アクセルとブレーキの踏み間違い? 1度だけやったことある

 まずは手順を説明しよう。

「Dレンジで走行」

「前方の信号が赤で、停止している車両があるのでアクセルを抜く」

「自動的に右足はブレーキの構えへ」

「ブレーキングのタイミングなのでペダルを踏む」

「加速する」

「おっとアクセルじゃない、間違えた」

「今度こそブレーキを踏む」

「普通に止まる」

 これだけなのだ。人間は勘違いをするので、「右足がブレーキの構えの位置にある」と思って踏んだらアクセルだった。加速したらおかしいからブレーキに踏み換える。今の車に乗って9年目になるが、こんなボケは過去にさかのぼってもしたことがない。とりわけ、MT車はアクセルを抜いたらエンジンブレーキが効くからエラーとして発生しにくいのではないか。間違えた私が言っても説得力がないのだが、MT車は確実に「運転しているモード」じゃないとダメなのだ。

 仕事柄、2トンや4トンのMT車を動かす機会があるが、始動はニュートラルにしてクラッチ切ってやるし、半クラッチの感覚はタコメーターを見ながら合わせる。ミートしたらアクセルコントロールでいけるし。このあたりは、MTターボ車でさんざん走り倒した、「4,000rpm以上を維持すればスロットル踏んだ瞬間にブーストがかかる」というノウハウを存分に……活用してないやごめんなさい。ディーゼルエンジンだから低回転からトルクがかかって面白いんだ。

 今回のヒヤリハット事例は貴重な経験をくれた。

 アクセルとブレーキの踏み間違いって、誰にでもありうるんだ。

 事故を起こしていたら重大インシデントにつながる流れ、ヒヤリハットは「こういう危ないことがあったからみんなで情報共有して気をつけよう」といったところだ。

 実は、AT車が普及し始めた頃にある自動車評論家が書いていた。私は免許を持っていなかったけど、好きで読んでたんだよね。
「(DレンジまたはRレンジに入れたら、)タイヤが1回転するまでクリープ現象だけで動け」
その通りだよ、徳大寺さん。

 こういう事例があるということ。みんなで気をつけよう。

ヨコハマタイヤ ECOS がコストパフォーマンスで失格。POTENZA比とはいえ、私のチョイスじゃないからなおさら困る

ホンダのコンパクトカーに乗っている。タイヤは 185/55R15。車好きの方ならもうおわかりかと思うが、リアもディスクブレーキのスポーティーというかなんというか、そういうグレードである。で、足回りはモデューロにした。POTENZA REシリーズと合わせてコーナーの楽しいコンパクトカーの完成である。
本気モードで走ったとき、コーナーでブレーキを残し気味にするとリアがずるずるっと出そうになる感覚がわかる。初めてのホンダ車だけど、ホンダさんいい車作るじゃないかと感激した。
7年目の車検で問題が起きた。クイックで車検を通す関係で、ブリヂストンの取り寄せができなくてECOSになってしまったのだ。
ECOS、どんなものかなってヨコハマタイヤのラインナップで確認したら比較的安価なタイヤだというのはわかった。でも、タイヤのサイズの関係で高かったんだよ。
フロントがECOS、リアがPOTENZA。慣らしも十分に終わって、いざ高速コーナー。すっとアクセルを抜いて前加重にして、コーナーに入る。フロントが暴れて暴れて、タイヤ4本分はアウトに膨らむことになった。
なんだこれ。
走り慣れたワインディングなので、走り方を変える。スロットルオフで抜けられる程度のコーナーで、ブレーキをちょん。曲がる。曲がるけど、ドライでこの程度のグリップしか出ないのかよ。扁平率55でこの程度の性能しか出せないのかよいい加減にしろふざけるな。
ストレスはたまるわ、金はかかったわ、こんな怖いタイヤをリヤに回せないからローテーションできないわ。
困っちゃった。

