マリみて原作

本屋に行った。
あった。
買う行動が、なんか、つらい。
 前は少女マンガも平気で買えてたのに、手に持った瞬間ためらわせるこのオーラはいったい何者。話の順番を確認しつつ一冊目からいくつか掴んでレジへゴー。カウンターに置く。
 レジのロール交換で待たせるなー。
 交換終了。
「カバーおかけしますか?」
「いぁそのままでいいっすー」
言えた。買えた。
 一緒に買おうと思ったハヤカワ文庫の本を探したが見当たらず。それどころかハヤカワで残ってたのは棚の下の隅のほうに10冊に満たないという有様だった。「ハヤカワ売れないんでもう扱うのヤです」とか書店側の声を客にダイレクトに投げるような行動はやめれ。
 地方の本屋わっしょい。悪い意味で。