#PSO2 チーム「Tiny Trappers」について。メインはShip08:ウィンです

 初めまして。Mobius7こと凛(りん)です。チームTTを紹介します。
第1稿:2014/05/11
○チームマスター
かそーど/ラセン=アクシス
凛/Mobius7
 どちらかがマスターで持ち回りしています。
○基本ポリシー
「失敗してもいいじゃない。へたれだっていいじゃない。」
まったりチームを目指しています。
何を隠そう、チーム創設者のかそーどはアクションゲームが大の苦手です。それでも多少上達しました。だからこそできること。「ここのスイッチうまく押せないんだけど」って相談してもらえればぶっ飛んで助けに行きます。相談にも乗ります。
「でも、マスター以外はみんな普通に上手ですよ。むしろ私はたまにトリッキーな動きをします。ゴルドラーダ並です」(かそーど注)
「一方私はというと、ムーンアトマイザーを使うのがうまくなりました。効果範囲の端っこを狙ったりして」(凛注)
○ノルマとか
ありません。
○退団するときは?
無言は寂しいので、誰かに伝言か、かそーどか凛にメールをください。違うチームにいても、私たちフレンドだよね? 所属チームが違っても、仲良くやりましょう。
○お読みいただきありがとうございました
まだ続きますが長くなると読んでいただけないので
○アピールポイント(凛)
凛はBr/Huで、ブレイバーカタナがメインです。シュンカシュンランの弱体化が来ようとも、ハトウリンドウ、Jガード、Jリバーサルカバーであなたの元にムーンアトマイザーをお届けします。
「突然の死!」が訪れたときは助けてください。
現在Lv.60台中盤、カンストしてもブレイバーやってるかもしれません。
○交流チーム
「オリオン」さんから二人で独立したチームなので、現在でも交流が盛んです。
○英語?
多少ならできます。凛個人に連絡を取っていただければ。英語圏(日本を含むサービス提供国内)のフレンドさんもいらっしゃいます。
○PSO2始めてみようかな
お友達紹介システムがあります。お互い得しますので、 melfina1@gmail.com (Mobius)まで連絡をいただけるといいことがありますよ。

 では、お会いできることを楽しみにしています。
○「モンテクリスト No.4 でございます」 2014/06/06
rin140607_.png
(クリックで拡大します)
 凛です。チームルームの空調をちょちょいといじってシガーバーにしてしまいました。カウンターの隣の席へさえも煙は届きません。紙巻きの方も葉巻の方もぜひお立ち寄りください。もちろん、お酒だけのお客様も歓迎いたします。樽生ビールはギネスとヒューガルデンホワイトをご用意しております。
 和装はポリシーです。
 第一号のお客様がいらっしゃった。
「嬢ちゃん、葉巻って安くてうまいのあんのかい?」
「でしたら、ドライになりますがビリガー・エクスポートマデューロ、こちらはいかがでしょう」
「なんだかチョコレートの巻紙みたいだな」
「どうぞ、開けてみてください」
「へえ、四角いのか」
「火をおつけしましょうか?」
「ああ、よろしく」
 私はアルコールランプでゆっくり温めながら言葉をつなぐ。
「お飲み物は何にいたしましょう」
「I・W・ハーパーのロック」
「かしこまりました」
 来ちゃったなあバーテン殺し。I・W・ハーパーが好きなお客様にはお勧めできるお酒の選択肢がほとんどないのです。努めて顔に出さないようにしながら、火をつけた葉巻をお客様に渡す。
「ゆっくり、ふかしてみてください」
 その間にドリンクを用意する。グラスに合わせた真円形の氷ひとつ。シングルに、ちょっとサービスしちゃおう。
「ほう、この香りはなかなかいいな。酒にも合う」
「何よりでございます」
 ……ってー、たちまち飲み干しちゃったよ。シガーはたっぷり残ってるのに。おかわりおすすめするかなあ。どうしよう。
「嬢ちゃん」
「は、はい」
「シーバス・リーガル、ロック」
「かしこまりましたっ」
 お客様はその後、店にあるありとあらゆるお酒を総なめにし、ふらつきもせず席を立った。
rin140607.png
(隣のお客様はド変態です。変態さんですかと聞いたら、ド変態に向かって失礼だと怒られてしまいました)
 紙巻きに比べると葉巻は楽しめる時間が段違いに長い。とはいえ、ビリガー1本をつまみに店の酒を殲滅されるとは思っていなかった。
「西郷さん」
「今、間違えただろ、凛ちゃん」
 そう、私たちは雑談しながらアークスカードを交換していた。そこには確かに「西郷盛盛」という名前があったので、お互い間違うはずはないのだ。
 ……。
「……もりもりさん!?」
「当たりー」
 ばかなっそんなばかなっ。私は八つ当たり気味にド変態さんをにらみつける。
「元々もりもりさんだよー」
「じゃあ凛、また来るから」
 ああ、そうだった。
「はい。いい品物が入荷したらメールしますね。お気をつけて」
「よろしくー」
 ちょうどこのタイミングでアークスに緊急招集がかかったので、話は残念ながらここで終わってしまう。戦闘をこなしながら
(次はどんなシガーおすすめしようかなあ)
とか考えていたことをここにお詫びします。
※なお、このお話は実在のチームメンバーとはあまり関係がありません。