2トンダンプでワインディングを走ってきた。特徴は排気ブレーキとエアブレーキ

 諸般の事情により2tダンプを運転することになった。過去の経験で4tダンプや平ボディを動かす機会はあったが、走るのは初めてである。しかも、高速コーナーあり隘路ありの道だ。
 案外面白かったのでポイントをまとめておく。乗用車では経験できないことだし。
1.まず、MTのシフトパターンが違う
 乗用車では、ニュートラルから左上に入れると1速。左下で2速。ここから違う。左上からの順番でいくとこうなる。
乗用車:1→2→3→4→5 右下がR
ダンプ:左上にR 左下に1速→2→3→4→5
 しかも、ダンプの1速はエマージェンシーローと呼ばれ、普段はほとんど使われない。ニュートラルから上に入れた2速が乗用車の1速に相当する。ダンプを運転しながらの左折。この車速なら3速だなって感じでギアを上に入れたら2速だったという笑えない話が発生した。もちろんギア比はローである。あわてて3速にシフトした。
2.踏んでびっくり、エアブレーキ
 ブレーキを踏むと、効かないのである。効かないので踏み込んでいくとエアブレーキの本領発揮。いきなりタイヤがロックする。おまいさん、効きすぎだよ。ABSなんて上等なものはないのでロックを察知してブレーキをわずかに緩め、グリップを回復。
 ……今ので、覚えた。
 帰宅して調べてみたところ、エアブレーキは踏み込んでいくと一気に効くので、減速Gに合わせて調整をかけるものらしい。ああ、それなら簡単だ。っていうか得意だからそういうの。できた。
3.効くぞ、排気ブレーキ
 ガソリンエンジンのエンジンブレーキがある。あれを強力にするのが排気ブレーキだと考えてもらえるとわかりやすい。ただし正確な表現ではないが。とりわけ、荷物を何も積んでいない空車状態だと、アクセルを緩めたとたんにがっつり効く。
 重複するが、ダンプで通常使うのは2速から5速。この4速までは排気ブレーキを実感できる。走りながら排気ブレーキをON OFF繰り返してみたゆえ。
4.意外とスリムな2tダンプ
 今回運転したルートには隘路があった。ダンプの車幅感覚については左のミラーを見ながらだいたいこんなものかと見当をつけて、白線を踏むかどうかくらいまで持っていけた。
 問題は対向車と後続車である。
 対向車に関しては問題がなかった。左いっぱいに寄せて速度を下げると、あっさりと通過してゆくのだ。あれ、そんなにいけるの? といった感じだった。
 後続車にひっつかれたときは問題アリアリである。先に行かせようにも幅がないのだ。コーナーの先も読めないので、たまたまあった待避所に寄せて、勝手に行かせた。勝手に行ったんだから正面衝突しても私は関知しない。
 なんせボロダンプとヘボドライバーのコラボレーションである。まぜたら危険、張り合ってこっちが事故を起こしたらおしまいなのだ。
5.まとめにかえて
 ディーゼルエンジン、そういうのもあるのか。 
 MT車たのしー。
 この2つで終わってしまいそうだ。ディーゼルは低回転からトルクがあるから面白い。そして私は元々MT乗りだからクラッチがあると楽しい。
 一番大事なのは、この面白いとか楽しいとかいう感覚だと思う。なんだか新しい経験をさせてもらえた。

3リッタークラスのバッテリー上がりに1300ccで挑んでみた

 ボンネットを開けて止まってる車がいたら声をかけるとか、車好きの習性みたいなものだと思います。とりわけ、ブースターケーブルが見えていたら止まる確率が上がります。バッテリーには絶対接続せずに、黒赤のケーブルが見えるようにして待機です。
 そこから犯罪に巻き込むのはやめてください。
 さて、今回はボンネットが開いていたわけです。
「どうしました?」
「バッテリー上がっちゃったみたいで」
ブースターケーブルは所持していました。しかし、敵はワンボックス。
「この車じゃ救援車にならないかもしれませんが、やってみましょうか」
「お願いできますか」
「ダメだったらJAFとか呼んでくださいね」
 若干白目である。
 バッテリーをブースターケーブルで接続。スロットルを左足で踏んで3000rpmくらいで保持。
「かるーくセル回してみてください」
「回りませんねー」
「回りませんかー」
「じゃあ少し充電してみましょう。電装品全部切って、キーもオフにしてください」
スターターが飛び込む音さえ微妙。うーん。
 このへんになって気付いたのだが、相手方は車に詳しくない感じのお父さんイメージ。一方私は車にガムテとか軍手とかブースターケーブルとか積んでる人である。3000rpmの根拠はないんだけど、最近の車ならオルタネーターはその辺で十分働くだろうということ。しばらく回転数を保持して充電した。
「そろそろ試してみますか。連続で回さずに少しずつやってみてください」
「わかりました」
私はまた左足スロットルで回転数を上げて合図。
……2回目でかかった!
 できるんだ。この排気量差でもできるんだ。
 ほっとしたところで、注意してブースターケーブルを外す。ジャンピング成功。お互いほっとしたのか、まあそりゃそうか、軽く雑談。
 このあとどうすれば、と。そのままアイドリングで充電してもいいですし、走った方が充電は早いです。警告灯がついてなかったのでオルタネーターの線は捨てた。バッテリーが弱ってるってことですか、と。今の気温から見て結構使ってるだろうと問うたところ、イエス。ディーラー保証のバッテリーでも2年とかなんですよ、などなど。
ディーラーにてバッテリー交換。CCAテスターの結果と整備担当からの情報引き出しが目的。これで1万円 : N/A
 ここまでの話はしなかったけど、まあそんな感じで。
 これ使いました。

