのだった。
 完成品がこちら。
「過去追憶のリフレクション: 上」/「かそーど」の小説 [pixiv]
「過去追憶のリフレクション: 下」/「かそーど」の小説 [pixiv]
「pixiv見られないよ!」
という方は、一報いただければ私のサイトにアップします。共同署名なので著作権はクリアです。二次創作なので、そこだけはグレーゾーンでお願いします。
 ぶっちゃけ意外といい線いってましたよ。環境こそ違いますが。