ヨコハマタイヤ ECOS がコストパフォーマンスで失格。POTENZA比とはいえ、私のチョイスじゃないからなおさら困る

ホンダのコンパクトカーに乗っている。タイヤは 185/55R15。車好きの方ならもうおわかりかと思うが、リアもディスクブレーキのスポーティーというかなんというか、そういうグレードである。で、足回りはモデューロにした。POTENZA REシリーズと合わせてコーナーの楽しいコンパクトカーの完成である。
本気モードで走ったとき、コーナーでブレーキを残し気味にするとリアがずるずるっと出そうになる感覚がわかる。初めてのホンダ車だけど、ホンダさんいい車作るじゃないかと感激した。
7年目の車検で問題が起きた。クイックで車検を通す関係で、ブリヂストンの取り寄せができなくてECOSになってしまったのだ。
ECOS、どんなものかなってヨコハマタイヤのラインナップで確認したら比較的安価なタイヤだというのはわかった。でも、タイヤのサイズの関係で高かったんだよ。
フロントがECOS、リアがPOTENZA。慣らしも十分に終わって、いざ高速コーナー。すっとアクセルを抜いて前加重にして、コーナーに入る。フロントが暴れて暴れて、タイヤ4本分はアウトに膨らむことになった。
なんだこれ。
走り慣れたワインディングなので、走り方を変える。スロットルオフで抜けられる程度のコーナーで、ブレーキをちょん。曲がる。曲がるけど、ドライでこの程度のグリップしか出ないのかよ。扁平率55でこの程度の性能しか出せないのかよいい加減にしろふざけるな。
ストレスはたまるわ、金はかかったわ、こんな怖いタイヤをリヤに回せないからローテーションできないわ。
困っちゃった。