 ちょっと高いけどこれならと思って。あと、軍手があると非常に便利です。おすすめ。
(追記 2014/05/09)
 救援車をよくやる知人に聞いたところ、安物のブースターケーブルは溶けるとの情報を得ました。500円とかのブースターケーブルは過電流に対して発熱したりするから逆に危険なのですね。ケーブルどころかグリップごと発熱して溶けるそうです。素手では絶対に触らないことをおすすめします。
 やはりその知人も3,000円以上の品物じゃないと使い物にならないと言っていました。そうすると当然太くなって収納が面倒なのですが、土嚢袋がぴったりフィットしたりします。厚手のビニール袋があれば便利なんですが、なかなかないですし。土嚢袋ってのもなかなかないんですけど。
 太いケーブルで5mってのは収納に困る部分こそあれ、実力は折り紙付きです。

黒いはとバス 最上級新車両「ピアニシモIII」のお披露目会に遭遇。日本に1台しかない車だよこれ!

「Mobiusさんってどこ所属なんですか?」
「ちょっと言えないとこ」
 変なところで何かに当たるMobiusです。今回はテンション高め。
 はとバスというと、黄色いボディに赤文字ではとバス。
 あるとき、喫煙所でバスの運転手さんから情報を得ました。
「はとバスさんってきれいな添乗員さん多いですよね」
「はとバスさんは面接あるからねー」
はとバスは業界トップレベルの厳しい面接があるそうです。なるほど、声がかわいい美人の添乗員しか見かけないわけだ。
 ある時、黒いはとバスに出会ったわけですよ。すごい珍しいんで調べてみたわけですよ。
ハイヤーのような観光バス登場 はとバス、2台導入:朝日新聞デジタル

はとバスに4月から、ハイヤーのように光沢のある黒い塗装に金や銀のラインが入った豪華な車両2台がお目見えする。同社で最高級の新型バス「ピアニシモⅢ」は、ゆったりした革張りの3列シート、全座席にコンセントを備える。前方の障害物を感知して自動的にブレーキがかかる安全装置も装備。価格は普通のバス(1台4千万円程度)の2倍超という。

大型観光バスで革張りの3列シート。
全座席にコンセント。
日本で金銀ラインの各1台しかない超豪華バス。
 なるほど1億円するわけだよ!
(はとバス広報PDF)
 とんでもないレアだよ! 2日間のツアーで77,000円からって豪華にもほどがあるよ!
 んで、外側から肌で感じた話になりますね。
 運転手さんとちょっと会話したんですね。ものすごく感じがいいです。腕もいいです。はとバスのエースパイロットだと思います。
 添乗員さんは特A級です。たぶんトイレに行って出てくるのはかりんとうとお吸い物です。
 スーツの男性2名がおりてきて交渉してました。胸にはとバスのネームプレートがついてます。名刺がシュゴッて出てきます。迫力ぱねぇ。
 最後に驚いたのがですね、乗客全員が仕立てのいいスーツを身にまとったおじさま方でした。
 なんぞこれー。
 予備情報として、ナンバーの末尾だけ。「1」です。
 こんなレア種とは二度と会うことがないだろう。いつか乗りたい。そう思ってしまう、ある日の出来事でした。

千葉県警が一時停止違反を取り締まるフリをしていたので、通過後対向車にパッシングをしておいた。それとなくいいことしたつもりになった

 私、一時停止って意外と止まる。
 最近通ってない道なんだけど、地元で有名な取り締まりスポットがある。
 いつものように一時停止して、ひょっと左右を確認したら右にパトカーが座ってるわけよ。
 あーはいはい。わざと1秒弱停止して、発進。
 少し走ったら対向車が来たので、2回パッシングして、見える距離で手でも合図。
 ところで。あのパトカーって交通課じゃなくて普段警らしてるクラウンじゃねーの? ナンバーを見れば一発だったんだけど失敗した。見通しがいい場所なんだけど左右確認しないと見えない位置に1台だけだし。
 交通課がやる取り締まりのための取り締まりってえぐいのね。
 これは別の署のやり口だけど、片側2車線の国道に違反車両を置けるきわめて合法的な場所を用意して陣取って、信号が変わって枝道から出てくる車をターゲットにする。
1.枝道から見えにくいところに警察官が立って、シートベルト非着用を現認、無線を入れる
2.たちまち「止まれ」を持った警察官が出てきて止める
3.別の警察官がそのまま道路脇の敷地に誘導
4.切符切ります。うっはうは
 そんな様を道路脇でタバコ吸いながら眺めてた。
 意外なことに、こんな手口でシートベルトをしてない運転手が検挙されまくる。びびったね。なんでおまえらシートベルトをしないでハンドルが握れるの? 自分の命なんて勝手にしろよ。勝手に自爆して死ねよ。相手があったらどうするの? 「みじめなクソ地獄に墜ちる!」じゃ済まないんだよ? 過失相殺してクソの値段を出さなきゃいけないんだからやめろ。
 ……と、交通課に当たろうと思ってたのに何か違う方向に。
 シートベルトはしよう。

Hondaスマートキー電池交換再び

 前回の交換の記録がサイトに残っているので時期がわかる。便利。
Hondaスマートキー電池切れ : N/A
 2年半ほどで電池交換したことになる。そして、おそらく私の乗り方は電池の消耗が多いと推測される。
・ほぼ毎日車を使う
・仕事先によっては頻繁にドアの施錠解錠を行う
・特に夏場はエンジンをかけずにウィンドウの開閉だけを行うことが多い(車両のバッテリー負担はまた別の話)
 これまた推測だが、いずれの動作も車両がセンサーでスマートキーの所在について照合を行い、キー側が存在を返信していると思われる。
Honda|マニュアル|フィット

Honda スマートキーで施錠・解錠するとき

 検索したらマニュアルが出てきた。車種によるとは思うけど私のもこんな感じ。
 ちなみに、今回の電池切れもまた、最終的には車両側に電池切れ表示と共に通常と異なる警告音が鳴るからすぐわかるのだが、よく考えたら予兆にも思い当たった。
・ドアの施錠ボタンの反応が悪い
・スマートキーに付いている施錠解錠ボタンで施錠する際、到達距離が短くなったと感じる
スマートキーをポケットに入れた状態で解錠するときには普通に動くので、油断していたのかもしれない。
 あとは自分ではできないので誰かに試してほしいこと。電池切れの「KEY BATT」が出てからどのくらい電池が持つのか。すぐには切れない段階で出るとは思うのだが。
 それから、これはスマートキーのデメリットと言えるのかどうかはわからない。私の家ではマスターキーをそれぞれのドライバーが所持し、スペアキーを家に置いておいて何かの時には家族の誰でも動かせる体制を取っている。が、スマートキーを初導入した私の車においては、スペアキーでドアの解錠をすることは簡単だが、エンジンを始動するためにはキーの差し込み口のパーツを外す必要がある。これがわからないと母が困っていたことがある。実は私もマニュアルの知識だけで実際にしたことはない。今度試してみよう。
 ちなみに、スマートキー本体にはイモビライザーの物理キーが内蔵されているので、トラブルがあるときには物理キーで対応できるようになっている。
 今、ふとスペアキーの電池が切れたら始動できない? という疑問がわいたのだが、正鍵であるスマートキー内蔵のイモビライザーキーには電池も何も付いていない。つまり、イモビライザーの鍵側には電池も何もいらないということだろう。うん、無駄に安心した。

ディーラーにてバッテリー交換。CCAテスターの結果と整備担当からの情報引き出しが目的。これで1万円

 私の車は平成19年式。リコール1回はまったく問題もなく済んだし、CVTに爆弾を抱えている車種ではあるが問題は発生していない。バッテリーも新車状態から5年以上経過した。
 最近の車は優秀すぎて、バッテリーの異常に気付く機会は限りなく少なくなった。車の乗り方にもよるが、私はほぼ毎日車を使っているので、冬場のセルスタートもいつも一発。ミスがあるとしたらエンジンがぬるい状態で燃調がうまくいかなくてかけ直すことくらいだが、これもごくまれだ。
 今回、シフトをDに入れた状態での信号待ちでエンジン回転数が一時的に落ちる現象が頻繁に起きたり、Pに入れたままでエアコンはオフにしてヒーターを全開にして使う場面があったり、あるときにはナビが電源ドロップしたのか勝手に再起動するという現象が発生した。
 これはいったいどういうことだと明るいときにボンネットを開けてみたら、バッテリーセルのプラス端子側の一番端がLowerレベルを下回っていた。ここでバッテリー補充液を入れて延命を試みるか? 調べてみたところ、かなりグレーである。
青に聞け!!: やってはいけないバッテリーメンテナンス

バッテリー液で大切なのは、比重、つまり硫酸分であるので、どうしても液レベルを調整したいのなら、全ての電層で比重を見ながら、電解液を補充するのか、蒸留水を補充するのか見極める必要がある。それもかなり大変で、生半可な知識では出来ない

 こちとら昭和年式の車をメンテナンスして乗っていた世代である。バッテリーの交換なぞ造作もないが、工具どこいったっけ、みたいな。一方、ディーラーでは金で安心が買える。そして、比重をみながら調整するくらいなら格安バッテリーで急場をしのげる。
 休憩時間にディーラーに電話して相談。私の車のバッテリーが34Bクラス。コンパクトカーだからね。見積として出てきた金額は、工賃込み1万円前後。2年補償。んー。
「カー用品店で売ってる安売りバッテリーってどうなんですか?」
「できればこの車は全てホンダさんでみてほしい」
など交渉して、交渉しても値引きは一律バッテリー本体3割だが、実際にピットで相談して決めたいという話で決着した。
 仕事帰りにディーラーに到着。ピットにて、CCAテスターで測定してもらう。CCAというのはコールドクランキングアンペア、すなわち、寒冷時においてバッテリーがどれほどの電流を供給できるか。すなわち、セルスターターを回してエンジンをかけられる能力の指標として用いられる。-15度C基準だったかな。各バッテリーサイズにデフォルトのCCA値が存在していて、それと比較してどれほどの能力かが測れる。結果、「要注意」が出た。ふむ。
 ちなみに、ここでの私の立ち位置は、
・もうディーラーでバッテリー交換するつもり
・やっぱいいや。カー用品店行くわ
と、複数の選択肢を持っている。整備担当のT氏には悪いが、質問攻めにして現場の情報を引き出して、情報料を加味して1万円の帳尻を合わせる腹である。
 結果として、34Bと38Bの差額がほとんどなかったため、38Bに交換と相成った。これで1万円と端数。以下、得られた情報をまとめる。
○液面が一番下がっていたセルにバッテリー液を入れても比重が下がるだけじゃないの?
 比重は下がる。バッテリー液は蒸留水だから。
○希硫酸を補充するという方法がないではない
 するとどうなりますか。
「寿命のバッテリーですと電極がはがれ落ちることがありますので、ダメになります」
○カー用品店で販売している安いバッテリーってどうなん?
 仮に、バッテリーを乾燥状態で保管してあって、使用する際にその場で液を充填する方式なら問題はない。しかしながら、カー用品店の店頭に陳列されている時点で自己放電により劣化が進んでいる。特に安売りバッテリーは上記の理由によりおすすめできない。
 買った時点でハズレってのもうれしくない話ですな。
○バッテリー容量を上げるメリットは?
 電力消費の激しい機器類を搭載している場合にはメリットがある。ただし、
「2年の車検ごとに必ず交換していただくこと」
が条件だそうだ。私の場合はフォグさえ搭載していないので、34Bを38Bで落ち着いた。もうちょっとヘビーな人は40くらいを乗っけるそうだが、とにかく強調していたのは、
「容量の大きいバッテリーは新品時にはその性能をフルに発揮できますが、時間が経過して弱ってきたとき、このときが危険です。バッテリーがエンジン全体に負担をかけますから」
その先は聞けなかったが、おそらく、彼の頭の中には派生するトラブルパターンが多数あったのだろうと思量する。
○バッテリー容量を上げた場合、ジャンピングの救援車としてのメリットは?
 特にないそうだ。
 とりあえず2年、安心して乗らせてもらうとしよう。